犬に話しかけてはいけない(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]
    • 犬に話しかけてはいけない(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]

    • ¥2,640528ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601792202

犬に話しかけてはいけない(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:528ポイント(20%還元)(¥528相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:慶応義塾大学出版会
公開日: 2022年11月14日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

犬に話しかけてはいけない(慶応義塾大学出版会) の 商品概要

  • カリブー、ワタリガラス、クマ、ビーバー、ギンザケ、オーロラ ……
    多種とともに生きのびる知恵を知る
    人類学の冒険がはじまる
    内陸アラスカではかつて「犬に話しかけてはいけない」という禁忌があった――。

    マルチスピーシーズ民族誌と環境人文学の視点から、フィールドワークを通してアラスカ先住民の人々と「自然環境」との関わりを描く。
    内陸アラスカ先住民の人々は、動植物や精霊、土地との関係性のなかで息をひそめながら暮らしてきた。「人間」が問い直されている今、彼らの「交感しすぎない」という知恵から「自然との共生」を再考する。
  • 目次

    はじめに――ある日の野帳から
    第1章 マルチスピーシーズ民族誌へようこそ
    第2章 ニコライ村への道のり
    第3章 ワタリガラスのいかもの食い──ある神話モチーフを考える
    第4章 犬に話しかけてはいけない──禁忌から考える人間と動物の距離
    第5章 ビーバーとともに川をつくる──「多種を真剣に受け取ること」を目指して
    第6章 「残り鳥」とともに生きる──ドムス・シェアリングとドメスティケーション
    第7章 カリブーの毛には青い炎がある──デネの共異身体をめぐって
    第8章 コウモリの身内──環境文学と人類学から「交感」を考える
    おわりに――内陸アラスカ先住民の知恵とは何か?
    あとがき/注/初出一覧/図版一覧/動物の名称一覧/参考文献一覧/索引

犬に話しかけてはいけない(慶応義塾大学出版会) の商品スペック

書店分類コード F700
Cコード 0039
出版社名 慶応義塾大学出版会
本文検索
他の慶応義塾大学出版会の電子書籍を探す
紙の本のISBN-13 9784766428452
ファイルサイズ 26.1MB
著者名 近藤 祉秋
著述名 著者

    慶応義塾大学出版会 犬に話しかけてはいけない(慶応義塾大学出版会) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!