BIOSTORY vol.40-人と自然の新しい物語(SEIBUNDO MOOK-BIOSTORY) [ムックその他]
    • BIOSTORY vol.40-人と自然の新しい物語(SEIBUNDO MOOK-BIOSTORY) [ムックその他]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月26日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003771521

BIOSTORY vol.40-人と自然の新しい物語(SEIBUNDO MOOK-BIOSTORY) [ムックその他]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月26日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:誠文堂新光社
販売開始日: 2023/11/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

BIOSTORY vol.40-人と自然の新しい物語(SEIBUNDO MOOK-BIOSTORY) の 商品概要

  • 目次

    特集 生き物文化誌学会20年 2 生き物文化誌の新たな視点
    序論--生き物文化誌のこれから 池谷和信
    生き物をめぐる「学」と「誌」の拮抗 荒俣 宏
    植物文化誌の視点 湯浅浩史
    文化史を通してみる生き物文化誌 安田容子
    人が織り成す命への思い--食と拝の狭間 遠藤秀紀
    市中に散在するウミガメの剥製について 亀崎直樹
    アマゾニア先住民からみたバナナとキャッサバ 大橋麻里子
    生き物文化誌への眼差し--未来へ向けて 緒方喜雄
    総合討論 生き物文化誌学の新たな視点と学会の未来

    特集 省察 日の本の鶏
    日本鶏を顧みて 工藤光平
    DNA解析に基づく「日本鶏の歴史」再考 米澤隆弘
    考古学資料からみた日本のニワトリ 江田真毅
    庭の鶏から小屋に囲われたニワトリへ
    --明治20年代〝洋鶏ブーム〟がもたらした人間:鶏の関係性の変化 矢野晋吾
    現代の日本鶏育種家 育種観とその形成背景 工藤光平

    <レギュラー記事>
    珍品図鑑 ウミギクガイの首飾り 門馬一平
    フィールドレポート海外 冷凍庫と胃袋の使い分け
    --モンゴル国アルハンガイ県の事例から 堀田あゆみ
    自然を読む 日本犬とニホンオオカミの関係をゲノムから知る 寺井洋平
    自然を読む ナマズが発する人語に込められた意図--徳善淵の大鯰の場合 萩生田憲昭
    自然を読む 作家が生き物を小説に登場させるとき 遠藤秀紀
    生き物のいま 外来種と地域漁業:中部アフリカのナイルアロワナの事例 大石高典
    生き物のいま 珍獣から保全対象へ--日本の飼育文化に見るアジアゾウと人との関係 築地夏海
    おすすめの本 目に見えない多様性を見る 山崎剛史
  • 出版社からのコメント

    第一特集は前号に続き学会の20年を振り返る。第二特集は日本人と鶏との関係に着目。その起源や飼育の変遷、利用の実態に迫る。
  • 内容紹介

    特集 生き物文化誌学会20年 2 生き物文化誌の新たな視点
    コロナ禍やウクライナ戦争、また物価高騰や生成AIの登場など、予測のつかない時代にあって、いま「新たな視点」が求められている。研究者にかぎらず多様な、そして多方面の人々が集う本学会においては、そうした異質な人々の出会いやコーディネイションから新たな「智」が創出される可能性が高い。20年の節目にあたり、そのための新たな展開の方法を議論する。

    特集 省察 日の本の鶏
    数千年前から様々な地域で人類の暮らしと結びついて多彩な文化を築いてきた鶏に注目。分子生物学的視点から見た日本鶏の起源、考古学的資料をもとに検討する弥生期から江戸期までの飼育の変遷、各時代の骨の形態学的特徴などに見る日本人のニワトリ利用の実態、また明治期の外国の鶏の流行とそれに伴う日本鶏の衰退や、現代の日本鶏育種家の育種観とその社会背景などを通して、人と鶏の関係を描く。


    ■目次
    特集 生き物文化誌学会20年 2 生き物文化誌の新たな視点
    序論--生き物文化誌のこれから 池谷和信
    生き物をめぐる「学」と「誌」の拮抗 荒俣 宏
    植物文化誌の視点 湯浅浩史
    文化史を通してみる生き物文化誌 安田容子
    人が織り成す命への思い--食と拝の狭間 遠藤秀紀
    市中に散在するウミガメの剥製について 亀崎直樹
    アマゾニア先住民からみたバナナとキャッサバ 大橋麻里子
    生き物文化誌への眼差し--未来へ向けて 緒方喜雄
    総合討論 生き物文化誌学の新たな視点と学会の未来

    特集 省察 日の本の鶏
    日本鶏を顧みて 工藤光平
    DNA解析に基づく「日本鶏の歴史」再考 米澤隆弘
    考古学資料からみた日本のニワトリ 江田真毅
    庭の鶏から小屋に囲われたニワトリへ
    --明治20年代〝洋鶏ブーム〟がもたらした人間:鶏の関係性の変化 矢野晋吾
    現代の日本鶏育種家 育種観とその形成背景 工藤光平

    <レギュラー記事>
    珍品図鑑 ウミギクガイの首飾り 門馬一平
    フィールドレポート海外 冷凍庫と胃袋の使い分け
    --モンゴル国アルハンガイ県の事例から 堀田あゆみ
    自然を読む 日本犬とニホンオオカミの関係をゲノムから知る 寺井洋平
    自然を読む ナマズが発する人語に込められた意図--徳善淵の大鯰の場合 萩生田憲昭
    自然を読む 作家が生き物を小説に登場させるとき 遠藤秀紀
    生き物のいま 外来種と地域漁業:中部アフリカのナイルアロワナの事例 大石高典
    生き物のいま 珍獣から保全対象へ--日本の飼育文化に見るアジアゾウと人との関係 築地夏海
    おすすめの本 目に見えない多様性を見る 山崎剛史
    *************************

BIOSTORY vol.40-人と自然の新しい物語(SEIBUNDO MOOK-BIOSTORY) の商品スペック

商品仕様
出版社名:誠文堂新光社
著者名:BIOSTORY 編集委員会(編集)
発行年月日:2023/11
ISBN-10:4416623399
ISBN-13:9784416623398
判型:B5
発売社名:誠文堂新光社
発行形態:ムックその他
内容:自然科学総記
言語:日本語
ページ数:112ページ
他の誠文堂新光社の書籍を探す

    誠文堂新光社 BIOSTORY vol.40-人と自然の新しい物語(SEIBUNDO MOOK-BIOSTORY) [ムックその他] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!