カメラ・スマートフォン用スタビライザー(ジンバル)特集

今話題の電動スタビライザー(ジンバル)を大特集。斬新なアングルのアクションシーンも、ドキュメンタリー映画のようなタイムラプスも思いのまま。カメラやスマートフォンでのムービー撮影が、プロ機材を使ったかのような滑らかで美しい映像に生まれ変わります。

■専門機材を使用したような撮影が手軽に!

激しく動いても手ブレを感じさせない




激しい動きの中でも、安定した映像を維持できます。走りながら、スポーツをしながら、バイクなどに取り付けてなど、さまざまなシーンで、まるで宙に浮いたカメラから撮影したかのような映像が撮影可能です。
クレーン撮影のように水平を維持できる




グリップの向きにかかわらず水平を保つため、上下のスライドも途中で持ちかえることなく行えます。被写体追尾機能を使用すれば、逆に被写体を捉えたまま見上げる~見下ろすといったアングルの変化を加えることもできます。
三脚なしでも長時間露光が可能に




非常に優秀な手ブレ補正機構は、通常の手持ち撮影では不可能な長時間露光も可能にします。さらに、三脚に取り付けて夜空に向ければ、驚くほど美しい星の流れまで写真に収めることができます。

■撮影スタイルで選べる3つのスタビライザー



[ スマートフォン用 ]
普段使用しているスマートフォンを取り付けて使用できます。画面のタッチ操作と手元のボタン・ダイヤル操作の組み合わせで、直感的に多彩な撮影が可能です。

> おすすめモデルはこちら


[ デジタルカメラ用 ]
小型軽量なアクションカメラの機動性を活かせる専用タイプや、重量のあるデジタルカメラでも支えられる大型タイプなどがあり、より画づくりにこだわった撮影が可能です。

> おすすめモデルはこちら


[ カメラ一体型 ]
カメラ本体部を専用設計にすることで、より安定した重心バランスと高画質な撮影を可能にしています。セットアップの手間を短縮し、素早く撮影を始められるのも魅力です。

> おすすめモデルはこちら

スマートフォン用

【Insta360 Flow】進化した被写体再認識で粘り強く被写体を追跡

AI追跡技術のディープトラック3.0を搭載。被写体をリアルタイムで追跡し、被写体の動きに合わせて回転や、自動的にフレーミングすることもできます。本体に備えたスマートホイールは、撮影のコントロールから動画の再生など、多くの機能にすばやくアクセスすることができます。

【DJI Osmo Mobile 6】磁気クランプで素早く装着!展開してすぐに撮影開始!

折りたたむと手のひらサイズになり、展開するだけで自動的に起動するため、撮りたいと思った瞬間に、撮影をいつでも開始できます。内蔵延長ロッドを伸ばせば、様々な角度からダイナミックに撮影でき、いい感じのセルフィーも簡単に撮影できます。

デジタルカメラ・アクションカメラ用

MOZA Mini-P MAX

【おすすめポイント】
最大1kgのペイロードで、スマホからコンデジ、ミラーレスまで幅広く対応。長寿命バッテリーとシンプルな操作で使いやすく、手持ちのカメラを手軽に強化できます。 >詳しく見る

DJI RS 3

【おすすめポイント】
電源ボタン長押しでジンバルが自動で展開、素早く撮影に入ることができます。片手で簡単に持てるわずか1.3kgのジンバルは最大3kgのペイロードを誇り、フルサイズミラーレスと大口径標準ズームの組み合わせでも無理なく撮影できます。

>詳しく見る
FeiyuTech SCORP Pro

【おすすめポイント】
ジャイロセンサーを搭載したサスペンションハンドルによる遠隔操作など、直感的で自由な撮影が可能。他機材との連携もしやすいモジュラーデザインを採用したハイエンドモデル。

>詳しく見る

カメラ一体型