mushikabu

mushikabu

アクティビティ

購入商品(2)

  • 2020年11月27日00:42
1人のうち1人が参考になったと言っています
長らく XF56mmF1.2 R を愛用していましたが、クセのない玉ボケに魅了され発売日に購入しました。

扱いやすく、程よい個性が魅力の XF56mmと、抜けの良さと 程よい味付けが特徴の XF50mm。
焦点距離だけを見ているとあまりに差を感じませんが、実際に利用してみると全然写りが異なります。

せっかくなので アポダイゼーションフィルターを搭載した XF56mmF1.2 R APDを交え、3つのレンズを比較してみました。
自分にあったレンズはどれなのか、ぜひ参考にしてみてくださいませ。
https://mushikabu.net/2020/xf50mmf1-r-wr/
  • 2020年09月22日20:54
    • 購入の決め手:大容量バッテリー、深くなったグリップ、ボディー内手振れ補正
    • 約9カ月前にヨドバシカメラで購入しました
前モデルの X-T3を非常に愛用していたので、さっそく X-T4も購入しました。

手ぶれ補正が話題ですが、以前から富士フイルムユーザーだった方にとっては、そこまで必要性は感じません。
液晶もバリアングルになってしまったこともあり、スチル専用の方にとっては使いにくくなった気がします。

X-T3は手ぶれ補正などの気が利いた機能はないけれど、相棒としては愛着が持てましたが、X-T4万能過ぎてしまうが故に、愛着も少し薄れる気がします。優秀すぎるのでしょうか。

逆に、これから富士フイルムを利用してみよう。ちょっと動画にも手を出してみようという方にとっては間違いの無い選択ですし、そういった方に向けた方がマーケティングとしては正解でしょうから、正統進化なのだと思います。

ただ、クラシックネガが非常に良かったのが想定外。
初めは X-T3と併用していましたが、半年が経過して 今は X-T4のみを利用しています。
  • 2020年09月22日20:37
ほどよい収差と解像度で、「よりレトロでエモい写真が撮りたい!」という要望を充分に叶えてくれるレンズです。

富士フイルム X-Pro3 や X-T4 に追加された、クラシックネガと組み合わせて利用することで、よりエモーショナルな写真を撮影することができます。
「安くて画質の良いレンズ」という観点で評価すると中途半端になってしまいそうですが、「クラシックネガを活用するためのレンズ」と考えると、まさにベストバイのアイテムです。

価格以上のパフォーマンスを発揮してくれるので、純正レンズからの卒業、マニュアルフォーカスへの挑戦などで購入しても最適ではないでしょうか。

以下に、このレンズの特徴や 多くの作例をまとめておりますので、ぜひ参考にしてみてください。
https://mushikabu.net/2020/7artisans/
  • 2020年06月12日04:06
次々と新しい充電器が発売される USB-C充電器ですが、
こちらの AUKEY Omnia Duo 65W は、小さいだけじゃない魅力が詰まっており、大変満足です。

大きさはもちろん、チープさを感じさせない しっかりとした作り。
プラグ周りもシンプルに設計されており、余計な凹凸が少ない。

大きさだけではなく、傷を付けない、他を痛めないという点でも携帯性に優れており、非常にオススメしたい USB-C充電器です。

より詳細なレビューを Blogに記載させていただきました、是非ともご参考くださいませ。
https://mushikabu.net/2020/omnia/
  • 2020年05月20日01:36
1人のうち1人が参考になったと言っています
これまで利用していた iPhone Xに 特に不満は感じていませんでしたが、28,000円で下取りに出せることもあり、気分転換に購入しました。

実際に利用して節々感じるのは、やはり取り回ししやすいサイズ感。
iPhone Xにも不満はありませんでしたが、ポケットにスッと入るスマートさと、適度な重さは魅力的。画面が大きいスマートフォンも欲していたのですが、このサイズに慣れてしまうと買い換えに悩んでしまいますね。

写真と共に、簡単なレビュー記事を記載させていただきました。購入の参考になれば幸いです。
https://mushikabu.net/2020/iphone-se/
  • 2020年05月04日15:34
バックパックにパソコンをいれるために購入しました。
上から入れられる & 不要なジッパーもないので、取り入れがスムーズで良いです。
  • 2020年05月04日15:27
1人のうち1人が参考になったと言っています
レンズの保護フィルターは、広角から望遠まで、こちらを愛用しています。
夜景撮影でも支障なく、特にケラレなども発生していません。
EXUSシリーズが、信用性と保護性、価格のバランスがちょうど良いのではないでしょうか。
  • 2020年05月04日15:23
もの凄い明るい!というほどではないですが、可も無く不可も無く。
価格も高いわけでもないですし、安定安心で利用できています。

  • 2020年05月04日15:21
1人のうち1人が参考になったと言っています
安い製品なので致し方ないのかも知れませんが、
購入して 2日ほどで電源ケーブルの接触が悪くなり、5日もせずに利用できなくなってしまいました。残念。
接続端子が microUSBだったりすると良かったのですが。
  • 2020年05月04日15:18
可愛いサイズかと思っていたら、想定よりも一回りほど大きかったです。
皆様も購入時はサイズを確認されることをオススメします。
  • 2020年05月04日15:12
この型番のキーボードは日本語配列ですか? 続きを見る
    • 約1年前にヨドバシカメラで購入しました
こちらは KCM-00019 ですので日本語配列です。
KCM-00021 が英語配列のタイプカバーとなります。
  • 2020年04月29日16:59
以前から AirPodsを愛用していますが、
新型が登場したとのことで、発表と共に購入しました。

既に半年ほど利用していますが、以前と比べてバッテリーの持ちが良くなっていると感じます。
音質も安定し、ノイズキャンセリングといった新機能以外の部分でも、明らかに完成度が増していることを実感します。

ここ最近は新型コロナウイルスの影響でテレワークも増えていますが、
Windowsのパソコンなどにも接続して利用中。

iPad、iPhone、Windows PCと、複数の端末に繋いで利用していますが、スムーズに利用することができ、大満足です。

3万円という価格が高すぎて泣けますが、これだけ活用できていればギリセーフかなと。
少なくとも1万円程度の中途半端なモデルを購入するよりは、満足できる製品かと思います。
(特に iPhoneユーザーの方は、再接続の手間や 接続の安定性などは別次元なので、是非。)

AirPodsが初めてという方は、以下の Blogが参考になるかと思います。
https://mushikabu.net/2017/airpods/
  • 2020年04月29日16:53
Lightning端子に直差しする第1世代の Apple Pencilから比べると、明らかに利便性が増しています。
磁石で付けられるのはもちろん、サラサラとした質感で滑りにくく、重心も下になったので持ちやすい。長く利用していても手が疲れなくなりました。

ただ、第1世代よりもさらに値上げされてしまい、ただただ高い。
モノとしての良さはピカイチですが、価格だけがネックの商品です。
  • 2020年04月29日16:48
以前は日本語キーボードを愛用していましたが、会社で支給されたパソコンが英字配列だったので切り替え。
こういった理由で、キーボードだけを取り替えられるのも、Surfaceの魅力ですね。
キーボードの質感などは、以前から問題なく、とても使いやすいです。

尚、Surface GO 自体は非常に人を選ぶモデルですので、
購入を検討されている方は、是非 Blogをご参考くださいませ。
https://mushikabu.net/2019/surface-go/
  • 2020年04月29日16:44
母親に購入しました。
とても軽くて利用しやすいですし、コンパクトかつ車輪?が大きいので、取り回しやすいのが良い。
グリップも大きく自走式でスイスイ進むので、母親でも楽々と掃除ができているようでした。
吸引力も特に問題なく、充分です。
  • 2020年04月29日16:40
これまでは T-falの安いモデルを利用していたのですが、あまりにも愛用しすぎるので、上位モデルを購入しました。
湯沸かしに 1万円かーと思いましたが、こんなにも愛用するならアリかなと。

0.8Lと少し容量が少ないのが難点ですが、スグに追加で沸かすことができるので、なんとか運用できています。

とってもオススメできるかと言えば、費用対効果が悪すぎて微妙なところ。
温度も常にMAXで大丈夫ですし、保温もしないので、特にコダワリがない場合は、安いモデルで充分火と思います。
  • 2020年04月29日16:32
iPhone 11 Proに 13mm相当のカメラが搭載され、密かに話題の広角レンズ。本日に至るまで、何度か広角レンズには挑戦していたのですが、結局は使いこなせずに終わっていました。

しかし、視界いっぱいに広がるコスモスや ひまわりなどを撮影するたびに広角レンズの必要性が高まり、ついに手を出してしまったのが XF10-24mmF4 R OIS。

思わず勢いで購入してしまいましたが、結果としては大満足。スナップに最適の画角をカバーしていながらも、写りや作りも非常に納得のいくクオリティ。岩崎の中では もはやレッドバッジ。広角レンズの世界は最高でした。

広角レンズは苦手だな…と感じている方こそ手にして頂きたいレンズ。
以下の Blogも是非参考くださいませ。
https://mushikabu.net/2019/xf10-24mmf4/
  • 2020年04月29日16:29
Xマウントにおいて、一番愛用しているレンズが、この XF56mm。

ポートレートに最適と言われる 換算 85mmですが、
画角はもちろん、初めからポートレートに向けて設計されていることがヒシヒシと伝わります。

適度に癖があるのですが、それが味となって見事な描写をしてくれます。
コンパクトながらも F1.2という明るさで、解放よりの光の受け取り方と言ったら素晴らしい限り。

少し価格は高いですが、是非ともオススメしたいレンズです。
以下に参考の Blog記事もご紹介致しますので、ご参考くださいませ。

・XF56mmF1.2 と XF90mmF2 画質に現れる設計思想の違い
 https://mushikabu.net/2019/xf56mm_xf90mm/

・XF56mmF1.2 R 非APDを選択した 3つの理由(作例有り)
 https://mushikabu.net/2018/xf56mm/
  • 2020年04月29日16:22
1人のうち1人が参考になったと言っています
多方面で神レンズと称される XF35mmですが、初めのうちは そこまでの魅力はありませんでした。
同じ画角の XF35mmF2の方が、コンパクトながらも解像度は高く、オートフォーカスもスムーズで、おまけに防塵防滴です。

ただ、長らく愛用しているうちに、気がつけば F1.4ばかりを利用するようになりました。

一番は F2の色収差が気になり始めたことですが、それがキッカケで F1.4の味わいも理解することができました。
光を柔らかく捉え、オールドレンズを感じさせる風合いが、神レンズと称される理由であることを知りました。

多くの作例において、F1.4 と F2 を比較した記事もございますので、ぜひ参考にしてみてくださいませ。
https://mushikabu.net/2018/xf35mm/
  • 2020年04月29日16:14
FUJIFILMと言えば、長らくオートフォーカスの遅さが課題となっていましたが、この X-T3で激減したと言っても過言ではありません。

被写体に迷いなく合焦し、吸い込まれるようなオートフォーカス。
ピントのズレをしっかりと認識できる、明るくて大きいファインダー。

愛着の持てるデザインに、何度落としても支障のない高剛性。
購入してから 1年以上が経過しますが、未だに購入して良かったと思えるカメラです。

お気に入りの様子は Blogにもまとめておりますので、是非ご参考ください。
https://mushikabu.net/2018/x-t3/
ヨドバシカメラご利用開始