宮本常一 〈抵抗〉の民俗学(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]
    • 宮本常一 〈抵抗〉の民俗学(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]

    • ¥3,300660ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086602094647

宮本常一 〈抵抗〉の民俗学(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]

門田岳久(著者)
価格:¥3,300(税込)
ポイント:660ポイント(20%還元)(¥660相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:慶応義塾大学出版会
公開日: 2023年10月02日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

宮本常一 〈抵抗〉の民俗学(慶応義塾大学出版会) の 商品概要

  • 柳田国男、南方熊楠、折口信夫と並ぶ民俗学界のビッグネーム―宮本常一。
    本書では、斯界の巨人としてではなく、
    当時広がっていた地域文化運動を構成する一個人としての宮本に着目し、
    行政と地域住民とのあいだを取り持ち、運動を自律的なものへと導こうとした、
    メディエーターとしての宮本常一に焦点をあて、
    地方の代弁者として活動した宮本常一の思想の核心に迫る。
  • 目次

    序章 島の遅れと文化運動
    第1章 島をめぐるまなざし-学術・観光・地元
    第2章 民俗学と「文化工作」のあいだ-宮本常一イントロダクション
    第3章 「離島性」の克服-地域開発をめぐる宮本常一の思想的変遷
    第4章 速度と身体性-フィールドワークの移動手段と見える世界の拡張
    第5章 博物館と住民参加-「佐渡國小木民俗博物館」にみるローカルな文化運動
    第6章 鬼太鼓座と幻の大学構想-日本海からの叛逆
    第7章 自前の生活-佐渡空港建設をめぐるデモ・水・自己決定
    第8章 三里塚から佐渡へ-ある運動家における民俗学的実践と〈父〉
    第9章 モノを介したソーシャルデザイン-美大教員としての宮本常一と民家調査
    結論

    あとがき
    参考文献
    索引

宮本常一 〈抵抗〉の民俗学(慶応義塾大学出版会) の商品スペック

Cコード 3039
出版社名 慶応義塾大学出版会
本文検索
紙の本のISBN-13 9784766429039
他の慶応義塾大学出版会の電子書籍を探す
ファイルサイズ 19.1MB
著者名 門田岳久
著述名 著者

    慶応義塾大学出版会 宮本常一 〈抵抗〉の民俗学(慶応義塾大学出版会) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!