kimiccho1196

kimiccho1196

アクティビティ

購入商品(0)

まだ購入した商品はありません。
  • 2021年06月27日18:42
ブレない
  • 2021年06月27日18:41
プレゼント
  • 2021年06月27日18:39
楽しい
  • 2021年06月27日18:38
さすがの吸引力
  • 2021年06月27日18:37
ソニーの最新技術が全部入りのフラッグシップモデル。
  • 2021年06月27日18:35
子供にプレゼント
  • 2021年06月27日18:30
WI-SP600N ブラック用に購入。
外れやすくなって片側を無くしたため、両方を交換。
純正だけあってきっちりハマります。
数量1で片側分しか入ってません。
補修パーツ扱いですが、SONYの価格設定は高いと思います。

類似品、備忘録用に
イヤーピース(SS)
4-543-903-01 (ブラック)
4-543-903-81 (ピンク)
4-543-903-71 (イエロー)
4-543-903-11 (ホワイト)
イヤーピース(S)
4-543-904-01 (ブラック)
4-543-904-81 (ピンク)
4-543-904-71 (イエロー)
4-543-904-11 (ホワイト)
イヤーピース(M)
4-543-905-01 (ブラック)
4-543-905-81 (ピンク)
4-543-905-71 (イエロー)
4-543-905-11 (ホワイト)
イヤーピース(L)
4-543-906-01 (ブラック)
4-543-906-81 (ピンク)
4-543-906-71 (イエロー)
4-543-906-11 (ホワイト)
  • 2019年12月18日00:04
買い替え
  • 2019年12月18日00:02
操作かんたん
残った唐揚げや揚げ物がうまい。
  • 2019年12月18日00:01
    • 購入の決め手:AF-ONボタン、純正、バッテリー2倍
    • 約1年前にヨドバシカメラで購入しました
AF-ONボタンが大きくなったので縦位置でも使いやすくなりました。
グリップが深くなったのでα7RM3+VG-C3EMと比較して個人的に少し持ちにくくなりました。
  • 2019年12月17日23:55
1人のうち1人が参考になったと言っています
α7RM3に買い増した状態です。
商品発表時は目玉となる6,100万画素の部分のイメージが先行してしまい、買わないだろうと思ってました。
実際にファインダーを覗いてみると576万ドットのファインダーが見やすく、AFの食いつきも良くなっているような気がしたので買いました。
↓実際に1ヶ月使ってみてα7R IIIとの比較の感想です。

【AF】
AF-C+拡張フレキシブルスポットのトラッキングがα7R IIIとの比較で桁違いに感じました。
人物の動きモノで食いつきが全く違い、瞳AFも同時に発動されますので、ジャスピンの確率が上がりました。
カメラにある程度AFを任せられるので、構図を決める余裕が出来ました。
2470GMとの組み合わせのAFは爆速です。他社に比べて見劣りするので-4EVか-5くらいまでのAF検出輝度範囲がほしかったですが、α7R IIIとの違いははっきりしていて、暗いところでもAFが合って止まります。

【6,100万画素・画質】
言わずもがなです。新型センサーで4年の進化はすごいですね。
GMレンズやシグマのArtシリーズでは恐ろしい解像度です。
APS-Cモードで使っても2,620万画素ありますので、積極的に使えそうです。
1635GMも52.5mm相当ですし、望遠レンズもテレコンなしでも撮れる幅が広がりました。
単焦点レンズやマクロレンズ装着時もクロップが活かせるはずです。
グラデーションの再現性もいいです。
高感度ノイズがひどくなるかなと思ってましたが、微妙に増えた程度だと感じました。

【グリップ】
これは個人差があると思います。α7RM3よりは断然持ちやすくなりましたが、カメラの高さが変わってないため大口径レンズや望遠レンズを装着するとまだまだ持ちにくいです。純正のバッテリーグリップも買いましたが、正直なところバッテリーグリップも少し大きくなったせいかα7RM4+VG-C4EMよりもα7RM3+VG-C3EMほうが持ちやすかったです。α7RM3のグリップエクステンションも形状が変わったせいで使えなくなり、LeofotoのLPS-A7R4をグリップエクステンション代わりに買いましたが、小指余りとホールド力がいい感じに改善されました。

【シャッター】
ショックが軽くなったような感じです。α7RM3と同じ10コマ/秒ですが連写時にサクサク切れているような感じがします。
夕暮時に1/10秒程度の速度でもブレが少なくなりました。

  • 2019年12月17日22:48
1人のうち1人が参考になったと言っています
アルカスイスのLブラケットの他に、カメラのホールド性の改善を目的に買いました。グリップが改善されたと言われるα7R IVですが、私の持ち方が悪いのか、それでも小指あまりと大口径レンズを装着時にホールドしにくかったので試しにこのLブラケットをセレクト。
結果はグリップ下部がカメラ本体よりも若干はみ出しているので、それにより小指が引っかかり非常に力を加えやすくなって握りやすくなりました。握りやすくなったもう一つの理由として手のひらの腹の部分(小指の付け根から手首の部分にかけて)が当たり、しっかりとカメラを握れます。グリップ目的なら、付属の六角レンチでサイド部を外して使うと軽量になります。
純正のバッテリーグリップも買いましたが、Lブラケットのほうが握りやすいのでこのままだとバッテリーグリップの出番が少なくなりそうです。
サイド部分もα9用(写真のカメラはα7R III)より改善されていてきちんとしたフレームになってます。ストラップはリング(三角・丸・D)のタイプによっては干渉して使いにくくなる可能性があります。
根本にて3/8のネジ穴も切られていて、他のアクセサリーもつけられます。
RRSよりも断然価格も抑えられているので、試しに買ってもいいかと。
  • 2019年11月22日09:08
SEL1635Zからの買い替えです。AFは動態撮影でも速度や精度が非常に高いと感じます。SEL1635Zに比べて画質もいいと感じます。天体撮影ではソフト系のフィルターもフロントで使用できるためセッティングが簡単です。 普段の撮影は逆光でもゴーストやフレアが起きにくいと感じます。
  • 2019年07月07日11:16
α9用ですがα7RIIIで問題なく使用してます。適度に肉抜きしてあるので、見た目よりは軽いです。Leofotoの雲台はもちろん、アルカスイス対応のGITZO雲台でも安定して付けられます。雲台の重心を変えずに縦位置にできる点は当然ながら撮影が快適になります。副産物でグリップ位置の高さが増したことで、小指余りが無くなりました。縦位置グリップほどではないが、望遠レンズでもホールドしやすくなりました。電池蓋の付け替えも不要で、電池交換もそのままいけるのがいいですね。
  • 2019年01月13日23:50
全部バラせて洗えるのがいい
  • 2019年01月13日23:49
災害時にと購入。
普段から使用できそうだ。
  • 2019年01月13日23:48
炎天下での撮影で剥がれてきて、そこからゴミが入り込んだ。
「ガラス」ではないので、熱に弱いのか?
結局違うガラス製品に貼り替えた。
  • 2019年01月13日23:46
坂本ラヂヲシリーズが1番クリアだと思う
  • 2019年01月13日23:45
坂本ラヂヲシリーズが1番クリアだと思う
  • 2019年01月13日23:45
撥水・撥油があるのでメンテしやすい
ヨドバシカメラご利用開始