【重要】ヨドバシカメラを装ったフィッシングメール(なりすましメール)にご注意ください

2020年4月21日


ヨドバシカメラをかたり、偽サイトに誘導してログイン情報やお客様情報等を盗み取ろうとする不審なメールが発見された旨の報告がありました。
不審なメールのリンク先には絶対にアクセスしないようご注意ください。

万が一、不審なメールのリンク先にアクセスしてしまった場合、このような偽サイトにて、会員ID、パスワード、お名前、カード番号、有効期限、ご本人様確認番号、生年月日、電話番号、郵便番号、都道府県、市区町村、住所、建物名などを絶対に入力しないように、ご注意ください。

■なりすましメールの件名の例
[Yodobashi会員]ログインしましたか?(日付 時刻)
[Yodobashi会員]セキュリティシステムのアップグレード(日付 時刻)


■なりすましメール内の URLの例
https://●●●●.ct.send●●●●.net/ls/click?upn=●●●●


■なりすましメール内の転送先の URLの例
https://yodobashi.mwc.●●●●.cn/?token=●●●●&email=●●●●
https://yodobash.curtain-●●●●.com/?token=●●●●&email=●●●●
上記以外のドメイン名、URLも使われている可能性があります。


■なりすましメールの本文の例



■なりすましサイトの例



■EV SSL証明書をご確認ください
当社ではDigiCert Inc.のEV SSL証明書を採用しています。EV SSL証明書とは、対応したブラウザでは、ウェブサイトの運営組織の実在性を明確に特定し、ご利用者をフィッシング詐欺から保護することができる証明書です。
ブラウザのアドレスバーが下記のような表示になっていることをご確認ください。


・Microsoft Edgeでの表示例


・Microsoft Internet Explorerでの表示例
※赤枠部分はWebページを開いた際に一瞬しか表示されませんので、URLをご確認ください。


・Mozilla Firefoxの表示例


・Google Chromeの表示例


・Apple Safariの表示例



■URLの確認
当社Webサイトや当社からお送りする電子メールに記載されたリンクのURLが「https://xxx.yodobashi.com」や「https://xxx.yodobashi.com」で始まるURL(xxxは任意の英字)になっていることをご確認ください。