死刑と正義(講談社現代新書) [電子書籍]
    • 死刑と正義(講談社現代新書) [電子書籍]

    • ¥715143ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600171921

死刑と正義(講談社現代新書) [電子書籍]

森 炎(著者)
価格:¥715(税込)
ポイント:143ポイント(20%還元)(¥143相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:講談社
公開日:2012年12月28日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

死刑と正義(講談社現代新書) [電子書籍] の 商品概要

  • 「ある日、家族が侵入者に殺害されたら」「社会の安全が揺らいだら」――。裁判員制度下、市民は正義の判断を下さなければならなくなった。何が死刑と無期懲役を分けるのか。その裁きを決める根拠とは。秋葉原通り魔事件、光市母子殺害事件、附属池田小児童殺傷事件などを手掛かりに、元裁判官が問いかける現代の罪と罰。(講談社現代新書)
  • 目次

    まえがき

    序 章 裁判員は人を殺す自由を手に入れる!?

    第1章 死刑空間(1)「市民生活と極限的犯罪被害」
    ──ある日、突然、家族が侵入者に殺害されたら

    第2章 死刑空間(2)「大量殺人と社会防衛」
    ──秋葉原通り魔事件は死刑で終わりか

    第3章 死刑空間(3)「永劫回帰する犯罪性向」
    ──殺人の前刑を終えてまた殺人をくりかえしたら

    第4章 死刑空間(4)「閉じられた空間の重罪」
    ──親族間や知人間の殺人に社会はどう対処すべきか

    第5章 死刑空間(5)「金銭目的と犯行計画性の秩序」
    ──身代金目的誘拐殺人は特別か

    第6章 変形する死刑空間A「被告人の恵まれない境遇」
    ──釈然としない言い訳の意味はどこにあるか

    第7章 変形する死刑空間B「心の問題、心の闇と死刑」
    ──異常心理と責任能力の混迷を断つ

    第8章 変形する死刑空間C「少年という免罪符」
    ──人を殺して少年が更生すればそれでよいのか

    第9章 変形する死刑空間D「死刑の功利主義」
    ──賠償金で死刑を免除するのは正しいか

    終 章 死刑の超越論的根拠を撃つ

    あとがき

    引用文献

死刑と正義(講談社現代新書) [電子書籍] の商品スペック

書店分類コード
H350
Cコード
0232
出版社名
講談社
紙の本のISBN-13
9784062881838
他の講談社の電子書籍を探す
ファイルサイズ
0.7MB
著者名
森 炎
著述名
著者

    講談社 死刑と正義(講談社現代新書) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!