自由研究に役立つ本特集

夏休みの自由研究で使えるアイディアが盛りだくさん。
科学の実験や生物の観察、工作から自由研究の書き方まで。
小学生、中学生、さらに親子で一緒に取り組む方にもおすすめの本をご用意しております。



子どもに頼られるお父さんが頼る本

研究するテーマを決める、とっておきの方法。子どもでもわかる百科事典の使いかた、図書館の利用のしかた、インターネットをやるときの注意、レポートの書きかたの手順…etc.。自分の頭で考えて、自分でものごとに対処できるようになるための画期的なガイドブックです。
ただ手伝うのではなくお子様と一緒に考え、答えを見つけることで、子どもの“考えるチカラ”が育ちます。

▼ 科学の自由研究 ▼

おすすめ!

身の回りの「なんで?」がわかる「ふしぎの図鑑」

生きものや自然、からだ、食べもの、生活まで。身のまわりにあふれるさまざまな「ふしぎ」にこたえます。ひとつのふしぎから、発展的な学習へと導きます。
楽しみながら、「ふしぎ」のタネを親子で育てる新発想の図鑑です。
疑問に思ったことを突き詰めていけば、それは立派な“研究”です。あとは自分が感じた疑問とその答えををみんなに伝えられるようにまとめてあげれば自由研究の完成です。

▼ 社会の自由研究 ▼

おすすめ!

日本の行事や民芸を知る「かこさとしこどもの行事しぜんと生活」シリーズ

全国で数多く伝えられている「ならわし」や「祭り」を中心に、バレンタインやクリスマスなど西洋から入ってきた行事も紹介。また、日本の自然や日本人の生活、歴史もあわせて紹介します。日本の子どもたちが出会う、さまざまな行事やならわしの、はじまりやわけが、この本でわかるように、やさしくかきました。
実験や工作も面白いですが、社会や文化を調べることも新しい発見があります。

自由研究をしてみたい大人のための「大人の科学マガジン」

「お盆など夏の長期休暇を利用して何かしてみたい」「子どもの自由研究を手伝っていたら自分も何か作ってみたくなった」といった大人向けの電子工作マガジンです。自身で組み立てるキットが付属しており、内容も蓄音機やピンホール式プラネタリウムなど大人の心にグっと刺さるものばかりです。
今年の夏は“大人の自由研究”に挑戦してみてはいかがでしょうか。もちろんお子様と一緒に作っても楽しめます。