戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話(講談社) [電子書籍]
    • 戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話(講談社) [電子書籍]

    • ¥880176ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600895684

戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話(講談社) [電子書籍]

価格:¥880(税込)
ポイント:176ポイント(20%還元)(¥176相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:講談社
公開日: 2019年07月17日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

こちらの商品は電子書籍版です

戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話(講談社) の 商品概要

  • なぜ人々は戦争の歴史でいがみ合うのか。なぜ各国は戦争の歴史で争うのか――日本近代史の碩学が学生との対話を通じて「歴史」と「記憶」の意味を深く探っていく。ニューズウィーク日本版で大反響を呼んだコロンビア大学特別授業、待望の書籍化。主な内容「戦争の記憶」の語られ方/「歴史」と「記憶」の違いとは/変化する「共通の記憶」/それぞれの国で語られる「第二次世界大戦」/日系アメリカ人の物語が認知されるまで/「記憶の領域」には四つの種類が存在する/クロノポリティクス――現在が過去を変える/慰安婦問題が共通の記憶になるまで/誰が記憶に変化を起こしたか/記憶を動かす「政治的文脈」/戦争の記憶は、自国の都合のいい形につくられていく/アメリカが原爆を正当化する理由/自国の「悪い過去」にどう対処すべきか/過去と未来に対する個人の「責任」ほか
  • 目次

    はじめに 
    1    MEMORY AND HISTORY 
         「歴史」とは何か、「記憶」とは何か
    2    OPERATIONS OF MEMORY
         「戦争の記憶」はいかにして作られるのか
    3    THE COMFORT WOMEN IN PUBLIC MEMORY
         「慰安婦」の記憶
    4    THE PAST IN THE PRESENT
         歴史への責任――記憶が現在に問い掛けること
    おわりに

戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話(講談社) の商品スペック

書店分類コード Q510
Cコード 0220
出版社名 講談社
紙の本のISBN-13 9784065154304
他の講談社の電子書籍を探す
ファイルサイズ 9.0MB
著者名 キャロル・グラック
著述名 著者

    講談社 戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話(講談社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!