360°カメラ特集

ワンショットでカメラを中心とした風景を全て写真や動画に収めることのできる360°カメラ。大きな魚眼レンズが見た目にもユニークな360°は、使ってみればさらに驚き!広大な世界を自由な角度から眺められる楽しさは、他のカメラやスマートフォンでは真似できません。さらに、今話題のVR(バーチャルリアリティ)にも対応。スマートフォンと専用ゴーグルを組み合せて楽しむ、臨場感あふれる映像コンテンツも手軽に作成できます。
360°カメラ特集

360°カメラフルラインアップ

サムスン

サムスン

インタニヤ

インタニヤ

360fly

360fly

ガーミン

ガーミン

エレコム

エレコム

GoPro

GoPro

HETVZ-XR

話題の新製品をご紹介!

1.0型センサー搭載のシリーズ最上位モデル「THETA Z1」登場

「THETA Z1」は有効画素数約2000万画素の1.0型ユニットを2基搭載し、高精細な360°の静止画が撮影可能です。また、最高ISO6400の高感度撮影、多段階の絞り機構を搭載し、周辺部の解像感を重視した撮影から、夜間や薄暗い室内での撮影まで力を発揮します。
また、4K(3840×1920ピクセル)・30fpsの360°動画撮影にも対応。動画撮影時には回転3軸補正により、高い手ぶれ補正性能を発揮します。カメラ本体には360°の空間音声記録に対応した4chマイクを内蔵し、水平方向だけでなく上下方向も含めた全方位の音声を記録することで、撮影環境のままの音と映像を再現することが可能。臨場感にあふれたVR動画コンテンツの作成や大型モニターでの動画鑑賞を、よりリアルに楽しめます。

180°3Dカメラに変形する360°カメラ「Insta360 EVO」

「Insta360 EVO」は独自の折りたたみ構造を採用。折りたたんで360°カメラとして使用するだけでなく、広げれば180°の3D動画撮影が可能です。撮影した3D動画はスマートフォンにワイヤレス転送し、VRゴーグルなどで視聴することができます。また、Insta360 Oneシリーズと同様の「FlowState手ブレ補正」を搭載し、持ち歩きながらでも左右のレンズのバランスを保ったまま、滑らかな映像を撮影できます。

売れ筋おすすめモデルはこちら

GPSをはじめ各種センサーを内蔵
【Garmin VIRB 360】


前後2つのレンズと4つのマイクにより、全方位の映像と音声を高品質で記録。4Kの全天球スタビライゼーションでカメラが動いても滑らかに映像を撮影できます。また、GPSやGLONASS、気圧計、加速度計などのセンサーが内蔵されているため、移動した軌跡や速度、標高といったデータを映像中に表示できます。
4K解像度相当のリアルな高画質を実現
【RICOH THETA V】


スリムなシルエットはそのままに、4K相当の高画質と空間音声記録に対応。さらに専用の高性能3Dマイク、水深30mまでの耐水性能を実現したハウジングといったアクセサリも使用可能です。

360°カメラとは

360°カメラは超ワイドアングルの魚眼レンズを1つもしくは2つ搭載し、ワンショットでカメラの周囲360°を全て一枚に収めることが可能なカメラです。魚眼レンズは画角の広さに加え、「遠近感の強調」と「大きな湾曲」も大きな特徴。これらの要素が組み合わさることで、面白い写真が出来上がるのです。シンプルな操作でユニークな映像が撮影できる360°カメラは旅行先での自撮りや広大な風景の撮影、パーティーなどたくさんの人が集まるシーンに最適です。

[こんなシーンにオススメ!]
▼旅行先の風景をワイドに
▼披露宴のテーブルを囲んで
▼隣り合わせの席も全部収まります

[RICOH THETAでの画像編集]


●ミラーボール(円周魚眼画像)

●リトルプラネット(小さな星のようなアングル)

●フラット(繋ぎ目の目立たない360°パノラマ)

●ストレート(湾曲を補正した180°パノラマ)

■360°カメラは大きく分けて2種類!

ダブルレンズ[全天球]カメラ

魚眼レンズ2つが前後に配置され、2つの画像をステッチ(結合処理)することで、上下左右全方位の360度パノラマ写真が撮れます。撮影した画像はどのアングルからでも見られる円周魚眼画像で、さながら球体のようなイメージになります。

シングルレンズ[全天周]カメラ

魚眼レンズはひとつで、水平方向360°の風景を撮影可能。垂直方向は全天球カメラより撮影範囲が限定されるものの、ステッチ処理を行わないため、円周魚眼画像からゆがみのない超広角画像に違和感なく変換できます。

■360°カメラを楽しむ4つのステップ

おすすめ360°カメラ

▼ダブルレンズカメラ
▼シングルレンズカメラ

おすすめアクセサリ