定年消滅―週刊東洋経済eビジネス新書No.360(東洋経済新報社) [電子書籍]
    • 定年消滅―週刊東洋経済eビジネス新書No.360(東洋経済新報社) [電子書籍]

    • ¥44088ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601325442

定年消滅―週刊東洋経済eビジネス新書No.360(東洋経済新報社) [電子書籍]

価格:¥440(税込)
ポイント:88ポイント(20%還元)(¥88相当)
出版社:東洋経済新報社
公開日: 2021年04月30日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

こちらの商品は電子書籍版です

定年消滅―週刊東洋経済eビジネス新書No.360(東洋経済新報社) の 商品概要

  • これからの人手不足の解消や社会保障制度の維持のためには、高齢者も今以上に長く働かなければならない。政官財がそろって「人生100年時代」を唱えるのも、そんな社会的な要請があるからだ。2021年4月に、企業に対して70歳までの就業機会の確保を努力義務とする「改正高年齢者雇用安定法」(通称・70歳定年法)が施行された。そうした「定年消滅」の流れは、社会の変化やマクロ経済の観点から見ても必然といえそうだ。企業にとっても待ったなしだ。やがて50歳、60歳、70歳を迎える働く人も、収入や貯蓄、退職金や公的年金の受給、モチベーションなど、自分のライフプランを見直し、何歳まで働き続けたいのかを考え直すことも必要だ。新しいライフスタイルの選択肢は多様にある。

    本誌は『週刊東洋経済』2020年10月17日号掲載の30ページ分を電子化したものです。
  • 目次

    70歳現役社会がやってくる
    「70歳定年法」の留意点
    〔Q&A〕 今から企業が準備することは?
    家電量販店ノジマが「80歳まで働ける」を宣言
    定年消滅を促す3つの要因
    INTERVIEW 伊藤忠商事名誉理事・元駐中国大使 丹羽宇一郎
     「定年なんて要らない 仕事と努力は永遠に続く」
    シニア活用 定年後も働きたい職場
    建設業で始まるシニア争奪戦
    INTERVIEW 「政府による定年延長は百害あって一利なしだ」(郡山史郎)
    70歳現役社会のマネープラン
    リスク抑えるシニア起業
    シニアの求人ここにあり
    再出発のための学び直し
    INTERVIEW 作家・五木寛之
     「残り50年は豊穣なる下山 濁世にも生き方がある」

定年消滅―週刊東洋経済eビジネス新書No.360(東洋経済新報社) の商品スペック

発行年月日 2021/04/30
出版社名 東洋経済新報社
本文検索
他の東洋経済新報社の電子書籍を探す
ファイルサイズ 14.7MB
著者名 週刊東洋経済編集部 編

    東洋経済新報社 定年消滅―週刊東洋経済eビジネス新書No.360(東洋経済新報社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!