絵本専門ストア

お子様に読み聞かせたい絵本、お子様が喜ぶ絵本が盛りだくさん。
大人向け絵本や心があたたまる冬の絵本など豊富にご用意。 定番の絵本から話題の絵本までランキングでわかりやすくご紹介。
年齢別のおすすめ絵本・児童書

赤ちゃん向け 1~2歳向け 2~3歳向け
『いいおかお』

ふうちゃんが、いいおかお。ねこも、いぬも、まねっこして、いいおかお。ぞうさんまでやってきて…?
『たまごのえほん』

たまごから、かわいいあかちゃんがうまれるよ! 上右下の三方にひらくページをゆっくりとひらいてゆくと…。ひよこ、カタツムリ、うみがめ、ペンギン…たまごのなかから、つぎつぎとあかちゃんたちがうまれてきて…。
『できるかな?―あたまからつまさきまで』

絵本の動物といっしょに、頭や手足を動かしてみよう!すこしずつまねっこゲームをしながらくり返し続けると、ダンスがうまくなったり、スポーツ選手のようにみごとな体そうだってできるようになるよ。さあ、やってみよう。
3~4歳向け 4~5歳向け 5~6歳向け
『三びきのやぎのがらがらどん』

橋の向こう側の山で、たくさん草を食べようと考えた3匹のヤギ。小さなヤギ、中ぐらいのヤギ、大きなヤギ、みんな名前は「がらがらどん」。橋をわたっている途中に谷に住むトロル(おに)にでくわしてしまいます・・・。
『ぞうのボタン』

ぞうがいます。おなかにボタンを4つつけています。そのボタンをはずすと、中から出てきたのは……?次から次へと動物が登場する楽しい絵本。文字がないことで、逆に子どもたちの想像力が大きく広がります。
『おしいれのぼうけん』

お昼寝前に、ミニカーのとりっこでけんかをしたさとしとあきらは、先生に叱られておしいれに入れられてしまいます。そこで出会ったのは、地下の世界に住む恐ろしいねずみばあさんでした。
6~7歳向け 7~8歳向け 8~9歳向け
『おこだでませんように』

「ぼくは、いつでもおこられる。家でも学校でも…。休み時間に、友だちがなかまはずれにするからなぐったら、先生にしかられた」いつも誤解されて損ばかりしている少年が、七夕さまの短冊に書いた願いごとは…?
『おじいちゃんがおばけになったわけ』

死んじゃったはずのおじいちゃんが夜になって、エリックのところへやってきました。だけど、なんだかちょっとヘン…。大切だけど、ちいさな子には少しむずかしいことを、じいじとのユーモアたっぷりの会話から理解していくエリックの姿が心に沁みるデンマークの絵本。
『せいめいのれきし』

地球誕生から現在までの壮大な命のリレーを劇場仕立てで物語る名作絵本。

読み聞かせのポイント

■絵本の選び方
初めのうちは子供の好きな本・興味を示した本を選びましょう。年齢とともに徐々に幅を広げていけば良いでしょう。
絵本の長さは10分前後で読み終わるものが良いとされています。あまり長いと子供が途中で飽きてしまいます。もし長い絵本を選ばれたのなら、物語の転換点で止め、次の日に「つづき」にしましょう。「つづき」にすることで、好奇心が刺激され、“次回を楽しみにする”という感情が育まれます。
また、はじめは有名な絵本を選ぶと良いでしょう。ロングセラーの絵本はそれだけ多くの人に支持されているということですし、ありふれた物語も子供にとっては新鮮です。
■読み方
言葉を覚えていないうちは抑揚をつけ、ゆっくり読み聞かせてあげましょう。その時、指で絵を指しながら話すと言葉とモノが一致しやすく効果的です。言葉が話せるようになってからは、抑揚はつけず子供の想像力を引き出してあげましょう。
ページをめくる時は場面を手でさえぎらないようにし、一呼吸おいて読むことで頭の中で整理する時間を作ってあげましょう。
一番注意しなくてはならないのが、お話の途中で大人からあれこれ質問することです。子供の「集中力」や「感じる心」が妨げられてしまいます。
絵本を読み聞かせることに対して義務的になったり教育的になったりしないことです。絵本を通して子供に多くの体験をさせてあげることが大切です。子供が興味を示しても、示さなくても、子供は絵本から多くの感性を学びます。より自由に、多くの体験をさせてあげることで豊かな感情が育まれることでしょう。


話題のおすすめ絵本

『ふまんがあります』

どうして、こどもだけはやくねなくちゃいけないの?どうして、おとうとがわるいのに、わたしばっかりおこられるの?おとなにちゃんともんくをいって、ズルいのをやめてもらおう!

『ぼくのばしょなのに』

ペンギンのククーは、パパとママのおなかの下が大のお気に入り。しかし、ある日のこと、自分だけのものと思っていたとっておきの場所が、生まれてきたたまごにうばわれてしまいます。「それならば!」と、毛布にくるまってたまごに変身することを思いつくククー。はたして、その大切な場所を取り戻すことができるでしょうか。ペンギン親子のほのぼの愛情物語。

見て・さわって楽しめる おすすめしかけ絵本

『不思議の国のアリス』

“紙の魔術師”ロバート・サブダが、ルイス・キャロルの名作「不思議の国のアリス」を素晴らしいポップアップで表現しました。圧倒的なその迫力と美しさは、子どもから大人まで見るものを魅了するでしょう。ページの中にも小さなお話のページがついていて、そこでもユニークなしかけを楽しむことができます。

『地面の下には、何があるの?』

なんと、2.5メートルのなが~い絵本、世界中で大人気!地面の下にはオドロキがいっぱい!地球のまんなかまで、どんどんおりる。ワクワクする大ぼうけんに出かけよう。

心があたたまる 冬の絵本特集

BOOK

『もりのおくのおちゃかいへ』

ひみつのお茶会。わたし、おばあちゃんのいえにケーキをとどけにいくところなんです。おつかいのとちゅうでキッコちゃんがまよいこんだのは―?
BOOK

『チリとチリリゆきのひのおはなし』

初雪が降った日、チリとチリリは自転車で森へ出かけました。まっ白な森を進むと氷の扉があり、中に入るとそこには…。別世界のような雪の森での体験を描いたほっこりあたたかい物語。
BOOK

『だんろのまえで』

ゆきのふるやまのなかでまよってしまったぼく。すると、ドアのついたおおきなきがありました。やすませてもらおうとドアをあけると、そこにはだんろをかこむどうぶつたちがいて…。
BOOK

『ゆきやまたんけん』

あまがえるはペットボトルで作ったペットボトルの雪上車に乗り込み、カタツムリやテントウムシたちと雪のつもった里山へ探検に出かけました。ところが、冬の生き物たちの観察をしている途中で雪上車が動かなくなり…。
BOOK

『てぶくろ』

雪の上に落ちていた手袋にネズミが住みこみました。そこへ、カエルやウサギやキツネが次つぎやってきて、仲間入りし…。
BOOK

『黒ねこのおきゃくさま』

やせ細った黒いねこにおじいさんは食べ物を全て与えてしまいます。翌朝、ねこが去った後におこった奇跡とは……。
BOOK

『てぶくろをかいに』

いもとようこのイラストで贈る、きつねの親子と人間の心の交流を描いた名作。
BOOK

『だるまちゃんとうさぎちゃん』

ナプキンをウサギの形にする折り方、リンゴをウサギやだるまの形にする切り方など、遊びがいっぱいつまった絵本です。
BOOK

『ゆきのひの ゆうびんやさん』

風邪をひいてしまった郵便配達のうさぎさんにかわって、3匹のねずみが配達に出かけました。ところが外は大雪です。さあねずみたちの大活躍がはじまります。
大人も楽しめる絵本も豊富にご用意
『えんとつ町のプペル』

崖にかこまれ、そとの世界を知らない町がありました。町はえんとつだらけ。そこかしこから煙があがり、あたまのうえはモックモク。えんとつの町に住むひとは、くろい煙にとじこめられて、あおい空もかがやく星しりません。
あるとき、夜空をかける配達屋さんが、煙をすってせきこんで、配達中の心臓を、うっかりおとしてしまいました。ドクドクドクドクドックドク。えんとつの町のかたすみで、あの心臓が鳴っています。
視界に飛び込んでくる鮮明なイラストと約90ページの大ボリュームで絵本の常識を覆した一冊。

おすすめの大人向け絵本