白土三平伝―カムイ伝の真実(小学館文庫) [文庫]
    • 白土三平伝―カムイ伝の真実(小学館文庫) [文庫]

    • ¥71522ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003239720

白土三平伝―カムイ伝の真実(小学館文庫) [文庫]

  • 4.0
価格:¥715(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2020/02/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

白土三平伝―カムイ伝の真実(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    マンガ界の生きる神話・白土三平のほぼ唯一の本格評伝。『忍者武芸帳』『サスケ』の大ヒットで一躍時代の寵児となったマンガ家が、左翼画家の父のもとで戦時下に受けた過酷な体験から戦後の紙芝居時代、貸本時代を経て、自由な表現をもとめて月刊『ガロ』を創刊。『カムイ伝』で激動の時代を刻印し、やがて房総の小さな漁師町で『カムイ伝第二部』を描きつぐまで。孤高の作家の創作の秘密、ベールに包まれた私生活と思想の原点を描ききった、渾身の書。単行本刊行後、構想中の『カムイ伝第三部』に言及した一節を新たに収録した増補決定版。図版、著者近影も掲載。
  • 目次

    白土三平伝

    序 生き抜くための教科書としての「カムイ伝」 6

    第一章 白土三平の幼年時代 13
    ファシズムと戦う父に育てられて
    父ありき/『カムイ伝』の原風景をいく 大阪編

    第二章 白土三平の少年時代 43
    長野疎開と軍国教育のなかで
    木屑を食べる/『カムイ伝』の原風景をいく 長野編

    第三章 白土三平の紙芝居時代 67
    焼け跡の左翼少年
    焼け跡にウサギを飼う/布団をかついで下町へ/左翼少年と紙芝居

    第四章 白土三平の貸本マンガ時代 87
    マンガ家としての開花
    マンガ家・白土三平の誕生/長井勝一と日本マンガ社。そして三洋社/『忍者武芸帳』世を騒がす/影丸からサスケ、カムイへ

    第五章 白土三平の「月刊漫画ガロ」時代 117
    自由を求める航海
    「月刊漫画ガロ」の創刊と『カムイ伝』/つげ義春、天才の花開く/小島剛夕の離脱/誤算、そして海へ

    第六章 白土三平の千葉・内房時代 139
    外伝とカムイ伝、その第二部を読み解く
    内房の海に沈潜する/物語の根源に挑んだ神話伝説シリーズ/海を描いた傑作『スガルの島』/忍者の美食/『カムイ伝 第二部』から読み解く教育論/『カムイ伝』を若者が読むために

    第七章 白土三平の現在 201
    カムイ伝の生まれる海辺
    白土三平さんとの出会い/名人たち/白土三平の読書(一)/白土三平の読書(二)/ジョン・フォードとハワード・ホークス/白土三平の仕事場/大震災後の再会

    あとがき 245

    解説 250

    引用・参考文献/協力 252
  • 内容紹介

    白土三平が生涯かけてカムイ伝を描く理由

    2011年に発売された『白土三平伝~カムイ伝の真実』の文庫化。
    その作品を高く評価されながら、長い間、世に全く登場しないコミック界の巨人・白戸三平。昨年米寿を迎えたが、いまだその存在や生活は謎に包まれている。この本格的な評伝は15年余りにわたって白土氏に寄り添いながら、直にその仕事ぶりに触れ、「伝説の漫画家」との対話の中から生まれた肉声をふんだんにちりばめた、毛利甚八の貴重な記録でもある。本書を読み、白土三平の真実を知ったときに『カムイ外伝』『カムイ伝』をいま一度読み直したい気持ちになる1冊である。(敬称略)

    【編集担当からのおすすめ情報】
    『カムイ伝』という物語の全体はあまりにも長く、全体を読み通して価値を計ることのできる読者そのものが少なくなっている昨今、サブテキストとしての存在は重要です。カムイ伝、あるいは白土三平を読み解く際の解説書としてはこの本は大変に貴重であると考えられます。ノンフィクション作家であり、マンガ原作者としても活躍した故・毛利甚八が白土三平に寄り添った入魂の著書でもあるのです。

    図書館選書
    今年米寿を迎えた白土三平の約10年前の肉声がふんだんにちりばめられた毛利甚八の評伝。『カムイ伝全集』発刊時の特別企画『ふたたび白土三平の時代がやってきた』という発掘文を追加掲載した貴重な記録本である。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    毛利 甚八(モウリ ジンパチ)
    1958年長崎県佐世保市生まれ。日大芸術学部文芸学科を卒業後、『ビーパル』や『ナンバー』などのライターとして活動後、1987年よりマンガ『家裁の人』(画・魚戸おさむ ビッグコミックオリジナル)の原作を担当する。1995年から1998年にかけて民俗学者・宮本常一の足跡を追う旅を行い、『宮本常一を歩く』(写真と文・小学館)を上梓。2015年没。享年五十七歳

白土三平伝―カムイ伝の真実(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:毛利 甚八(著)
発行年月日:2020/02/11
ISBN-10:4094067418
ISBN-13:9784094067415
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:253ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 白土三平伝―カムイ伝の真実(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!