エビス プレミアムエール 5.5度 350ml×24缶(ケース) [ビール]
    • サッポロビール SAPPORO エビス プレミアムエール 5.5度 350ml×24缶(ケース) [ビール]

    • ¥5,08051ポイント(1%還元)
    • 在庫あり本日2024年6月25日火曜日までにお届け日本全国配達料金無料
エビス プレミアムエール 5.5度 350ml×24缶(ケース) [ビール]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000001005137575

サッポロビール SAPPORO
エビス プレミアムエール 5.5度 350ml×24缶(ケース) [ビール]

サッポロビール SAPPORO
ヱビスのエール。余韻広がる濃密な香り、苦味、ふくよかなコク。厳選されたホップと、吟味された酵母が醸す、余韻まで広がる濃密な香り、凛とした苦味、ふくよかなコク。今回新たに、ヱビスこだわりのドイツバイエルン産アロマホップを香りが際立つ最適なタイミングで添加。2種類のホップによりヱビスならではのエールらしい香りに進化した味わいを、自分だけのひと時にゆっくりとお楽しみください。

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳以上であることを確認できない場合、酒類を販売しません。
飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

  • 4.2
希望小売価格:オープンプライス
価格:¥5,080(税込)
ポイント:51ポイント(1%還元)(¥51相当)
お届け日:在庫あり今から3時間と56分以内のご注文で、本日2024年6月25日火曜日までお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
日本全国配達料金無料
メーカー:サッポロビール
販売開始日: 2019/09/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

サッポロビール SAPPORO エビス プレミアムエール 5.5度 350ml×24缶(ケース) の 商品概要

  • コンセプト

    ヱビスのエール。余韻広がる濃密な香り、苦味、ふくよかなコク。厳選されたホップと、吟味された酵母が醸す、余韻まで広がる濃密な香り、凛とした苦味、ふくよかなコク。
    今回新たに、ヱビスこだわりのドイツバイエルン産アロマホップを香りが際立つ最適なタイミングで添加。2種類のホップによりヱビスならではのエールらしい香りに進化した味わいを、自分だけのひと時にゆっくりとお楽しみください。
  • ヱビスを超えるのはヱビス

    ヱビスは、ドイツ・ビール純粋令に基づく、本物のビールの先駆者。誕生以来、その味と技術を磨き続け、日本のビール史を牽引してきました。
    ビール純粋令に則り、「麦芽・ホップ・酵母」の細部にまでこだわることで、美味しいビールに重要な「コク」をより深く、より上質に、磨き上げたヱビス。美しくきめ細かい泡で、この美味しさをご実感いただけます。
  • ヱビスビールの歴史

    ■1890年 恵比寿ビール誕生
    今から遡ること130年以上前の明治時代。中小資本家が集まり、日本一のビール会社を目指すという壮大な理想を掲げ、現在の東京恵比寿の地で恵比寿ビールの醸造がはじまりました。本場ドイツから醸造設備を輸入、技術者もドイツから招き、日本でいち早く本格的なビールを作り始めたヱビス。

    ■1899年 日本初のビヤホール
    今でこそビヤホールはあちこちにありますが、実は日本で初めてのビヤホールは「恵比寿ビヤホール」でした。

    ■1900年 パリ万博で金賞を受賞
    1900年には恵比寿ビールがパリ万国博覧会で金賞を獲得。30カ国以上から出品された中での受賞は、当時、日本のビールが世界に認められるという画期的な出来事でした。その後1904年には、米国セントルイス万博でグランプリを受賞。本物の味わいにこだわる「恵比寿ビール」は、100年以上も前から世界に認められていました。

    ■1901年 駅の名、そして町の名へ
    「恵比寿ビール」出荷専門の貨物駅が新設され、ブランド名をとって「恵比寿停車場」に。その後も恵比寿ブランドの名前が、旅客駅や町の名前へと使われていきました。駅や町の名前になったことは、ヱビスが多くの人々に愛されてきた証かもしれません。

    ■1943年 ブランド別の商標停止
    戦争の影響で、ビールそのものが配給品に。ビール全商標がなくなり、ただ麦酒とだけ書かれたラベルに変更されました。

    ■1971年 ヱビスビール復活
    28年ぶりに特製ヱビスビールとし復活。当時の技術ではなかなか難しかった、戦後わが国初の麦芽100%ビールとして蘇ったのです。

    ■1994年 プレミアムビールとしての躍進
    1990年代に入ると、プレミアムビールという存在を世 に生み出したヱビス。1994年からスタートした「ヱビスビールあります。」キャンペーンを機に、ヱビスビールは業界で確固たる地位を築くことになりました。

    ■2005年 発車メロディーがヱビスのテーマ曲に
    JR恵比寿駅の発車メロディーに、ヱビスのCM曲「第三の男」が使われ始めました。

    ■2009年 YEBISU BAR オープン
    個性豊かな樽生ヱビスの味わいに合わせた料理で「ヱビスと料理のマリアージュ」の世界を存分に味わえるYEBISU BAR 1号店が銀座に誕生。

    ■2022年 TAPS BY YEBISU誕生
    JR東日本クロスステーションとの協創で、街の名、駅の名になったヱビスによる、立ち寄るともっとヱビスと恵比寿が楽しくなるビアスタンド。同時に恵比寿駅東口がヱビスビール口へ。

    ■2023年 YEBISU BREWERY TOKYO誕生
    生誕の地である恵比寿で、再びビール醸造を再開。私たちの座標軸であり、新たなビールを生み出す拠点として、またここからヱビスの未来が紡ぎ出されていきます。
  • ヱビスのこだわり

    ヱビスビールは、ビールの本場ドイツの「ビールは麦芽、ホップ、酵母のみ」と定められたビール純粋令に基づき、おいしさを追求してきました。

    ・心地よい余韻を生み出す「香り」へのこだわり:ヱビスのみに使用することを許された門外不出の「ヱビス酵母」によるエステル香が、選び抜かれた麦芽、ホップと相まって、「ヱビス香」と呼ばれる独自の香りを生みだします。
    ・エステル香:ヱビス専用の「ヱビス酵母」を用いて、最適な品質の麦汁を発酵させることで、余韻のあるエステル香(フルーティーな香り)が立ち上る。
    ・麦芽香:上品な麦芽香は産地や特性を考慮して選りすぐられた麦芽を100%使用し、丁寧に仕込まれることで生まれる。
    ・ホップ香:目立ち過ぎない上質なホップ香は厳選されたバイエルン産アロマホップを適切なタイミングで添加することで生まれる。
    ・しっかりした「味わい」へのこだわり:「濃醇さ」「マイルドさ」「良質な苦味」が特徴的な味わいを生み出す原料と製法
    ・原料(麦芽): 副原料は一切使用しない麦芽100%。欧州産麦芽を最適な配分でブレンド。
    ・原料(ホップ):千年以上続く伝統的な産地、ビールの本場ドイツ・バイエルン産のアロマホップをふんだんに使用
    ・製法(発酵):ヱビスビールのおいしさを実現するために吟味された門外不出のヱビス酵母 発酵。
    ・製法(熟成): 味と香りをじっくり磨いていくために、通常の1.5倍時間をかけて熟成。
    ・「見た目の美しさ」へのこだわり
    ヱビスのおいしさをより強く感じさせてくれる白くきめ細かい泡と、それが映える深みのある黄金色
    きめ細かい醸造工程管理による上質でもちのいい泡
    麦芽100%で長期熟成させた夕暮れ時の空のようなクリアな黄金色
  • サッポロビールのルーツ:「開拓使麦酒醸造所(1876年開業)」と冷製「札幌ビール(1877年発売)」

    ロシアの南下政策への対抗策として1869(明治2)年に設置された開拓使は、殖産興業に燃える新政府の切り札として大いに期待され、外国人技師の招へいが行われて「開拓使麦酒醸造所」を含む30種以上の官営工場が開設されました。
    輸入品の「舶来ビール」や横浜の外国人技師が作る「居留地ビール」が発信源となって次第に認知度が高まっていたビールは新時代を象徴する飲み物で、国内消費や輸出向けの有望なマーケットが誕生する可能性を秘めていました。
    そうしたことから、ホップが自生する土地で、ビール大麦の栽培にも適しており原料の自給自足が可能なこと、低温で発酵させるための氷が入手しやすいことなど、気候風土がビールづくりに適している北海道に、政府の勧農・殖産興業政策に合致するビール醸造事業が導入されることになりました。
    開拓使麦酒醸造所によるビールづくりは1876(明治9)年に醸造所の建設から始まり、1877(明治10)年夏には、日本人として初めて本場ドイツで修業した醸造技師中川清兵衛によって仕込まれた第1号商品冷製「札幌ビール」が、サッポロビールのトレードマークである「五稜星」★が描かれた開拓使旗(北辰旗)を立てた船艦によって東京へと運ばれました。
    開拓使ビールの発売からほぼ10年後、数知れないほどの困難を乗り越えた先駆者たちの努力によって国産ビールの総生産量はついに舶来ビールの輸入量を上回ります。
    その間、サッポロビールの先駆者たちもまた、ビール醸造に適した大麦の栽培に苦心し、品種改良や栽培方法などの研究を積み重ねていきました。
    なかでも、荒野を開墾して畑を耕した屯田兵とともに取り組んだ原料づくりは、彼らの功績とともに、今日のサッポロビール株式会社の「協働契約栽培」のルーツとして記憶にとどめておきたい事柄です。
    その後、開拓使麦酒醸造所は渋沢栄一らが経営に参画し、民間会社の「札幌麦酒会社」として新たなスタートを切ります。

サッポロビール SAPPORO エビス プレミアムエール 5.5度 350ml×24缶(ケース) の商品スペック

ビアスタイル ペールエール
アルコール度数 5.5%
容量 350ml ※×24缶
他のサッポロビールの食品&飲料・お酒を探す
その他 ●容量:350ml×24
●純アルコール量:100mlあたり 4.4g
・1容器あたり:15.4g
●原材料名:麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ
●プリン体:(100mlあたり)約10mg
●栄養成分(100mlあたり)
・エネルギー:45kcal
・たんぱく質:0.5g
・脂質:0g
・炭水化物:3.2g
・糖質:3.1g
・食物繊維:0~0.2g
・食塩相当量:0g
原産国 日本

    サッポロビール エビス プレミアムエール 5.5度 350ml×24缶(ケース) [ビール] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!