ベストな状態で味わうための「生珈琲」コンセプト

ベストな状態で味わうための「生珈琲」コンセプト

珈琲なのに生!? たんに1人の珈琲好きだったマスターが、「もっと美味しく飲むためにはどうしたらよいのだろう?」とひたすら追求し行き着いた答えが、ともかく「新鮮な珈琲」を飲むことでした。いかに新鮮な珈琲を飲んでいただくことができるか。設備や技術、お届けするまでのプロセスなど、たまじ珈琲の全てはこの1点に集約されています。お客様それぞれの好みに合わせたベストな豆と焙煎、そして最も新鮮にお届けする、それが「生珈琲」コンセプトです。
ベストな状態で味わうための「生珈琲」コンセプト
豆バナー
ポイント(1)  オーダーごとに焙煎する新鮮な「生珈琲」

ポイント(1) オーダーごとに焙煎する新鮮な「生珈琲」

お客さまのお好みにあわせて、オーダーごとにその都度焙煎します。お客さまのお好みや、オーダーの履歴はすべて手書きのカルテに保存されています(いろいろ試しましたが手書きが一番なのです)。右の写真は、生豆のピックアップから焙煎、ご指定の仕上げ(豆・挽き・ドリップ)までの作業に付いてまわる小カルテです。

珈琲豆は生ものです。季節はもとより、気温・気圧などによって、焙煎の具合は同じ設定でも変化します。また入荷した生豆の状態でも仕上がりは左右されます。したがって同じ焙煎度合いでも、状況に応じて焙煎時間などを微妙にコントロールし、お客さまのお好みにアジャストします。

豆バナー
ポイント(2)

ポイント(2) 「生珈琲」コンセプトを支えるために、日本に数台しか導入されていないベストな焙煎機を使用しています。

お客さまのオーダー内容に応じて細やかに対応し、かつ、新鮮な珈琲豆をお届けするとなれば、オーダーごとに少量焙煎することが望ましいといえます。酸化が珈琲豆にとって一番厄介な問題です。酸化は珈琲豆が本来持つ身体に良い成分を失わせ、味わいもエグみのあるものに狂わせてしまいます。まずオーダーごとに少量で焙煎できることが大切なのですが、珈琲豆を均一かつふっくらと焼き上げ、その旨味を豆の中に閉じ込められるのが、たまじ珈琲で使用している日本で数台しか導入されていない焙煎機の特長です。この焙煎機が持つ力をベースに、焙煎時の風圧や温度の微調整など、数限りないトライアンドエラーの結果、当店にしか出せないクリアな味わいを実現しました。

ポイント(2)
ポイント(2)

窯に使用している鉄板が大変厚く、圧力や温度が安定しやすいことが特長としてあげられますが、何よりも焙煎後に、一気に豆を急速冷却を行えるのがこの焙煎機の素晴らしいところです。芯までふっくらと均一に焼き上げる窯と、この急速冷却の仕組みで、珈琲豆が持つ旨味をぎゅっと閉じ込めることができるのです。飲みきれる少量を焙煎するための焙煎機としては最高峰のものだと考えられます。

豆バナー
ポイント(3)

ポイント(3) 世界各国から生豆厳選調達

世界各国からその年に収穫された最高グレードの新豆を厳選して使用しています。 他では手に入らないプレミアム豆や、オーガニック、フェアトレード、デカフェなどのこだわり豆も扱っています。

豆バナー
ポイント(4)

ポイント(4) 手間暇を掛けて美味しさを追求

味を狂わす欠点豆を、入荷時、焙煎前、焙煎後の三度にわたって、一粒一粒を手作業でハンドピックしています。 手間がかかる作業を繰り返し行うことで、たまじ珈琲ならではのスッキリとした後味が生まれます。