花の詩画集 足で歩いた頃のこと [単行本]
    • 花の詩画集 足で歩いた頃のこと [単行本]

    • ¥1,760106ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月23日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
花の詩画集 足で歩いた頃のこと [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009002794021

花の詩画集 足で歩いた頃のこと [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:106ポイント(6%還元)(¥106相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月23日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:偕成社
販売開始日: 2017/06/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

花の詩画集 足で歩いた頃のこと [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    2010年代の詩画63点と随筆16編所収。1973年~2016年のおもな詩画462点のさくいん付き。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    詩画(春―一本の茎に 一つの花;夏―心のすみにいつまでも;秋―いのちのゆりかご;冬―一円玉を積み重ねて)
    随筆(棚田;左巻き;家のカラス;うどん;足で歩いた頃のこと ほか)
  • 出版社からのコメント

    若き放浪の日々をつづる表題エッセイほか、2010年代の作品を中心とした詩画63点およびエッセイ16篇を所収。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    星野 富弘(ホシノ トミヒロ)
    1946年、群馬県勢多郡東村(現みどり市東町)に生まれる。群馬大学教育学部卒業後、中学校教諭になるが、クラブ活動の指導中に頚髄を損傷、手足の自由を失う。入院中、口に筆をくわえて文や絵を書きはじめる。1979年、前橋で最初の作品展を開催。以後、国内外で「花の詩画展」を開く。1991年、村立富弘美術館が開館。2005年、新富弘美術館開館。2006年、群馬県名誉県民として顕彰される

花の詩画集 足で歩いた頃のこと [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:偕成社
著者名:星野 富弘(著)
発行年月日:2017/06
ISBN-10:4039639502
ISBN-13:9784039639509
判型:規大
発売社名:偕成社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:芸術総記
言語:日本語
ページ数:111ページ
縦:26cm
横:21cm
他の偕成社の書籍を探す

    偕成社 花の詩画集 足で歩いた頃のこと [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!