セーヌの川辺(集英社文庫) [文庫]
    • セーヌの川辺(集英社文庫) [文庫]

    • ¥71522ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年10月9日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
セーヌの川辺(集英社文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009001885106

セーヌの川辺(集英社文庫) [文庫]

  • 2.0
価格:¥715(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年10月9日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日: 2013/06/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

セーヌの川辺(集英社文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    フランス・パリ郊外に位置するフォンテーヌブローに移り住んで一年。著者はエッフェル塔と東京タワーを比較しながら理想の国家のあり方を模索。電力の75%を原子力に頼るフランスでエネルギー問題を考え、サッカーW杯で起こったジダンの頭突きからナショナリズムに思いを巡らす。海外に暮らし、相対的な視点で捉えることで浮かび上がってくる日本のかたちを鮮やかに綴るエッセイ集。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    聖マルタン、愛知万博、植民地の料理、車を燃やす
    クリスマス、EUと多言語社会、コープランド、ブルギニヨン
    厳寒体験、エネルギー問題、全世界が流謫の地
    街頭民主主義、社会サービスの質
    スコットランドの縁ふたつ
    ピカソの見かた、書くための出発
    マテラッツィが言ったこと
    川辺の公園、共和国、独立戦争
    冬の到来、エッフェル塔、敗者の歴史
    カルメン、モンブラン、南部高速道路〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    池澤 夏樹(イケザワ ナツキ)
    1945年帯広市生まれ。埼玉大学理学部物理学科中退。75年より3年ギリシャに暮らす。88年『スティル・ライフ』で第98回芥川賞受賞。2004年『イラクの小さな橋を渡って』『憲法なんて知らないよ』『静かな大地』などの著作活動全般について第7回司馬遼太郎賞受賞

セーヌの川辺(集英社文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:池澤 夏樹(著)
発行年月日:2013/06/30
ISBN-10:4087450872
ISBN-13:9784087450873
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:317ページ
縦:16cm
他の集英社の書籍を探す

    集英社 セーヌの川辺(集英社文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!