どんな顔立ちでも、ハッとするほどキレイになる 自分の顔を引き立てる本当に役立つメイクテクニック(インプレス) [電子書籍]
    • どんな顔立ちでも、ハッとするほどキレイになる 自分の顔を引き立てる本当に役立つメイクテクニック(インプレス) [電子書籍...

    • ¥1,540308ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600632654

どんな顔立ちでも、ハッとするほどキレイになる 自分の顔を引き立てる本当に役立つメイクテクニック(インプレス) [電子書籍]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:308ポイント(20%還元)(¥308相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:インプレス
公開日:2018年03月26日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

どんな顔立ちでも、ハッとするほどキレイになる 自分の顔を引き立てる本当に役立つメイクテクニック(インプレス) の 商品概要

  • 3カ月先まで予約が取れない、人気レッスンの「秘密」のルール

    流行や最新のアイテムにとらわれずに、
    自分史上最高の「似合う」を作る
    シンプルなメイクテクニック。

    「雑誌を見てもモデルさんと自分の顔は違うからよくわからない」
    「化粧品がたくさんありすぎて何を使ったらいいのかわからない」

    そんな人は、一度、自分の顔を引き立てるためのメイク方法を
    しっかり確認してみませんか?

    本書では、あくまでシンプルかつベーシックな方法で、それでいて
    思わずハッとするほど顔の印象を変えるために、
    最低限必要なメイク知識とテクニックを紹介しています。

    【本書で紹介している内容の一部】
    与えるケアより落とすケアから見直す
    顔をさわるときは「外へ、外へ」
    色ムラ部分にだけファンデーションをポンポン塗り
    鼻はサラサラ、頬はしっとりを目指す
    「血色カラーのアイシャドウ」でナチュラルなホリを作る
    一重&奥二重さんは「目の上線ゾーン」を活用する
    眠たげに見えがちな目は「二重の約半分」を使う
    瞳よりやや大きいお皿を作るように下のアイラインを描く
    目尻三角ゾーンに締め色を仕込む

    初心者やメイクに自信のない方、自分に合うメイクがわからなくなったという方でも、
    メイク効果が実感できるから、自信が身につき、メイクがもっと楽しくなる一冊です。

  • 目次

    表紙
    巻頭イメージ写真
    コンセプト紹介
    この本で手に入る10のこと
    BEFORE→AFTER
    はじめに
    もくじ
    Introduction 「なりたい 顔、なりたい自分」があるのなら、どんな人でも必ず変われる
    イメージ写真
    PART1  スキンケアは「落とす作業」から見直す
    1:その泡洗顔は必要ですか? 自分の肌のために必要なケアを
    2:意外と気がついてない? 落としすぎによる「乾燥」
    3: 肌の赤みは黄信号! 過剰な刺激はやめましょう
    4: 肌に与えるケアより「落とすケア」から見直す
    5: 「テカるから乾燥してない」は間違い!? 肌の状態を正しく見る
    6:テカリが気になるゾーン以外のニキビや湿疹は乾燥の可能性大
    7:「赤み・ひりつき・しみる」 3つの症状がないかをチェック
    8:「乾燥・しわ・くすみ」は水分と油分を補うことが先決
    9:悩みの多い「毛穴」、でも毛穴用下地は避けて鼻は専用ケアを
    イメージ写真
    10:クレンジングは「皮脂を落とし過ぎない」ものを
    11:「あれ?」という症状が出たらクレンジング見直しのチャンス
    12 : クリームクレンジングは「なじませ方」と「すすぎ方」がカギ
    13:化粧水は手を離すときに「肌が吸いつく」くらいが目安
    14:しっかり乳液で肌がふっくら!足りなければクリームを
    15:オイルは乾燥肌さんの強い味方! ただし、つけるなら必ず夜に
    16:顔をさわるときは「外へ外へ」
    17:「自分にとっての正解」を見つけよう
    PART 2 メイクをしているのに 素肌をきれいに見せる
    18:メイクをしているのに「素肌がきれいに見える」を目指す
    19:下地はスキンケアの延長! 「UV 効果」と「保湿力」重視
    20:下地は指をハケのようにしてなじませる
    21:気になる部分のカバーは「肌のきれいな部分」を目標にする
    22:ファンデは色ムラ部分にだけ「ポンポン塗り」で華奢肌を目指す
    23:ルースパウダーは「鼻はサラサラ、頬はしっとり」
    24:重いコンシーラーを使い続けると数年後にはブルドッグ顔!?
    Column アイテム選びの指標
    イメージ写真
    PART 3 パーツメイクは 「バランスの取り方」がすべて
    25:パーツメイクは必ず「瞳」からはじめる
    26:上まぶたに「血色カラー」をのせると自然なホリができる
    27:目を輝かせたいならまつ毛を必ず上げる
    28:まつ毛は「根元・中間・毛先」の三ヶ所に折り目をつける
    29:「目の上線」で瞳を引き立たせる
    30: 眠く見える目は「二重の幅半分」に締め色シャドウをプラス
    31:黒目を大きく見せたいなら瞳より「やや大きいお皿」を下に描く
    32:アイラインのカラーは黒に近い茶色がなじみやすい
    33:目尻三角ゾーンに「締め色」を仕込むと立体感が出て奥行きのある目もとに
    34:下まぶたシャドウは「白系or 暖色」が使いやすい
    35:マスカラは「お湯落ちタイプ」がオススメです
    36:左右の目の大きさが違うならラインやシャドウで調整
    37:ムリに自眉を生かすより「なりたい雰囲気」で眉を変える
    38:眉は瞳を引き立たせるパーツ!「目との距離感・角度・太さ」がカギ
    39:眉は「下線」から描くと狙った距離感で描きやすい
    40: 眉の太さは下から積み重ねながら決めていく
    41:眉頭は離すとふんわり、内に入れるとキリッとする
    42: 柔らかい眉ペンなら「ふわっ」も「しっかり」もOK
    43: 眉色は「やや明るい」くらいでちょうどいい
    44:一つ持つなら固めのカラーグロス!唇のうるおいは死守
    45:リップの色は似合うかどうかより「なりたいイメージ」でチョイス
    46:「青みピンク」チークは肌に透明感を出せる色
    47:大人こそふんわり「上めチーク」で幸せリフトアップ効果
    48:メイク効果が出てないなら「濃さ」が足りていない
    49:リップを濃くするならチークは引き算
    Column クマは「しっかり保湿」か パーツメイクで目立たなくする
    オススメアイテム
    終わりに
    著者プロフィール
    スタッフリスト
    奥付

どんな顔立ちでも、ハッとするほどキレイになる 自分の顔を引き立てる本当に役立つメイクテクニック(インプレス) の商品スペック

発行年月日
2018/03/26
Cコード
0077
出版社名
インプレス
紙の本のISBN-13
9784295003267
他のインプレスの電子書籍を探す
ファイルサイズ
155.2MB
著者名
新里沙智子
著述名
著者

    インプレス どんな顔立ちでも、ハッとするほどキレイになる 自分の顔を引き立てる本当に役立つメイクテクニック(インプレス) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!