炊飯器の選び方

種類や価格、サイズが多種多様な炊飯器。毎日食べるご飯だからこそ、納得の1台を選びたいものです。
「炊飯方式の違い」や「機能・内釜の違い」「どのサイズにするか」など、炊飯器選びのポイントはこちらでチェック!
人気アイテムはランキング形式で公開中です。
炊飯器の選び方

炊飯方式(沸騰のさせ方・お米への熱のかけ方)が違うと、炊き上がったご飯の味や食感にも違いが出ます。それぞれの炊飯方式に特性や利点がありますので、おさえておきたいポイントです。
マイコン炊飯器 IH炊飯器 圧力IH炊飯器 ガス炊飯器
炊飯器底面に配置された電気ヒーターの熱で内釜を加熱し、炊飯します。
火力はIH式・ガス式に比べると劣りますが、予算を抑えて炊飯器を購入できるというメリットがあります。
IH(電磁誘導加熱)により内釜自体を直接発熱させ、炊飯します。多方向から高火力の熱が伝導するため、マイコン式に比べて炊きムラが少ないのが魅力。しゃっきりした食感に炊きあがります。
IH方式の加熱+内釜へ圧力を掛けながら炊飯します。圧力が掛かると水の沸点が上がり、お米の芯まで水分と熱が伝わります。調理時間は比較的短時間。ふっくらモチモチした食感に炊きあがります。
強火力の直火でお釜全体を加熱し、炊飯します。ご家庭のガスの種類(都市ガス用プロパンガス用)によって選ぶ機種が変わります。
かまどで炊いたご飯に近い美味しさが魅力です。



加熱方式の次に重要なのは「内釜」。金属や陶器、炭など様々な素材が使われています。
熱伝導率や蓄熱性・熱効果の高い素材を求めて研究する メーカー各社の工夫があらわれるポイントです。
マイコン炊飯器・ガス炊飯器は内釜自体を発熱させる仕組みではないため、一般的には熱伝導率を重視したアルミ素材が広く使用されています。
土鍋釜 鉄釜 銅釜 炭釜 ダイヤモンド釜
特長:蓄熱性が高い
   遠赤外線効果
熱の伝わりが緩やかなため、蒸らし効果に優れています。
おこげが薄くできます。陶器のため、衝撃に注意が必要。
特長:発熱効率が高い

加熱ムラ・炊きムラがおきにくい安定した材質です。
他の素材の内釜に比べ、やや重くなります。
特長:熱伝導率が高い

優れた熱伝導力を持った銅の効果で釜全体が素早く均一に加熱されます。他の材質と混合したり多層化させています。
特長:熱伝導率が高い
   遠赤外線効果
短時間に内釜全体が一気に発熱。遠赤効果でお米の芯まで加熱されます。
炭の純度が高い内釜は衝撃に注意が必要。
特長:熱伝導率が高い
   対流を起こす
炭素から出来ているダイヤモンドをコーティングに施した内釜は、激しい熱対流と大火力を生み出します。

人気のメーカーから選ぶ


家族構成や食べる量に合った大きさの炊飯器を選ぶことで、炊きあがりの美味しさはもとより、余分な消費電力を抑える事にも繋がります。お弁当を作る場合や、まとめ炊き・冷凍をする場合などをイメージして選びましょう。
※お米1合=ご飯茶碗約2膳分です。