2018年12月1日スタート!4K8K衛星放送特集

いよいよ2018年12月1日午前10時より放送開始となる「新4K8K衛星放送」。魅力的な番組の数々が、高精細で臨場感豊かな映像で届けられます。ここでは、4K8K衛星放送の魅力と、視聴にあたって必要な準備について解説いたします。

新4K8K衛星放送(4K・8K実用放送)とは

■4K8K衛星放送のサービス予定

2018年12月1日より始まる新4K8K衛星放送は、NHKと民放5社のよる総合編成に加え、WOWOW、スカパーによる娯楽編成やショッピングチャンネルなどが放送されます。
各チャンネルとも地上波とは異なる番組編成で、スポーツ中継やさまざまなジャンルの番組を高画質で楽しむことができます。

新4K8Kサービス予定

■高画質で臨場感あふれる番組の数々をお届け!4K8K放送の魅力とは

高精細な映像と、表現力の広がり。

4Kは現行ハイビジョンの4倍の画素数で、既にUltra HDブルーレイやインターネット配信、124度/128度CS放送などを通して視聴することができます。また、家庭用のビデオカメラやデジタルカメラでも4K動画対応モデルが普及し始めています。
そして、8Kは現行ハイビジョンの実に16倍の画素数。映像に立体感が加わり、さらに臨場感豊かになります。超大型の画面でもドットを意識することなく、現実さながらの映像世界を体感できます。
さらに最先端の映像技術により、映像の高精細化だけでなく、これまで実現できなかった色彩豊かでなめらかな表現が可能になります。単純に映像が高画素化するだけではなく、光と色の再現力が大きく広がり、まるで自分の目で直接見たような、美しい世界を再現できます。

映像全体の情報量が増え、これまでにない表現が可能に。

[広色域化]

現在のハイビジョン放送に比べ、表現可能な色の範囲が大幅に拡大し、「肉眼で実際に見える色」に近い表現が可能となります。

[画像の高速表示]

現在は秒間30コマに対し、最大で120コマの表示に高速化できます。動きの速いスポーツなども、「ぼやけず」「なめらかに」表示可能となります。

[多階調表現]

現在のおよそ1,600万階調に対し、およそ10億階調へ拡大します。色や明るさの変化が滑らかになり、より自然な映像となります。

[輝度]

HDR技術により、映像で表現できる明るさの範囲が大幅に拡大し、より現実に近い明るさの表現が可能となります。

新4K8K衛星放送を視聴するのに必要な機材

新4K8K衛星放送のすべてのチャンネルを視聴するには、4Kテレビ・8Kテレビに加え、右左旋偏波対応のBS・110度CS対応アンテナ、4K対応チューナーが必要です。
また、4Kチューナー内蔵型のテレビ・レコーダーであれば外付けチューナーを追加する必要がなく、アンテナをつなぐだけで視聴することができます。

▼おすすめ4Kチューナー内蔵テレビ

BS/CS 4K内蔵 タイムシフトマシン有機ELレグザ
東芝 「REGZA 55X920」

[ 有機ELならではの美しさでBS・110度CSの4K放送が楽しめる ]
BS/CS 4Kチューナー内蔵なので、現在のハイビジョン放送を大きく超える高画質が楽しめる次世代の映像規格にいち早く対応。魅力あふれる4Kコンテンツの数々を、美しくお楽しみいただけます。

[ 映像に合わせて最適な処理を行うBS/CS 4KビューティX PRO ]
映画、ライブ映像など、映像の種類に応じた適切なフレームを参照し、ノイズリダクション処理・超解像処理を行うことで、BS・110度CSの4K放送をより美しく、リアルにお楽しみいただけます。

> 東芝 55X920 [REGZA(レグザ) 55V型 BS/CS 4K内蔵 有機ELテレビ]

さまざまな4Kコンテンツが1台で。録画できる4Kテレビ
三菱 「REAL LCD-A58RA1000」

[ 新4K衛星放送の録画、再生、ダビングができる録画一体型 ]
新4K衛星放送チューナーとUltra HD ブルーレイ再生対応ブルーレイレコーダー、さらに2TBのハードディスクを内蔵した4K液晶テレビ。別売りの外付けハードディスクにも対応しています。

[ 4K高精細の高画質を最大限に引き出すウルトラカラーマトリックス ]
毎秒60コマの映像に合わせてLEDバックライトを点滅させ、動きの早い映像のブレを軽減します。また、「ウルトラカラーマトリックス」により鮮やかなだけでなく映像に合わせた緻密な色再現で映像本来の美しさを引き出します。

> 三菱電機 LCD-A58RA1000 [58V型 液晶テレビ RAシリーズ 4K対応]

▼おすすめ4Kチューナー内蔵レコーダー

パナソニック 「DIGA DMR-SCZ2060」

「新4K衛星放送」番組の視聴に加え、放送画質での録画・ダビングに対応。4K衛星放送を放送画質そのままにハードディスクへ録画することができ、高精細かつ色彩豊かでダイナミックなコントラスト表現の番組を、時間を気にせずいつでもお楽しみいただけます。また、Ultra HD ブルーレイや4K/HDRインターネット動画など、豊富な4K映像にも対応。HLG方式に非対応の4Kテレビやフルハイビジョンテレビに接続する場合も、自動映像フォーマット切り替えでお使いのテレビに関わらずお使いいただけます。

■テレビ・チューナー・アンテナ選び、設置のポイント

●4Kテレビのポイント

[2018年5月以前のテレビをお持ちの方]
4Kチューナーと接続して4K画質で視聴するには、4K/60pとHDCP2.2に対応したテレビが必要です。

[これからテレビを新調される方]
4Kチューナーが別途必要なモデルと、チューナー内蔵モデルがあります。
また、チューナー内蔵モデルでも一部の機種は視聴に必要な「ACASチップ」を別途申し込む必要がある場合があります。

●4Kチューナーのポイント

チューナーには4K放送の受信のみ対応する4Kチューナーと、4K8K放送両方に対応する8Kチューナーがあります。BS8Kを視聴する場合は、8Kチューナーが必要になります。
また、4Kテレビ等に4Kチューナーを接続する場合、HIGH SPEED(カテゴリー2)HDMIケーブルが必要になります。

●BS/100度CSアンテナのポイント

左旋偏波も含めたすべてのチャンネルを視聴する場合は「右左旋円偏波対応」「4K8K放送対応」などの記載があるアンテナを設置する必要があります。また、配線等も高周波数に対応したものへの交換が必要になる場合があります。
NHK BS4Kや民放BSは現存の右旋偏波で提供されますので、既にBS・110度CSアンテナを設置済みで、右旋偏波の4K放送のみを視聴する場合は、アンテナの交換は必要ありません。(ただし、現在放送されているBS放送の全てのチャンネルを受信できていない場合などは、機器や配線の交換が必要になることがあります。)

[BS右旋帯域の再編について]
BS4Kの開始に伴い、現存のBS放送の周波数帯を再編し、新チャンネルに割り当てています。4K放送開始後も、従来のBS番組は引き続きご覧いただけます。

機器設置時の注意事項

■左旋偏波では、高周波数対応機器による配線が必要になります。

左旋の電波は、BS・110度CSアンテナで受信した後、従来の右旋の信号より高い周波数に変換されて宅内の配線で伝送されます。このため、左旋の放送を視聴するためには、アンテナ交換に加え、高い周波数(2.2GHz~3.2GHz)の信号を伝送できない機器は交換する必要があります。

交換が必要な場合あり
(3224MHzに対応していない場合、電波が外部に漏れる場合)


・混合器
・ブースター
・分配器
・同軸ケーブル
・直列ユニット、または壁面端子
・分波器

■宅内の配線や機器から電波が漏れないよう、適切な機器の使用や工事が必要です。

左旋の電波を受信するアンテナを設置した際、古いブースターや分配器、壁面端子などが使用されていたり、同軸ケーブルの芯線がむき出しになっていると、そこから電波が漏洩し(中間周波数の漏洩)、携帯電話やWi-Fiといった他の無線システムに妨害を与える可能性があります。また、逆に電子レンジなどが発する電波の干渉を受けて、衛星放送の受信不良が発生する可能性があります。

衛星放送の左旋偏波を受信する際には、この中間周波数の電波干渉防止のため、シールド性能が十分なF型コネクター等により接続する機器(SHマーク登録機器等)の使用が必須となります。

[問題のある配線の例]