月夜の黒猫事典―知られざる歴史とエピソード(ひみつの本棚シリーズ) [単行本]
    • 月夜の黒猫事典―知られざる歴史とエピソード(ひみつの本棚シリーズ) [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年2月24日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
月夜の黒猫事典―知られざる歴史とエピソード(ひみつの本棚シリーズ) [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003729001

月夜の黒猫事典―知られざる歴史とエピソード(ひみつの本棚シリーズ) [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年2月24日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:グラフィック社
販売開始日: 2023/07/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

月夜の黒猫事典―知られざる歴史とエピソード(ひみつの本棚シリーズ) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    何世紀にもわたり、黒猫は多くの冒険の旅を乗り越えてきた。あるときは不幸の前兆と畏れられ、あるときは幸運のマスコットとして愛されることで…。黒猫にまつわる謎と迷信、そしてそれらが紡いできた歴史と伝説を今ここに解き明かす…。
  • 目次

    はじめに/受難の歴史(猫は神の化身、中世の災い、少しずつ人気者に)/伝説の猫(ブルターニュの猫、サン=カド(聖カド)、コンブール城の黒猫、エメラルド海岸の妖精、〝金を生む猫″、猫は9回生きる)/民間伝承と迷信(人間と迷信、迷信の核心にいる黒猫、黒猫の痕跡、矛盾だらけの色、黒猫は不幸の象徴、幸福のマスコット、海の猫たち、悪魔祓いと治療に関する効力)
  • 内容紹介

    いつの時代も、謎めいた存在としてさまざまな逸話をもつ黒猫。
    あるときは不幸の前兆と畏れられ、あるときは幸運のマスコットとして愛されてきた。そんな黒猫にまつわる謎と迷信、それらが紡ぐ歴史と伝説を解き明かす一冊。

    本書は、2015年にグラフィック社から刊行された『魅惑の黒猫 -知られざる歴史とエピソード-』を再編集し、クッション製本、小口金の豪華装丁で「ひみつの本棚シリーズ」として再発行するものです。
    歴史をなぞるように、黒猫にまつわる逸話、伝説を収録し、黒猫を畏れる元となった迷信や、逆に幸運の象徴となった物語など、さまざまな角度から黒猫について語ります。
    猫好きの人は手に取らずにいられない、かわいくも妖しい一冊です。
  • 著者について

    ナタリー・セメニーク (ナタリー セメニーク)
    ジャーナリストとして長きにわたり、野生生物関連の雑誌に記事を寄稿。特に猫を専門とし、中でも黒猫のミステリアスな存在に惹かれ、本書の底本となる『魅惑の黒猫』(弊社刊)を執筆するに至った。

    柴田里芽 (シバタ リカ)
    翻訳者。英語、フランス語の翻訳書を数多く手掛ける。『ジョハンナの塗り絵アクティビティブック 10分間を30日!!』『ひみつの薬箱 中世装飾写本で巡る薬草の旅』『わたしにもできる! ねこ刺繍レッスン』(グラフィック社)など訳書多数。

月夜の黒猫事典―知られざる歴史とエピソード(ひみつの本棚シリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:グラフィック社
著者名:ナタリー セメニーク(著)/柴田 里芽(訳)
発行年月日:2023/07/25
ISBN-10:4766137876
ISBN-13:9784766137873
判型:A5
発売社名:グラフィック社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:諸芸・娯楽
言語:日本語
ページ数:136ページ
縦:18cm
横:12cm
厚さ:2cm
その他: 原書名: Myst´erieux Chat Noir Symboles & superstitions〈Semenuik,Nathalie〉
他のグラフィック社の書籍を探す

    グラフィック社 月夜の黒猫事典―知られざる歴史とエピソード(ひみつの本棚シリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!