八月の御所グラウンド(文藝春秋) [電子書籍]
    • 八月の御所グラウンド(文藝春秋) [電子書籍]

    • ¥1,699221ポイント(13%還元)
    • すぐ読めます
100000086602032639

八月の御所グラウンド(文藝春秋) [電子書籍]

【第170回 直木三十五賞 受賞作品】

第170回 芥川賞・直木賞受賞作セット【第170回 芥川賞・直木賞受賞作】
第170回 芥川賞・直木賞受賞作セットはこちら

  • 5.0
価格:¥1,699(税込)
ポイント:221ポイント(13%還元)(¥221相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:文藝春秋
公開日: 2023年08月03日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

こちらの商品は電子書籍版です

八月の御所グラウンド(文藝春秋) [電子書籍] の 商品概要

  • 京都が生んだ、やさしい奇跡。

    ホルモー・シリーズ以来16年ぶり
    京都×青春感動作

    女子全国高校駅伝――都大路にピンチランナーとして挑む、絶望的に方向音痴な女子高校生。
    謎の草野球大会――借金のカタに、早朝の御所G(グラウンド)でたまひで杯に参加する羽目になった大学生。

    京都で起きる、幻のような出会いが生んだドラマとは――。

    今度のマキメは、じんわり優しく、少し切ない
    人生の、愛しく、ほろ苦い味わいを綴る傑作2篇。

     大学時代を京都で過ごした万城目学さんが『鴨川ホルモー』でデビューしたのは2006年。その後も『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』など、独自の世界観と鮮烈な感性で私たちを驚かせ続けてきましたが、意外にも京都を舞台にしたのは『ホルモー六景』(2007年)が最後でした。

     その万城目さんが16年ぶりに京都に帰って来ます。収められた2篇はそれぞれ、女子高校生と男子大学生を主人公としたド直球の青春小説。まさに「ホルモー」シリーズの万城目学、再来!とも言えますが、「ホルモー」が途轍もない勢いを感じさせる作品だとしたら、本書は瑞々しい感性はそのままに、しかしどこか成熟の匂いがします。

     京都で起こる奇跡のようなフシギな出来事が、私たちの心の中にじんわりと優しく、同時になんとも切ない感情を呼び起こすのです。青春とは、人生とは、こうしたものかもしれない、そういう名状しがたい感動が心に拡がります。もしかすると、これまでのどの万城目作品にもなかった読後感かもしれません。

     鮮烈なデビューから17年。いまふたたび、万城目学に「再」入門してみてはいかがでしょうか。

八月の御所グラウンド(文藝春秋) [電子書籍] の商品スペック

Cコード 0093
出版社名 文藝春秋
本文検索
紙の本のISBN-13 9784163917320
他の文藝春秋の電子書籍を探す
ファイルサイズ 5.3MB
著者名 万城目 学
著述名 著者

    文藝春秋 八月の御所グラウンド(文藝春秋) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!