AmaDablam

AmaDablam

アクティビティ

購入商品(0)

まだ購入した商品はありません。
  • 2019年08月16日21:12
買い替えです。
使用8ヶ月経ったので、レビューします。

象印売りの「高火力・底面加熱ダブルヒーター」が、成る程と実感できるベーカリーです。
重要なフッ素加工のパンケースとハネは、これまでの安い機種とは大違いで、
厚みもありフッ素加工もいまだ衰えず頑丈です。
一週間に一度は焼く食パンも、購入当初と変わりなく仕上がり、スッと取りだせます。

さすが象印は炊飯器メーカー、電源コードが巻取り収納なので大変便利。 
自動具入れケースとイースト入れのケースが取り外せ、洗えるので大変便利で衛生的です。
但し、これは蓋の裏側に取り付ける仕様で覗き窓が付いていないので私的にはちょっと不満・・

タイマーは焼き上がり時刻が即座にわかるし、
焼き上がり30分前になるとカウントダウンタイマーに変わって、これは大変便利。

食感は「もちもち」と「ふんわり」の選択で、私的には「もちもち」の方が好みです。 
焼き加減も「ふつう」と「しっかり」が選択できるようになつています。

これまで安価な機種ばかり使ってすぐアウトにしていたわが身を反省しています。
  • 2018年10月24日20:57
価格の安さと折りたためる取っ手付きダブルステんレスと言うことで購入。
しかし、国産でまずないですが、残念ながら、まだ安い海外製にはよくある金属臭が非常に強い。
何度も洗浄し、珈琲を入れても紅茶を入れても臭いが鼻についてとても飲めたもんじゃありません。
そこで、これまでの成功経験から、金属の臭い消し方法を実施。
まず、キッチンに常備している重曹の粉末をスプーン一杯分入れ、水道水でよく溶かし、
続いて、それにクエン酸の粉末をスプーン半分加えて泡立ててから、一昼夜放置しました。
一昼夜経ち、マグカップの中の水を捨て臭いを嗅いでみると随分と薄くなっていました。
しかしまだ少し残っているので、奥の手として最後の手段、米のとぎ汁をカップ一杯入れ、
また一昼夜放置。翌日、嗅いでみると見事に臭いは消えていました。
これで、ザックにパッキングし山でのコーヒーブレイクを楽しめるマグカップになりました。
我が家に届いてから丸2日かかって一丁前になった(仕上げた?)ので、
安価で折りたためる取っ手が気に入っていますが、商品としての満足度はせいぜい2点ですね。

  • 2018年10月05日21:02
キャプテンスタッグさんには申し訳ないですが、用途はクーラーバッグではなく、
某メーカーのアウトドアで使っている焼肉用グリルのキャリーケース用なんです。
当初の取っ手付き紙箱ケースが酷使でもうボロボロで使用不可。
このクーラーバッグ15Lが何とこのグリル用に作ったかのようにドンピシャなんです。
  • 2018年10月05日20:46
とにかく、小さく、軽く、吸い込み力が強く、メンテナンスも簡単、そしてデザインも良い。
おっと、そうそう、価格も安い。
時代による性能進化もさることながら、これまでのサイクロン初期の掃除機とエライ違い。
願わくば、スイッチ部分に柄の長さを調節できる引き金式の仕様が欲しかった、これがあったら満点。
壊れた以前の掃除機が優れていたのはこの部分だけかな・・てな感じ。
  • 2018年03月23日17:41
従来の8畳用丸形スリム蛍光灯の寿命が尽きたので予定通りLED照明に変更しました。
アイリスオーヤマのこの商品にしたのは、評価が高いのと価格が安かったから。
ヨドバシにしたのは、A社価格よりポイント分お得で、発送が確実で早いから。

商品が届いて一番のビックリは従来の丸形蛍光灯より2回りは小さく軽かったこと。
二番目のビックリは従来の丸形蛍光灯より、同じ8畳用にもかかわらず大変明かるかったこと。
取付はいたって簡単、段ボール箱から出して説明書をチラッと眺め、ものの5分で終了。

デザイン的にはシーリング照明器具としては可もなく不可もないオーソドックス。
機能もシンプル。シャンデリアじゃあるまいし、実用的にはこれで十分。
時代は格段に進歩していますね、家の蛍光灯の寿命が尽きた順に、迷うことなくLED照明に移行します。
  • 2017年02月13日13:47
    • 購入の決め手:保温性能、機能性、使い勝手
    • 約2年前にヨドバシカメラで購入しました
前回の安価なイヤーウォーマの購入で失敗したので
今回は自転車用品として売られているこれを「高いなあ」と思いながら購入しました。
到着後、早速、山歩きで着用。今回は正解でした。
たとえMADE IN JAPANと言えども単なる耳当てにしては高い、と思いましたが納得しました。

耳当て部が二重になっていますが、耳への圧迫感も無く、外音も聞こえ、着用違和感もなし。
額部の幅が細くなっているのも鬱陶しくなく、頭後ろでベルクロで止めるのも脱着が楽で、
きつくもゆるくも調節でき、たとえメーカーによるフリーサイズ対策であったとしても
私の使用目的である冬の里山歩きには大変便利で有効なものでした。
発汗による湿気りも、乾きが早くそのまま着用し続けても冷たくも寒くもなりませんでした。

またこの商品にはポーラテック社のクラシック・マイクロ素材使用ラベルが付いていました。
何故このポーラテック素材使用を売りの1つの材料に利用しないのかな、と疑問に思いました。
ポーラテック社はアウトドア衣料では有名な素材メーカーの1つなので、
自転車に詳しくない者には、失礼ながらパールイズミという名より遥かに馴染みがあるんですが・・
  • 2017年02月09日18:04
これは私の意図した目的で使用する限りは、残念ながら安物買いの銭失いでした。

使用目的は、冬の低山歩きでの耳の保温でしたが、この点では耳たぶまでカバーしてくれるので合格。
所が、着用後しばらくすると耳への圧迫感が増し、そのため外音が聞こえにくくなり、
登りで息が上がってくると自分の呼吸音だけがうるさく聞こえてきます。

中でも最大の欠点は、山登りでは冬と言えど汗をかきますが、頭や額からの汗の流れを止めてくれるのは良いのですが、
吸収力がなくすぐにビトビトに、この状態で歩き続けると冬ではかえって寒い。
しかも気温が低いうえに、使用されている素材のせいからか、全く乾かない。
結局、これまで通り、耳は寒いけれどバンダナを額に鉢巻きにして使用する方が快適で都合が良かったと言う次第てした。

使用目的にはくれぐれも注意を払って購入されてください。
  • 2017年01月04日17:14
この山本珈琲店ブレンドコーヒーを1日5杯飲む愛飲者です。
酸味が苦手でコクを好む人なら間違いなく虜になります。
是非とも、ブラックで飲んでください。
  • 2016年08月12日14:33
コーヒーの味は人それぞれですが、
長年のコーヒー好きの私にとって、この山本珈琲のザ・プロブレンド/アイスローストは、
これまでいろんなものを飲んだ中で、
アイスコーヒーとしての円熟した苦みとコクが素晴らしく市販品の中では最高の好みです。
しかも抜群のコストパフォーマンス。一度お試しあれ、の一品です。
  • 2016年04月18日20:05
孫娘がピアノ教室に通い出したので家庭での練習用にプレゼントしました。
数ある中から、この機種を選んだl理由は、
グレードハンマー鍵盤による本物のピアノに近づけた自然な弾き心地と鍵盤が象牙調仕上げであること
そして孫娘の家がマンションなので、インテリジェント・アコースティック・コントロール機能を搭載
この2つが購入の決め手です。
気に入ってくれたようで頑張って練習しているようです。
  • 2016年02月09日15:22
    • 購入の決め手:シンプルデザイン
    • 約3年前にヨドバシカメラで購入しました
P900用に購入しましたが、ちょっときつめです。
しかし、カメラ保護と言う目的には十分で、折りたためてズボンのポケットにも突っこめるのがグーです。
  • 2016年02月09日15:14
これまで2年間使用してきたP600より格段の進化が実感できたのが手ブレ補正機能。
3段階補正を5段階にしたという説明通りの出来ですね。
2000mmの超望遠を手持ち撮影で可能にするためには必須条件なので当たり前と言えば当たり前かな。

次に良くなったのが、あまり好評価が見当たりませんが、EVFですね。
液晶モニターと同じ92万ドットになり、明るさと色調整が可能になっています。
液晶モニターとの比較で違和感が大幅に減少し、P600より随分と見やすくなっています。
マクロ撮影以外ではEVF使用が多い私としては大変ありがたい。

しかし、EVFが小さいまま(0.2型)なので、かつての名機E8800(0.44型)にはまたまだ及びません。
山専用の高性能GPSを持っている私としては、カメラ内GPSやWi-Fi機能は全く不要なので
これらを削って、その分、EVFにコストをかけ、大きくもっと見やすくしてほしいですね。

次に、ようよう便利なったのが、
これまでのニコンのネオイチには全てなかったフィルター・フードのねじ溝が切られていること。
レンズがデカイのでφ67mmですが、私の場合、φ67mmはE8800で使っていたので全てリユース可能になりました。
これまでの機種では全て自己責任でレンズ先端を加工しφ52mmのフィルター・フードを付けてきました。
また、リモコンシャッターにも対応してくれていますが、これもE8800のリモコンと同じなので再使用できます。

こうして見ると、昔からニコンばかり使ってきた私には、この昨年2015年発売のP900は
2004年のニコンコンデジの名機E8800に、何と11年を経て、機能をアップさせ、ようやく回帰した感じがします。

画質的には、これまでのP600との比較ですが、スーパーEDレンズも注ぎ込んだおかげで、
色収差やパープルフリンジが大幅に減少し、確実に解像度が上がっています。
また、ニコンの欠陥だった合焦スピードも、私が多用するスポットAFではかなり速くなっています。
デジタルズームも最大4倍8000mmはやはりダメですが、1.2倍の2400mmまでならまあ許容範囲ですね。
  • 2015年12月26日07:58
8畳和室のエアコン(今は他社に吸収された家電メーカー製)が突然ぶっつぶれたので、
10年ぶりの買い替えです。
他の部屋のエアコンはダイキン製なので、迷わず、信頼感抜群の世界のダイキンを選択。
設置工事業者の丁寧な作業も素晴らしい。これはヨドバシさんを褒めるべきでしょうね。
実にいい買い物でした。
  • 2013年10月17日17:09
この商品は、ヨドバシさんの発売開始日からすると旧製品のように思えますが、
2013年発売の同色で「ふちどりがチェック柄のラブリータイプ」より
「ずっとこっちが好き」と、来年2014年に1年生になる孫娘が選びました。

届いて早速、背負った写真を送ってきてくれましたが、なるほど見た目にはシンプルでスッキリです。
一応6年間使うはずなので、「縁取りがあるタイプ」の新製品は
高学年になってからのことを考えると、ちょっと、女の子にとっても「幼すぎる」ように思いますね。

まあ送った私にしてみれば旧製品の方が価格も安かったので大助かりではありました。


  • 2013年10月14日18:31
3台目のTVとして近辺の電気量販店よりポイントを引くと価格が安かったことと、
これまでがレグザばかりなので、取り扱いに慣れて便利なので購入しました。
ちょっと全体的なデザインはチープかな、とは思いますが、
ベゼル部分の幅が従来より小さく狭くなり、なかなかスマートでシンプルです。
やはりレグザの色合いが好きですね、落ちつきます。
  • 2013年05月11日18:58
1人のうち1人が参考になったと言っています
山行の相棒として活躍してくれているスント・ヴェクター。
時計は電池交換だけで相変わらず元気だが、12年にしてついにベルトは切れた。
でも長年の酷使に耐えてよく持ったなあ、と感心。
でも10年以上経っても、ちゃんと消耗備品として用意しているんだなあ、と感心。
でもそれをちゃんと揃えて販売しているヨドバシさんにも感心。
  • 2013年05月10日11:32
この「ブルー」の購入で「イエロー」「ブラック」とあわせて3点目です。
これで現メインカメラ3機ともエツミのハンドストラップに付け替えました。
価格が安く、頑丈で、超シンプルなデザインとカラ-バリエーション。
正に実用に適したナイス逸品です。
ハンドストラップで重要なのは手首へのフィット感とその質感です。
この商品、カメラの取り回し抜群で、ネックストラップの鬱陶しさが開放されて私にはピッタリ。
いい仕事してくれてます。
  • 2013年03月01日16:17

現在メインにしているニコン・コンデジP510には、かつての名機E8800のようなリモコンがなく、
元々、リモコンシャッター機能がついていません。
仕方なく三脚での撮影には2秒のセルフタイマーを利用していましたが、やはり不便きわまりなしです。
で、結局、エツミのこの商品を購入しました。

まるで自作品、手作り感覚のような無骨なデザインです。しかし便利で、確実で、なかなかの優れものです。
また汎用性を持たせるため要所にネジ止めの工夫がされており、
大概のカメラにセッティング出来ると思いますが、もう一工夫があってもいいんじゃないかな、とも思います。

ただ、このブラケットは、再セッティングがわずらわしいのとレリーズの感触が実に安っぽいのが欠点ですね。
従って使いこなしは自分なりの工夫が必要だと思います。
で、私の場合、添付写真のようにカメラ取付けスライド位置にテープでマークを入れ、
カメラ右側底面の位置決めが容易なように5mm厚のウレタンテープを貼り付けています。
すると次回使用時には、テープマークの位置でカメラの穴に取付けネジを差し込み、
カメラの右側底部をウレタン位置で合わせたらアットいう間にセッティングが完了します。

またレリーズは、使い慣れた古のJAPAN PENTAXの文字が入った30cmのものに交換しています。
レリーズひとつで随分と押し込む感触が違うものです。

  • 2013年02月01日21:04
ご多聞に漏れず、これもCHINA製ですが、ケンコーという企業の「まじめさ」が実感できる三脚ケースです。
ケース生地裏に防水仕様を施し、雲台位置に当たる箇所は補強生地を使用した頑丈そうなつくりになっています。
デザインも実用的で、三脚が出し入れしやすい全開ファスナー仕様です。

要注意は、正にカタログどおりの大きさで、クソ「まじめ」過ぎるほどの実寸表示になっています。
即ち、大きさ(寸法)にまったく「遊び」がありません。1cmの余裕もありません。
購入される時は、シッカリと三脚を実測され、それに合った寸法のケースを選ばれてください。
  • 2013年01月19日08:44
ヨドバシカメラご利用開始