情報革命の世界史と図書館―粘土板文書庫から「見えざる図書館」の出現へ [単行本]

販売休止中です

    • 情報革命の世界史と図書館―粘土板文書庫から「見えざる図書館」の出現へ [単行本]

    • ¥3,740113ポイント(3%還元)
100000009003174821

情報革命の世界史と図書館―粘土板文書庫から「見えざる図書館」の出現へ [単行本]

価格:¥3,740(税込)
ポイント:113ポイント(3%還元)(¥113相当)
日本全国配達料金無料
出版社:樹村房
販売開始日:2019/07/11
ご確認事項:返品不可

情報革命の世界史と図書館―粘土板文書庫から「見えざる図書館」の出現へ の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    五つの情報革命をキーワードに世界の歴史と現代社会の構図を改めて整理し、それらに伴う図書館の形成・変貌を視野に入れながら、組織としての役割の変容について考察する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    粘土板からインターネットへ
    第1部 文字と紙が創った世界(文字革命―情報の保存と文明の形成
    紙の長い旅―東から西へ
    文書庫から図書館への道)
    第2部 活字とケーブルが拡げた世界(印刷革命―情報の複製と国民的な情報圏の形成
    電信網の構築と情報のグローバル化
    欧米における図書館の発達
    日本列島の情報革命)
    第3部 電子情報が渦巻く世界(ICT革命―情報電子化の激流
    ICT革命と図書館)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山口 広文(ヤマグチ ヒロフミ)
    長崎市出身。埼玉大学教養学部卒業、筑波大学大学院修士課程地域研究研究科修了。国立国会図書館に勤務し、調査及び立法考査局長などを歴任。現在、立正大学文学部特任教授

情報革命の世界史と図書館―粘土板文書庫から「見えざる図書館」の出現へ の商品スペック

商品仕様
出版社名:樹村房
著者名:山口 広文(著)
発行年月日:2019/07/11
ISBN-10:4883673243
ISBN-13:9784883673247
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:総記
ページ数:402ページ
縦:20cm

    樹村房 情報革命の世界史と図書館―粘土板文書庫から「見えざる図書館」の出現へ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!