カーライル流 日本企業の成長戦略 [単行本]
    • カーライル流 日本企業の成長戦略 [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年4月15日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003123776

カーライル流 日本企業の成長戦略 [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年4月15日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日: 2019/04/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

カーライル流 日本企業の成長戦略 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    世界最大級ファンドが実践する!「閉塞感を打ち破る」企業経営とは。7社の成功事例から読み解く変革と進化の手法。
  • 目次

    序 章 企業の強みを生かす投資ファンド
       
    第1章 ツバキ・ナカシマ
         ―ものづくりで真のグローバル企業に脱皮

    第2章 ソラスト
         ―介護を新たな柱に育てたサービス業の変身力

    第3章 センクシア
         ―「大日立グループ」から独立し、チャレンジ精神を磨く

    第4章 名水美人ファクトリー
         ―後継者問題を越え日本の「もやし」を世界へ

    第5章 三生医薬
         ―「カリスマ経営で高成長」脱し、組織経営で事業承継

    第6章 ウイングアーク1st 
         ―次代を見据えて若手経営陣を磨く

    第7章 A R U H I
         ―「住宅ローン一本足打法」からビジネスモデル大転換

    終 章 日本企業の未来はPEファンドの活用にあり

    <スペシャル・インタビュー>
    カーライル・グループ創業者 ウィリアム・E・コンウェイ
    「投資のプロフェッショナルとして日本企業の成長を支援する」

    カーライル・グループ共同CEO キューソン・リー
    「出遅れた日本企業にこそ大きなチャンスがある」
  • 出版社からのコメント

    PEファンドの活用を通して日本企業が再び活力を取り戻し、健全に成長していくための方法論を提示する企業再生の指南書。
  • 内容紹介

    ◆カーライル・グループは、米国ワシントンDCを本拠地として世界中に35ヵ所の事務所と1000名を超えるスタッフを抱える世界最大級のプライベート・エクイティ(PE)ファンドである。1987年の創業以来、運用資産規模を順調に増やし、2001年には日本上陸を果たした。
    PEファンドとは「友好的かつ効果的な手法で、既存企業の事業を再構築して成長軌道にのせ、ステークホルダー(企業の株主・その他の投資家、経営者、従業員、取引先などの利害関係者)を満足させる存在」と位置づけられる。
    多くの日本企業は1980年代末のバブル景気の崩壊とその後の「日本経済の失われた20年」といわれた停滞期、2008年の米リーマン・ショックによる収益力の減衰とグローバル化への対応の後れ、さらに少子・高齢化が進むことによる国内需要の先細り懸念もあり、様々な経営的な問題や危機に直面している。こうした危機を救い、経営改革を行い、場合によっては新しいプロフェッショナルな経営人材を紹介し、結果として筋肉質で効率性が高い経営力をもたせ、再び収益力と成長力を持つ企業へと変身させる「コーチ役」のような存在がPEファンドであり、その代表格がカーライル・グループである。

    ◆本書は、PEファンドの仕組みや日本での進化を解き明かした上で、カーライル・ジャパンの手法や実績を成長曲線を描いた7社の実例を通じて詳説する。それらを通じて「日本企業にも再び活力を取り戻し、健全に成長していくための方法論がまだまだある」ということや「それができるのは日本企業にまだまだ供給可能な資本と人的・技術的・ブランド的な資産が残っている今しかない」ということを明らかにし、PEファンドの活用を企業再生の選択肢の一つとして広く訴えていく。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    三河 主門(ミカワ シュモン)
    ジャーナリスト、編集者。1967年5月、青森県八戸市生まれ。高知大学人文学部経済学科卒業。1992年日本経済新聞社入社。産業部、西部支社、日経ビジネス編集部、バンコク支局長などを歴任。主に企業取材記者として活躍し、担当した業界は建設・不動産・住宅、エレクトロニクス、精密機器、国内外の自動車メーカー、食品など幅広い。2017年5月に日本経済新聞社を退社して独立、メディア・リレーションズやPR支援の「Mikawa&Co.合同会社」を設立し代表に就任。2019年1月から文部科学省の官民協働海外留学創出プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」の広報・マーケティングチームにも参画している
  • 著者について

    三河 主門 (ミカワシュモン)
    ジャーナリスト、編集者
    1967年5月、青森県八戸市生まれ。高知大学人文学部経済学科卒業。

カーライル流 日本企業の成長戦略 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞出版社
著者名:三河 主門(著)
発行年月日:2019/04/01
ISBN-10:4532322782
ISBN-13:9784532322786
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:239ページ
縦:19cm
他の日本経済新聞社の書籍を探す

    日本経済新聞社 カーライル流 日本企業の成長戦略 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!