GHQ焚書図書開封〈11〉維新の源流としての水戸学 [単行本]
    • GHQ焚書図書開封〈11〉維新の源流としての水戸学 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年7月27日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002417583

GHQ焚書図書開封〈11〉維新の源流としての水戸学 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年7月27日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:徳間書店
販売開始日: 2015/08/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

GHQ焚書図書開封〈11〉維新の源流としての水戸学 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    何が勤皇の志士たちを動かし近代日本を生み出したのか。戦後日本で抹殺された重要テーマをわかりやすく読み解いた「水戸学」入門書!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    少年・水戸光圀の決意
    『大日本史』編纂のはじまり
    光圀『大日本史』の主要モチーフ
    前期水戸学の主張
    幕府老中に堂々と忠言した十八歳の藤田幽谷
    シナの道徳史観から脱却した皇道史観の近代性
    水戸学中興の祖、藤田幽谷の位置とその意義
    厳正なる父に鍛えられた藤田東湖の三度死を決する人生
    後期水戸学『新論』の原文を読む魅力
    後期水戸学『新論』と現代グローバリズム
    『弘道館記』『弘道館記述義』瞥見
    意気天を衝き、人を圧する藤田東湖の風情
    「天狗党」顛末
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    西尾 幹二(ニシオ カンジ)
    昭和10年東京生まれ。東京大学文学部独文科卒、同大学院文学修士課程を修了。文学博士。電気通信大学名誉教授。評論家
  • 出版社からのコメント

    徳川幕府の中にありながら維新を成し遂げる精神的支柱となった「水戸学」とは何だったのか。戦後抹殺された重要テーマを読み解く
  • 内容紹介

    「水戸学」とは何であったのか――。勤王の志士たちを動かし近代日本を生み出す原動力となった水戸学だが、戦後GHQによる焚書の対象となり、その歴史的研究もタブー視されてきた。
    そこでいま、徳川光圀『大日本史』から藤田幽谷、東湖、会沢正志斎、『新論』『弘道館記述義』などに関する焚書を紐解き、強固な徳川幕藩体制の中にあって内部から体制を壊す力となった「水戸学」をわかりやすく読み解いた。水戸学を知る入門書として最適!
  • 著者について

    西尾幹二 (ニシオカンジ)
    昭和10年生まれ。東京大学文学部独文科卒。同大学院文学修士課程を修了。文学博士。電気通信大学名誉教授。評論家。著書に『ニーチェ』『国民の歴史』『国家と謝罪』『江戸のダイナミズム』等多数。平成23年より『西尾幹二全集』が国書刊行会より順次刊行されている。

GHQ焚書図書開封〈11〉維新の源流としての水戸学 の商品スペック

商品仕様
出版社名:徳間書店
著者名:西尾 幹二(著)
発行年月日:2015/08/31
ISBN-10:4198639957
ISBN-13:9784198639952
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:329ページ
縦:20cm
その他:維新の源流としての水戸学
他の徳間書店の書籍を探す

    徳間書店 GHQ焚書図書開封〈11〉維新の源流としての水戸学 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!