1冊の「源氏物語」―光る君のものがたり [単行本]
    • 1冊の「源氏物語」―光る君のものがたり [単行本]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003782238

1冊の「源氏物語」―光る君のものがたり [単行本]

価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:興陽館
販売開始日: 2023/12/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

1冊の「源氏物語」―光る君のものがたり [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1冊で『源氏物語』54帖を読む!あらすじと与謝野晶子の現代語訳で、長編恋愛傑作の全体と面白さがしっかりわかります。現代語訳に対応した原文も掲載、朗読にも最適の一冊です。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 光源氏の誕生、そして青年時代―一帖~三十三帖(桐壺;帚木;空蝉 ほか)
    第2部 光源氏、老いる―三十四帖~四十一帖(若菜上;若菜下;柏木;横笛;鈴虫;夕霧;御法;幻)
    第3部 光源氏の子供たち―四十二帖~五十四帖(匂宮;紅梅;竹河;橋姫;椎本;総角;早蕨;宿木;東屋;浮舟;蜻蛉;手習;夢浮橋)
  • 出版社からのコメント

    初心者向けの『源氏物語』ダイジェスト版。各巻のあらすじと名場面を原文と現代語訳で紹介。光源氏の恋愛遍歴を一冊で理解できます。
  • 内容紹介

    初心者でもまるごとわかる! 巻毎のあらすじと、名場面はふりがな付きの原文と現代語訳両方で楽しめるダイジェスト版。

    光源氏は、輝くような美しさから「光る君」と呼ばれ、多くの女性たちと恋愛遍歴を重ねていく。
    紫式部の代表作『源氏物語』54帖を紫式部の原作、現代語訳の与謝野晶子の名文を中心に紹介していきます。
    一冊で54帖のエッセンスが読める「源氏物語」ダイジェスト版。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    紫式部(ムラサキ シキブ)
    生没年未詳。970年代の生まれと推測されている。日本文学史を代表する存在。『源氏物語』の作者として名高く、宮中の様子を描いた『紫式部日記』も残している。優れた歌人としても知られ、自作の和歌を集めた『紫式部集』があり、『小倉百人一首』にもその和歌が収録されている。また、藤原為時の娘として生まれ、藤原宣孝に嫁いだ。夫の死後、『源氏物語』を書き始め、藤原道長の娘に仕える間に完成させた。中古三十六歌仙の一人

    与謝野 晶子(ヨサノ アキコ)
    1878‐1942。大阪・堺生まれ。旧姓は鳳、本名は志やう。生家は菓子商、22歳のときに始めた短歌が『明星』に掲載され、与謝野鉄幹と出会う。翌1901年(明治34年)、彼との恋を大胆に歌った『みだれ髪』を上梓、賛否の嵐を巻き起こす。以後「情熱の歌人」と呼ばれ多くの歌集を刊行、『源氏物語』現代語訳など、その執筆活動は常に注目を集めた。与謝野鉄幹とは、『みだれ髪』発刊直後に結婚、12子をもうけた

1冊の「源氏物語」―光る君のものがたり [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:興陽館
著者名:紫式部(著)/与謝野 晶子(訳著)
発行年月日:2023/12/15
ISBN-10:487723313X
ISBN-13:9784877233136
判型:新書
発売社名:興陽館
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:224ページ
縦:18cm
他の興陽館の書籍を探す

    興陽館 1冊の「源氏物語」―光る君のものがたり [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!