リングサイド(小学館) [電子書籍]
    • リングサイド(小学館) [電子書籍]

    • ¥1,782357ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601262360

リングサイド(小学館) [電子書籍]

三浦裕子(著者)林 育徳(著者)
価格:¥1,782(税込)
ポイント:357ポイント(20%還元)(¥357相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:小学館
公開日: 2021年02月19日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

リングサイド(小学館) [電子書籍] の 商品概要

  • 台湾の新世代作家、堂々のデビュー!

    この小説はプロレスについて書いている。
    それはつまり、人生について書いているということだ――西加奈子(作家)


    知りたかった事が書いてあった。みんなの生活の中でのプロレスの存在意義。 そうか。プロレスラーは記憶の中で、画面の中で生き続けるんだなぁ――棚橋弘至(プロレスラー)


    【作品紹介】
    「ばあちゃんのエメラルド」
    あの頃、親父は漁船に乗っていつも家を空けてるし、お袋も出て行って、家にいるのはばあちゃんと 俺、それに黒犬の来福の3人だけだった。ばあちゃんと俺は毎晩、古い試合を何度も繰り返し放送する ケーブルテレビで三沢光晴を応援していた。だけど、俺はある日、とんでもないことを知ってしまったんだ――。

    「タイガーマスク」
    安ホテルの受付バイトをする大学四年生(留年決定)の俺は、バイトの先輩からなぜかタイガーマスクのマスクをもらう。ホテルに“ 配達” される女の子の一人が気になり、ある日、意を決して隣のホテルに彼女を呼んだ。でも、俺にできたのはマスクをかぶったまま彼女としゃべり続けることだけだった。

    ――プロレスと出逢い、魅せられた人びとの人生ドラマ10話からなる連作短編集

リングサイド(小学館) [電子書籍] の商品スペック

書店分類コード W018
Cコード 0097
出版社名 小学館
紙の本のISBN-13 9784093865883
他の小学館の電子書籍を探す
ファイルサイズ 2.2MB
著者名 三浦裕子
林 育徳
著述名 著者

    小学館 リングサイド(小学館) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!