実話奇彩 怪談散華(竹書房怪談文庫) [文庫]
    • 実話奇彩 怪談散華(竹書房怪談文庫) [文庫]

    • ¥74823ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年11月30日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
実話奇彩 怪談散華(竹書房怪談文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003578010

実話奇彩 怪談散華(竹書房怪談文庫) [文庫]

価格:¥748(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年11月30日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2022/08/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

実話奇彩 怪談散華(竹書房怪談文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    駅で発券中に感じた強烈な視線。視線の主は旅行先で待っているはずの…「件の剥製」、便座で突如感じた肛門の違和感。見るとオレンジ色の毛束が刺さっていて…「オレンジの髪」、初恋の彼氏を事故で亡くしたホステス。店の同僚も目撃した怪現象とは…「散らない華」、飛び降り自殺が出たマンション。そこから始まる不気味な死の連鎖…「ギリギリ」、親戚中が同時に見た亡き祖母の夢。握手をするように手を差し伸べてくるのだが…「厭な話 二編」、空襲で多くの犠牲が出た地域に立つ病院。深夜に出る黒い看護師の正体は…「黒看・赤看」ほか、異色トリオが綴る禍々しくも神々しい極彩色の恐怖譚!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    ちょきん(高田公太)
    件の剥製(蛙坂須美)
    夜蜘蛛(蛙坂須美)
    安アパートの怪人達(高田公太)
    ここに決めた(卯ちり)
    先住者 二編(蛙坂須美)
    眩暈(高田公太)
    「ファ」の日(卯ちり)
    ハミング(卯ちり)
    オレンジの髪(卯ちり)〔ほか〕
  • 出版社からのコメント

    地元青森から個性的な実話怪談を紡ぐ高田公太、語って綴れる鬼才・卯ちり、取材力で頭角を現す新星・蛙坂須美の3人が放つ奇怪実話!
  • 内容紹介

    「目が合ったんです。飛び降りる前の男と…」
    一〇〇九室の前で起きた投身自殺。
    死の連鎖はその後、意外な法則で――
    「ギリギリ」より


    異色トリオの最凶化学反応。
    百花繚乱の実話怪談!


    駅で発券中に感じた強烈な視線。視線の主は旅行先で待っているはずの…「件の剥製」
    便座で突如感じた肛門の違和感。見るとオレンジ色の毛束が刺さっていて…「オレンジの髪」
    ショッピングセンターで見た犬の死体。その後、見えない何かの気配が近くに…「犬の死骸」
    一人暮らしの家で起きた冷蔵庫荒らし。ビデオカメラに映っていたのは謎の大蛇…「密室」
    初恋の彼氏を事故で亡くしたホステス。店の同僚も目撃した怪現象とは…「散らない華」
    飛び降り自殺が出たマンション。そこから始まる不気味な死の連鎖…「ギリギリ」
    親戚中が同時に見た亡き祖母の夢。握手をするように手を差し伸べてくるのだが…「厭な話 二編」
    空襲で多くの犠牲者が出た地域に立つ病院。深夜に出る黒い看護師の正体は…「黒看・赤看」

    ほか、異色トリオが綴る禍々しくも神々しい極彩色の恐怖譚!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    高田 公太(タカダ コウタ)
    青森県弘前市出身。実話怪談「恐怖箱」シリーズの執筆メンバーで、元・新聞記者

    卯ちり(ウチリ)
    秋田県出身。2019年より実話怪談の蒐集を開始し、執筆と怪談語りの双方で活動

    蛙坂 須美(アサカ スミ)
    Webを中心に実話怪談を発表し続け、共著作『瞬殺怪談鬼幽』でデビュー。国内外の文学に精通し、文芸誌への寄稿など枠にとらわれない活動を展開している
  • 著者について

    高田 公太 (タカダ コウタ)
    高田公太 Kota Takada
    青森県弘前市出身・在住。実話怪談「恐怖箱」シリーズの執筆メンバーで、元・新聞記者。
    主な著作に『恐怖箱 青森乃怪』『恐怖箱 怪談恐山』、共著に『煙鳥怪奇録 机と海』『青森怪談 弘前乃怪』『東北巡霊 怪の細道』「奥羽怪談」シリーズなど。

    卯ちり (ウチリ)
    卯ちり Uchiri
    秋田県出身。2019年より実話怪談の蒐集を開始し、執筆と怪談語りの双方で活動。共著に『奥羽怪談 鬼多國ノ怪』『呪術怪談』、出演に『怪談のシーハナ聞かせてよ。第弐章』『圓山町怪談倶楽部』等。

    蛙坂 須美 (アサカ スミ)
    蛙坂須美 Sumi Asaka
    Webを中心に実話怪談を発表し続け、共著作『瞬殺怪談 鬼幽』でデビュー。国内外の文学に精通し、文芸誌への寄稿など枠にとらわれない活動を展開している。

実話奇彩 怪談散華(竹書房怪談文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:高田 公太(著)/卯ちり(著)/蛙坂 須美(著)
発行年月日:2022/09/05
ISBN-10:4801932363
ISBN-13:9784801932364
判型:文庫
発売社名:竹書房
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:224ページ
縦:15cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:135g
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 実話奇彩 怪談散華(竹書房怪談文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!