恐竜研究の最前線―謎はいかにして解き明かされたのか [単行本]
    • 恐竜研究の最前線―謎はいかにして解き明かされたのか [単行本]

    • ¥4,620139ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月20日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
恐竜研究の最前線―謎はいかにして解き明かされたのか [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003422486

恐竜研究の最前線―謎はいかにして解き明かされたのか [単行本]

価格:¥4,620(税込)
ポイント:139ポイント(3%還元)(¥139相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月20日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2021/06/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

恐竜研究の最前線―謎はいかにして解き明かされたのか の 商品概要

  • 目次

    【目次】

    年代層序表

    はじめに 科学的発見はいかにして生まれるか

    第1章 恐竜の起源

    第2章 系統樹の作成

    第3章 恐竜の発掘

    第4章 呼吸と脳と行動パターン

    第5章 ジュラシック・パークの世界

    第6章 胚から巨体へ

    第7章 恐竜の採餌行動

    第8章 恐竜の移動様式と歩行

    第9章 大量絶滅

    おわりに

    巻末資料
     恐竜絶滅の仮説
      1.生物学的事由 2.物理的環境の要因

    参考文献

    索引
  • 出版社からのコメント

    古生物学が博物学から科学的領域へと変貌した軌跡を目の当たりにしてきた著者が、発掘現場から博物館、研究所の舞台裏まで案内。
  • 内容紹介

    この20年ほどの新しい技術の発展により、色、咬合力、走る速度や子育ての様子など、化石に隠された謎が思いがけない方法で明らかにされた。著者は古生物学が博物学からコンピューターや最新の技術を用いた科学的領域へと変貌した軌跡を目の当たりにしてきた。そんなベントンが通説を振り返り、自身の研究・経験をもとに、最新の発見と証拠を示し、読者を研究の最前線である発掘現場から博物館、研究所の舞台裏まで案内する。

    真鍋 真 氏(国立科学博物館)推薦
    「単なる想像から科学的仮説へ。近年の恐竜学の驚きの進歩を実感しよう!」

    図書館選書
    新しい技術の発展により化石に隠された謎が明らかにされてきた。古生物学が博物学から科学的領域へと変貌した軌跡を目の当たりにしてきた著者が、通説を振り返り、自身の経験をもとに発掘現場から研究所の舞台裏まで案内する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ベントン,マイケル・J.(ベントン,マイケルJ./Benton,Michael J.)
    ブリストル大学古脊椎動物学教授、同大学古生物研究所所長。同研究所はCWUR世界大学ランキング古生物学研究団体部門1位に選出された

    久保田 克博(クボタ カツヒロ)
    1979年群馬県生まれ。2002年筑波大学第一学群自然学類卒業。2008年筑波大学大学院生命環境科学研究科修了。博士号取得。現在、兵庫県立人と自然の博物館研究員。小型獣脚類恐竜を中心に、恐竜の記載や系統関係について研究している

    千葉 謙太郎(チバ ケンタロウ)
    1985年札幌市生まれ。2008年東北大学理学部卒業。2011年北海道大学理学院修士課程修了。2018年トロント大学生態学進化生物学科修了。博士号取得。現在、岡山理科大学生物地球学部助教。ケラトプス類恐竜の分類と進化、および、骨の内部構造に基づいて古生物の生理・生態の研究をしている

    田中 康平(タナカ コウヘイ)
    1985年名古屋市生まれ。2008年北海道大学理学部卒業。2017年カルガリー大学地球科学科修了。Ph.D。日本学術振興会特別研究員(名古屋大学博物館)を経て、筑波大学生命環境系助教。恐竜の繁殖行動や子育ての研究を中心に、恐竜の進化や生態を研究している

    喜多 直子(キタ ナオコ)
    和歌山県生まれ。京都外国語大学卒業後、英会話講師、企業内通訳などを経て翻訳者に
  • 著者について

    マイケル・J・ベントン (マイケル J ベントン)
    マイケル・J・ベントン
    ブリストル大学古脊椎動物学教授、同大学古生物研究所所長。同研究所はCWUR世界大学ランキング古生物学研究団体部門1位に選出された。古生物学の権威ある教科書や、『When Life Nearly Died』(Thames & Hudson、2015年)、『生命の歴史――進化と絶滅の40億年』(鈴木寿志・岸田拓士訳、丸善出版、2013年)、『進化地図』(小畠郁生監修、池田比佐子訳、河出書房新社、2011年)など、著書は50冊以上にのぼる。恐竜化石の解説でメディア出演も多数。

    久保田 克博 (クボタ カツヒロ)
    久保田克博(くぼた・かつひろ)
    1979年群馬県生まれ。2002年筑波大学第一学群自然学類卒業。2008年筑波大学大学院生命環境科学研究科修了。博士号取得。現在、兵庫県立人と自然の博物館研究員。小型獣脚類恐竜を中心に、恐竜の記載や系統関係について研究している。主な著書に『BCキッズはじめてのきょうりゅうずかん英語つき』(監修、2017年、講談社)、『恐竜えほんティラノサウルス』(監修、2017年、金の星社)、『恐竜の教科書』(共監訳、2019年、創元社)などがある。

    千葉 謙太郎 (チバ ケンタロウ)
    千葉謙太郎(ちば・けんたろう)
    1985年札幌市生まれ。2008年東北大学理学部卒業。2011年北海道大学理学院修士課程修了。2018年トロント大学生態学進化生物学科修了。博士号取得。現在、岡山理科大学生物地球学部助教。ケラトプス類恐竜の分類と進化、および、骨の内部構造に基づいて古生物の生理・生態の研究をしている。主な著書に『恐竜の教科書』(共監訳、2019年、創元社)がある。

    田中 康平 (タナカ コウヘイ)
    田中康平(たなか・こうへい)
    1985年名古屋市生まれ。2008年北海道大学理学部卒業。2017年カルガリー大学地球科学科修了。Ph.D。日本学術振興会特別研究員(名古屋大学博物館)を経て、現在、筑波大学生命環境系助教。恐竜の繁殖行動や子育ての研究を中心に、恐竜の進化や生態を研究している。恐竜の卵化石を探して、世界中を飛び回る。主な著書に『まどあけずかん きょうりゅう』(共監修、2019年、小学館)、『恐竜の教科書』(共監訳、2019年、創元社)、『恐竜と古代の生き物図鑑』(監訳、2020年、創元社)、『いまさら恐竜入門』(監修、2020年、西東社)、『アメリカ自然史博物館 恐竜大図鑑』(監訳、2021年、化学同人)などがある。NHKラジオ「子ども科学電話相談」の回答者としても活躍中。

    喜多 直子 (キタ ナオコ)
    喜多直子(きた・なおこ)
    和歌山県生まれ。京都外国語大学卒業後、英会話講師、企業内通訳などを経て翻訳者に。訳書に『未来を変えるロボット図鑑』『恐竜と古代の生き物図鑑』『あの恐竜どこにいた? 地図で見る恐竜のくらし図鑑』(創元社)、『サファリ』『ダイナソー』(大日本絵画)、『名画のなかの猫』『ファット・キャット・アート』(エクスナレッジ)、『まぎらわしい現実の大図鑑』(東京書籍)、『アレックス・ファーガソン 人を動かす』(日本文芸社)、『レアル・マドリードの流儀』(東邦出版)などがある。

恐竜研究の最前線―謎はいかにして解き明かされたのか の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:マイケル・J. ベントン(著)/久保田 克博(監訳)/千葉 謙太郎(監訳)/田中 康平(監訳)/喜多 直子(訳)
発行年月日:2021/06/20
ISBN-10:4422430408
ISBN-13:9784422430409
判型:A5
発売社名:創元社
対象:教養
発行形態:単行本
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:335ページ
縦:22cm
横:15cm
厚さ:3cm
重量:655g
その他: 原書名: The Dinosaurs Rediscovered〈Benton,Michael J.〉
他の創元社の書籍を探す

    創元社 恐竜研究の最前線―謎はいかにして解き明かされたのか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!