あふれでたのはやさしさだった―奈良少年刑務所 絵本と詩の教室 [単行本]
    • あふれでたのはやさしさだった―奈良少年刑務所 絵本と詩の教室 [単行本]

    • ¥1,08033ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003062829

あふれでたのはやさしさだった―奈良少年刑務所 絵本と詩の教室 [単行本]

価格:¥1,080(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:西日本出版社
販売開始日:2018/12/01
ご確認事項:返品不可

あふれでたのはやさしさだった―奈良少年刑務所 絵本と詩の教室 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    赤煉瓦に導かれて(坂の上の赤煉瓦
    みんなやさしかった ほか)
    心の準備体操(はじめての授業
    絵本『おおかみのこがはしってきて』 ほか)
    詩が開いた心の扉(心の闇は虹の七色
    詩が開いた心の扉 ほか)
    困難を抱えた子どもたち(発達障害を抱えた子
    はじめて感じた「殺される側の恐怖」 ほか)
    座の力・場の力(変わらない子はいなかった
    人は人の輪のなかで育つ ほか)
  • 出版社からのコメント

    「物語の教室」を通して凶悪な犯罪を犯した少年たちが「心の鎧」を脱ぎ始める。
    奈良少年刑務所で起こった数々の奇跡…
  • 内容紹介

    奈良少年刑務所で行われていた、作家・寮美千子の「物語の教室」。
    絵本を読み、演じる。
    詩を作り、声を掛け合う。
    それだけのことで、凶悪な犯罪を犯し、世間とコミュニケーションを取れなかった少年たちが、身を守るためにつけていた「心の鎧」を脱ぎ始める。
    「空が青いから白をえらんだのです」が生まれた場所で起こった数々の奇跡を描いた、渾身のノンフィクション。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    寮 美千子(リョウ ミチコ)
    作家。1955年、東京に生まれる。毎日童話新人賞、泉鏡花文学賞を受賞。2007~16年、奈良少年刑務所において「社会性涵養プログラム」のなかの絵本と詩の教室の講師を務める
  • 著者について

    寮 美千子 (リョウ ミチコ)
    東京生まれ。
    2005年の泉鏡花文学賞受賞を機に、翌年奈良に転居。
    2007年より奈良少年刑務所で、夫の松永洋介とともに「社会性涵養プログラム」の講師として詩の教室を担当。
    その成果を『空が青いから白をえらんだのです 奈良少年刑務所』(新潮文庫)と、続編『世界はもっと美しくなる 奈良少年刑務所詩集』(ロクリン社)として上梓。
    『美しい刑務所』(西日本出版社)の編集と文を担当。

あふれでたのはやさしさだった―奈良少年刑務所 絵本と詩の教室 の商品スペック

商品仕様
出版社名:西日本出版社
著者名:寮 美千子(著)
発行年月日:2018/12/07
ISBN-10:4908443289
ISBN-13:9784908443282
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:223ページ
縦:18cm

    西日本出版社 あふれでたのはやさしさだった―奈良少年刑務所 絵本と詩の教室 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!