教育現場を「臨床」する  学校のリアルと幻想(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]
    • 教育現場を「臨床」する 学校のリアルと幻想(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]

    • ¥1,980396ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086602057539

教育現場を「臨床」する 学校のリアルと幻想(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]

内田良(著者)
価格:¥1,980(税込)
ポイント:396ポイント(20%還元)(¥396相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:慶応義塾大学出版会
公開日: 2023年09月04日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

教育現場を「臨床」する 学校のリアルと幻想(慶応義塾大学出版会) の 商品概要

  • 疲弊する教師、校則、部活動、感染症 ……
    子どもをめぐる不合理を可視化する
    学校における喫緊の課題である「部活動」「校則」「虐待といじめ」などの問題を、著者独自の観点から多角的に分析する。学校の虐待といじめは増えているのか。部活動はだれにとって問題なのか。校則は変わるのか。データを丁寧に分析し、結果から見える「真実」、そして子どもたちや教師たちの「苦悩」がどこにあるのかを明らかにする。
  • 目次

    プロローグ

    第I部 学校と「臨床」
    1 「臨床」という幻想
    2 丸裸の先生が学校を変えていく
    3 組織に閉ざされる個々の声

    第II部 部活動はだれのためか
    4 スポーツにケガはつきものか──コピペ事故の構造
    5 部活動という聖域
    6 「外部化」幻想の落とし穴
    7 部活動はだれにとっての問題か

    第III部 コロナ禍の学校
    8 インフルエンザにかからない方法──マネジメントがリスクを生み出す
    9 リスクのアンテナ──ゼロリスクをあきらめる
    10 だれが子どもを黙らせているのか

    第IV部 校則は変わるのか
    11 校則という桎梏(しっこく)
    12 コロナ禍が校則を動かした
    13 私生活への越権的な介入――「学校依存社会」を読み解く

    第V部 家庭は安全か
    14 コロナ禍における子ども虐待の「消える化」現象
    15 減少する子ども虐待、増大する危機感
    16 安全の格差、子どもの受難──虐待といじめの地域差に迫る
    17 学者は真実を知っている?──いじめのウソとマコトに迫る

    エピローグ
    文献注

教育現場を「臨床」する 学校のリアルと幻想(慶応義塾大学出版会) の商品スペック

Cコード 0037
出版社名 慶応義塾大学出版会
本文検索
紙の本のISBN-13 9784766429053
他の慶応義塾大学出版会の電子書籍を探す
ファイルサイズ 11.1MB
著者名 内田良
著述名 著者

    慶応義塾大学出版会 教育現場を「臨床」する 学校のリアルと幻想(慶応義塾大学出版会) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!