新聞のある町―地域ジャーナリズムの研究 [単行本]
    • 新聞のある町―地域ジャーナリズムの研究 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002394579

新聞のある町―地域ジャーナリズムの研究 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:清水弘文堂書房
販売開始日: 2015/07/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

新聞のある町―地域ジャーナリズムの研究 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「ブロック紙」「県紙」よりも狭いエリアに密着する「地域紙」は新聞退潮の時代でも堅実な需要をつかんでいる。ローカルメディアがこれから果たす役割をジャーナリスト・四方洋が26の現場で聞いた。全国紙もバフェットもほしがる「地域紙」は今どうなっているのか?
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    巻頭インタビュー 地域紙は生き残れるか―東海新報社長鈴木英彦さん
    三陸新報
    八重山毎日新聞
    市民タイムス
    桐生タイムス
    八幡浜新聞
    房州日日新聞
    津山朝日新聞
    盛岡タイムス
    富士ニュース
    島原新聞
    北鹿新聞
    紀伊民報
    十勝毎日新聞
    軽井沢新聞
    東都よみうり
    京都北部グループ
    宇部日報
    常陽新聞
    三條新聞
    いわき民報
    夕刊デイリー
    東愛知新聞
    デーリー東北
    神静民報
    人吉新聞
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    四方 洋(シカタ ヒロシ)
    京都府綾部市出身。京大卒。毎日新聞社に入り、『サンデー毎日』編集長、学生新聞本部長などを歴任。平成元年退社し、海外広報の会社「IBC」専務、東邦大学薬学部(人間科学)教授、高速道路調査会参与、町田市民病院事業管理者を経て、現在はコラム執筆などのほか、『蕎麦春秋』編集長

新聞のある町―地域ジャーナリズムの研究 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:清水弘文堂書房
著者名:四方 洋(著)
発行年月日:2015/07/15
ISBN-10:4879506184
ISBN-13:9784879506184
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:総記
ページ数:223ページ
縦:19cm
他の清水弘文堂書房の書籍を探す

    清水弘文堂書房 新聞のある町―地域ジャーナリズムの研究 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!