菊と刀―日本文化の型(平凡社ライブラリー) [全集叢書]
    • 菊と刀―日本文化の型(平凡社ライブラリー) [全集叢書]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月18日水曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
菊と刀―日本文化の型(平凡社ライブラリー) [全集叢書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001925343

菊と刀―日本文化の型(平凡社ライブラリー) [全集叢書]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月18日水曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:平凡社
販売開始日:2013/08/12
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 214341位

菊と刀―日本文化の型(平凡社ライブラリー) [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    数多くの事実誤認をも含むこの日本文化論が、なぜ強い説得力をもって我々に迫るのか?ベネディクトの論理の神経叢までも浮き彫りにする精確にしてかつ読みやすい翻訳によって、長く誤読にさらされてきた問題の書を、いま読む・読みなおす!!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    研究課題―日本
    戦時中の日本人
    「各々其ノ所ヲ得」
    明治維新
    過去と世間への債務者
    万分の一の恩返し
    「義理ほどつらいものはない」
    汚名をすすぐ
    人情の領域
    徳のディレンマ
    修用
    子供は学ぶ
    降伏後の日本人
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ベネディクト,ルース(ベネディクト,ルース/Benedict,Ruth)
    1887‐1948。アメリカの文化人類学者。師であるフランツ・ボアーズゆずりの文化相対主義の立場から、戦時中の調査研究をもとにして終戦後に書いた日本文化論『菊と刀』は、アメリカで、また日本で巨大な反響を呼んだ

    越智 敏之(オチ トシユキ)
    1962年、広島県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科英文学専攻修士課程修了。現在、千葉工業大学准教授。専攻、シェイクスピア、アメリカ社会

    越智 道雄(オチ ミチオ)
    1936年、愛媛県生まれ。広島大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。明治大学名誉教授。英語圏政治/文学研究者、翻訳家

菊と刀―日本文化の型(平凡社ライブラリー) [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:平凡社
著者名:ルース ベネディクト(著)/越智 敏之(訳)/越智 道雄(訳)
発行年月日:2013/08/09
ISBN-10:4582767931
ISBN-13:9784582767933
判型:B6
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:民族・風習
ページ数:455ページ
縦:16cm
その他: 原書名: The Chrysanthemum and the Sword:Patterns of Japanese Culture〈Benedict,Ruth〉

    平凡社 菊と刀―日本文化の型(平凡社ライブラリー) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!