地下出版のメディア史(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]
    • 地下出版のメディア史(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]

    • ¥4,950990ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601650713

地下出版のメディア史(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:990ポイント(20%還元)(¥990相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:慶応義塾大学出版会
公開日: 2022年07月04日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

地下出版のメディア史(慶応義塾大学出版会) [電子書籍] の 商品概要

  • 近代日本の誇る教養主義の「裏通り」を一望する!

    軟派出版の世界で、道楽知識人たちは国家権力と戯れ、一大文化空間を築いた――
    「低俗」出版文化の歴史と「書物」「エロ」への欲望を可視化する意欲作
    近代日本の出版文化は、岩波書店と講談社に代表される「知識人/大衆」という対比構造によって、しばしば教養主義の観点から論じられてきた。しかし、読書が大衆化した時代に、この図式に収まりきらない非正統的で「知的」な地下出版空間が存在した。
    本書では、これまで閑却されてきた非公刊の軟派出版(性風俗、猟奇、犯罪を取り扱った刊行物)とその版元に注目し、教養主義の言説空間との関係性から捉え返すことで、地下出版界をメディア史的に体系化する。
    「好色出版の帝王」梅原北明、「書痴」斎藤昌三、「軟派出版界の元老株」伊藤竹酔、「毒舌和尚」今東光など、多くの出版人の足跡を追いながら、同時代の社会運動や芸術運動とのかかわりのなかで広がった「知のネットワーク」を明らかにする。
  • 目次

    序 章 教養主義の「裏通り」

    第一部 地下出版界の前史

    第一章  〈社会運動〉としての自費出版同盟――毒舌和尚・今東光と雑誌『文党』の挑戦

    第二章 文藝市場社の「誕生」――烏山朝夢から梅原北明へ

    第三章  「直筆原稿」のメディア論――文藝市場社の設立と直筆原稿叩き売り

    第二部 地下出版界の成立過程

    第四章 〈変態〉な教養/教養としての〈変態〉――逆立ちした教養主義

    第五章 愛書趣味とオブジェとしての書物――軟派出版界と限定本の快楽
     
    第六章 〈談奇〉の表象と東アジア――理想郷イメージとしての上海

    第三部 地下出版界の成熟と瓦解

    第七章 「地下出版」の最期――大衆化するエロ・グロ・ナンセンスと珍書屋の受難

    第八章 「裏道の文化」の行方――戦後に残された軟派出版界の残滓

    終章 「攪乱」する思想としての地下出版


    付録 昭和「地下出版界」関連年表――梅原北明とその周辺
    あとがき
    参考文献一覧
    図版出典一覧
    人名索引

地下出版のメディア史(慶応義塾大学出版会) [電子書籍] の商品スペック

書店分類コード F140
Cコード 3036
出版社名 慶応義塾大学出版会
本文検索
他の慶応義塾大学出版会の電子書籍を探す
紙の本のISBN-13 9784766428032
ファイルサイズ 89.3MB
著者名 大尾 侑子
著述名 著者

    慶応義塾大学出版会 地下出版のメディア史(慶応義塾大学出版会) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!