「自分を変える」ということ-アメリカの偉大なる哲学者エマソンからの伝言 [単行本]
    • 「自分を変える」ということ-アメリカの偉大なる哲学者エマソンからの伝言 [単行本]

    • ¥1,43043ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年3月1日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003209591

「自分を変える」ということ-アメリカの偉大なる哲学者エマソンからの伝言 [単行本]

価格:¥1,430(税込)
ポイント:43ポイント(3%還元)(¥43相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年3月1日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2019/10/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

「自分を変える」ということ-アメリカの偉大なる哲学者エマソンからの伝言 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「成長」とは、自分を変えること。不遇のときこそ、「変われる」最大のチャンス!最高の人生を送るために。ベストな自分であるために。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1回 あなたを幸せにできるのは、あなたしかいない(不遇こそチャンス!;他人の評価に依存すると、自分を見失う ほか)
    第2回 自分の直観を信じなさい(「自分らしさ」っていったい何?;心の声はひとりでいるときにしか聞こえない ほか)
    第3回 「考えること」をやめてはいけない(幸せはもともと運のようなもの;「自分が正しいと思っていたこと」を疑え ほか)
    第4回 本物の友情が自分を高めてくれる(永遠に続く友情などありえない;「認め合う会話」から「触発し合う会話」へ ほか)
    第5回 自分を捨てる覚悟(人生を「切断」する勇気;捨てられるからこそ、人生はすばらしい ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    齋藤 直子(サイトウ ナオコ)
    東京外国語大学外国語学部英米語学科卒、ハーバード大学および東京大学で修士号、コロンビア大学で博士号を取得。現在、京都大学大学院教育学研究科准教授。専門はアメリカ哲学、教育哲学

    木村 博美(キムラ ヒロミ)
    フリーランスライター。1956年生まれ。OLを経て、新聞や雑誌で放送関係の記事を執筆。34歳でイギリスに遊学後、女性の生き方を中心に科学や宗教、アメリカの貧困問題など興味のあるものは何でも書き、ノンフィクションや対談本、箴言集など書籍も数多く手がける

「自分を変える」ということ-アメリカの偉大なる哲学者エマソンからの伝言 の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:齋藤 直子(著)/木村 博美(著)
発行年月日:2019/10/25
ISBN-10:4344035275
ISBN-13:9784344035270
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:238ページ
縦:19cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 「自分を変える」ということ-アメリカの偉大なる哲学者エマソンからの伝言 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!