プロケースワーカー100の心得―福祉事務所・生活保護担当員の現場でしたたかに生き抜く法 増補版 [単行本]
    • プロケースワーカー100の心得―福祉事務所・生活保護担当員の現場でしたたかに生き抜く法 増補版 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月18日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002349385

プロケースワーカー100の心得―福祉事務所・生活保護担当員の現場でしたたかに生き抜く法 増補版 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月18日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:現代書館
販売開始日:2015/05/11
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 189858位

プロケースワーカー100の心得―福祉事務所・生活保護担当員の現場でしたたかに生き抜く法 増補版 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    私たちがしている仕事は一体何なんだ?の疑問に答え、ケースワーカーをやってよかった!と思う日々を迎えるために。この仕事、この制度、今のままでいいですか?
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 ケースワーカーとは、何をする者のことなのか(ケースワーカーとは、制度を適用する者のことである
    福祉とは制度のことと心得ること ほか)
    第2章 プロケースワーカーの正しいやり方(とにかくあわてることはない
    面接とは人の話を聞くことである ほか)
    第3章 生活保護法の解釈と運用をめぐる覚書き(実施要領に精通すること
    生活保護法は二重構造になっている ほか)
    第4章 したたかに現場で生き抜く法(仕事が楽になる工夫ならいくらしてもいい
    何でも生活保護で解決しようと思ってはならない ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    柴田 純一(シバタ ジュンイチ)
    1975年、早稲田大学社会科学部卒業後、大田区職員となり福祉事務所に配属。土木部など勤務を経て1977年から3回目の福祉事務所勤務。1996年、福祉事務所が舞台となったNHKテレビドラマ「命の事件簿(ケースファイル)」(1997年放映)の制作に協力。2001年度から2003年度まで東京社会福祉士会受託事業「路上生活者緊急一時保護センター大田寮アセスメント作成事業」担当理事。2002年、介護保険課を最後に大田区を勧奨退職。東洋大学大学院社会学研究科修士課程修了。2004年度から中部学院大学准教授、2009年度から同教授

プロケースワーカー100の心得―福祉事務所・生活保護担当員の現場でしたたかに生き抜く法 増補版 の商品スペック

商品仕様
出版社名:現代書館
著者名:柴田 純一(著)
発行年月日:2015/05/10
ISBN-10:4768435408
ISBN-13:9784768435403
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
ページ数:230ページ
縦:21cm

    現代書館 プロケースワーカー100の心得―福祉事務所・生活保護担当員の現場でしたたかに生き抜く法 増補版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!