レインウェアの選び方特集

登山やハイキングの必携装備であるレインウェアの選び方や、おすすめ商品をご紹介いたします。
「レインウェア」の商品を全て見る
ノースフェイス、ヘリーハンセンレインウェアポイントアップ

ザ・ノース・フェイス、ヘリーハンセン対象のレインウェアが2024年2月25日(日)までヨドバシゴールドポイント13%還元!

レインウェアの役割

レインウェアの役割

登山やハイキングなどの山歩きにおいて、レインウェア(レインジャケット・レインパンツ)は必携装備の一つです。

雨の日に山歩きをするなら体を濡らさないためにもレインウェアを着たまま活動しますし、たとえ出発時は晴れていても、山の中では急に天気が悪化することもあります。

また、荷物を厳選する必要がある登山においてはレインウェアは防寒着としての一面も持ち合わせており(特にレインジャケット)、風が強い稜線や標高の高い山頂など、天気に関わらず「思ったより寒い」という状況下で着用することで体温の低下を防ぎ、体力の消耗を抑えることができます。

このように、「雨でも晴れでも、安全に活動し続けるため活躍する」というのが山歩きにおけるレインウェアの特徴で、必携装備たる所以と言えるでしょう。

レインウェアの選び方

レインウェアの選び方

雨の日はレインウェアを着たまま活動(運動)するので「外からの雨で体が濡れないこと」「体から出る汗(水蒸気)で内部から蒸れないこと」この両方に対処する必要があります。
そのため、アウトドアブランドのレインウエアは「防水透湿素材(雨を防ぎながら蒸れを逃がす素材)」を使用しながら、体の動きを妨げない着心地を実現した高機能なものとなっています。

山歩きを成功させる秘訣は、いかなる状況下でも体力の消耗をなるべく抑えることです。そのためにも山での着用を想定し、雨でも快適に活動できるアウトドアブランドのレインウエアがやはりおすすめです。

以下に山歩きで着用するレインウェア選びでチェックしたい要素を簡単にまとめましたので参考にしてみて下さい。

防水性
外からの雨や水滴で体を濡らさないこと。本格的な登山では耐水圧20,000mm以上が推奨されます。
透湿性
着用したまま活動するので、体から出る汗の水蒸気を外側に放出して、体をドライに保つ必要があります。
携帯性
着用しない時はザックの中に入れて持ち歩くため、嵩張らずコンパクトになるものが必要となります。
軽さ
着用したまま動き続ける以上は、重量が軽い方が体への負担は少ないと言えます。
耐久性
木や岩など様々な障害物と接触する可能性がある山の中では、生地の耐久性も求められます。
着心地
脚を上げたり、横方向にも移動したりと山では不規則な動きが多いので、動きやすさ(ストレッチ性)も大切です。

実際にレインウェアを選ぶ時は、上記に挙げた要素に価格を含め「どの要素を重視するか」を考えてみましょう。

例えば、夏の暑い時期に登ることが多いのであれば「透湿性」に優れたモデルが蒸れにくくて快適ですし、ULハイクなど軽量化に拘るのならば生地が薄目で「軽量」「コンパクト」なモデルを、ハイキングや低山登山が中心であれば、機能性は程々で「コストパフォーマンス」に優れた上下セットなどなど――。

防水透湿素材一つとっても、代表格である「ゴアテックス」以外にも各社独自の素材を開発したりとレインウェアも年々多様化してきています。
防水性という点では各社そこまで大差はないですが、それ以外の機能(プラスα)にも注目しながら商品を選べば、より快適な山歩きが実現できるでしょう。

おすすめレインウェアピックアップ

高い防水透湿性と快適な着心地を両立した高透湿防水ジャケット。独自に開発された7ミクロンの極薄メンブレン“ドライエッジ TM ティフォン”は、登山向けとしても十分に高い耐水圧(20,000mm)と、50,000g/m2/24hという最高度の透湿性を両立し、あらゆる天候で衣服内を常にドライに保ちます。

<仕様・特徴>

  • ・品番:DRYEDGE TYPHON 50000 3L KNITTED BACK ナイロン100%
  • ・重量:M's304g/W's262g
  • ・動きやすさを追求したエルゴノミックフィット
  • ・ベンチレーションを兼ねたジップポケット
  • ・サイズ調整可能な立体裁断フード
  • ・調整可能な裾

▶メンズラインアップはこちら

▶レディースラインアップはこちら

登山に必要とされる耐水圧(20,000mm)と耐久撥水加工によって、激しい降雨の際にも身体を濡れから守ります。また50,000g/m2/24hという高い透湿性と裏地のしなやかな15Dニット素材によって、天候に関わらず衣服内を常に快適に保ちます。 スムーズな足上げを可能にする立体裁断と適度なストレッチ性を備えているため、足上げ時の余分なツッパリ感を軽減し、動きやすさも抜群です。

<仕様・特徴>

  • ・素材:DRYEDGE TYPHON 50000 3L KNITTED BACK ナイロン100%
  • ・重量:M's228g/W's194g
  • ・運動性に優れた立体裁断
  • ・サイドポケット
  • ・長めのサイドオープニングジップ
  • ・コンパクトに収納可能なポケッタブル仕様

▶メンズラインアップはこちら

▶レディースラインアップはこちら

Mens

エムジャケット ゴアテックス3層

持続的な透湿性、耐久防水性と高い防風性を備えたGORE-TEX Performanceテクノロジーを使用したシェルジャケット。
▶この商品のラインアップはこちら

Mens

クラウドジャケット

GORE-TEX Paclite2.5層構造を採用した、軽さと強さを併せ持つ防水シェルジャケット。
▶この商品のラインアップはこちら
▶レインパンツはこちら

Mens

エンジョイマウンテンライフジャケット

日本の登山における基本スペックを備えた、3層構造(3レイヤー)のジャケット。生地には防水透湿機能「オムニテック」を搭載。
▶この商品のラインアップはこちら
▶レインパンツはこちら

Ladies

W レインストレックジャケット

Foxfireオリジナル透湿防水素材エアロポーラスFWによるレインジャケット。仕様や部材にこだわることで軽量化を実現。
▶この商品のラインアップはこちら

Ladies

クライムライトジャケット

GORE-TEX PRODUCTS 3層素材を採用した定番の防水シェル。透湿性や軽さと強度のバランスを追求しています。
▶この商品のラインアップはこちら
▶レインパンツはこちら

Mens

クライメイトレインスーツ アジアンフィット メン

さまざまな天候に対応できるレインスーツ。適度なゆとりながらもすっきりとしたシルエットで動きやすく、アクティブに行動できます。
▶この商品のラインアップはこちら
▶レディースモデルはこちら

Unisex

ヘリーレインスーツ

防水ジャケットとパンツがセットになったレインスーツ。エントリーモデルながら、アウトドアの防水ウエアに求められる機能性を十分備えています。
▶この商品のラインアップはこちら

Kids

レインテックス ユリイカ

ジャケットとパンツがセットになった、初めてアウトドアを楽しむ子供たちのための防水アウター。
▶この商品のラインアップはこちら

高機能なアウトドアブランドのレインウェアは、通勤・通学などの普段使いにもおすすめ。

防水透湿素材のお陰で暑い時期でも比較的蒸れにくく、動きやすさ(ストレッチ性)や収納性にも優れている事もあって、雨の日の通勤・通学が苦ではなくなります。
またデザイン性に優れたモデルも多いので、スマートな印象を与えるのも魅力の一つです。

レインウェアをカテゴリから探す

レインウェアをブランドから探す

レインウェアのお手入れ方法

レインウェアのお手入れ方法

レインウェアは着用したら毎回洗濯するのがおすすめです。一見汚れていないように見えても、汗や皮脂汚れなど見えない汚れが付着しています。

①.まずは洗濯表示を確認しましょう。適切な方法で洗濯する事で生地の劣化を防ぎます。

②.洗濯機で洗える場合は、ジッパーやベルクロを全て閉めて洗濯ネットに入れて洗濯します。洗剤はアウトドア専用洗剤か中性洗剤を使います(粉末洗剤や柔軟剤、漂白剤は使用不可)洗剤を生地に残留させないためすすぎの回数を多めに設定して、脱水は原則行いません。

③.しっかりと乾燥させます。自然乾燥なら風通しの良い陰干しで、乾燥機が使えるものなら水気をある程度切った後に使うのもOKです。

④.生地表面の撥水性を回復させるため、熱処理を施します。乾燥機もしくは、あて布をして低温でアイロンがけをします。どちらでやるにしても温度設定ややりすぎには注意です。生地表面の撥水性が落ちてきたと感じたなら適宜撥水剤を使用しましょう(洗濯→撥水剤→熱処理の順です)

⑤.保管はハンガーに吊るして直射日光、高温多湿を避けた屋内で保管します。付属の収納袋に入れたままや、折り畳んだ状態での保管はおすすめしません。

おすすめメンテナンス用品ピックアップ

オールウォッシュ

高機能なアウトドアウエアを、長く快適に着続けるために。機能にこだわるfinetrackが、独自処方で開発した洗濯洗剤です。
▶ご注文はこちらから

ツインパック

人気のテックウォッシュ(洗剤)とTX.ダイレクトWASH-IN(撥水剤)のセットパックです。
▶ご注文はこちらから

2イン1 ウォッシュ&リペル

洗濯機に直接投入するタイプの水性クリーナー&撥水剤です。洗浄と同時に、撥水性を失った生地に撥水加工を施します。
▶ご注文はこちらから

ハイテクプルーフ ハンドスプレー

高性能繊維の特徴である透湿性を妨げず、水分や油、泥汚れなどから強力にガードする撥水スプレー。高性能繊維メーカー各社認証取得済み。
▶ご注文はこちらから

レインウェアの豆知識

レインウェアに纏わる豆知識や気になる疑問点を解説いたします。

  • レインジャケットは雨が降っていなくても防風・防寒着として着用する機会があるのに対して、レインパンツは雨の日以外はそこまで使用頻度が高くないので、ザックへのパッキング時は別々の収納袋に入れて、ジャケットはすぐ取り出せる位置にパッキングしておくと使い勝手が良くなります。
  • 春や秋などは防寒着(フリースやインナーダウン)を重ね着した上から着用することも考慮すると、サイズ選びで迷ったらやや大きめのサイズを選んでおいた方が無難です。ただし、あまりに大きすぎると動きにくくなりますし、同じサイズ表記でも各メーカーによって若干サイズ感が異なる場合がありますので、石井スポーツ各店で実際に試着してみるのもおすすめです。
  • 山行途中にレインパンツを履く場合、登山靴を履いたままだと靴が引っ掛かってしまい履くのに手こずる場合があります。そういう時はまず靴にビニール袋やレジ袋を被せてから足を入れるとスムーズに履くことが出来ますし、靴の泥汚れもレインウェアに付着しにくくなります。
  • 雨の日は登山用のスパッツ(ゲイター)を併用するという方もいらっしゃると思いますが、レインウエアの内外どちらに装着するかで役割が変わってきます。靴内部への雨水の侵入防止が目的であれば、レインパンツの内側に装着します。レインパンツの保護や汚れ防止目的ならレインパンツの外側に装着します。
  • 水を通さない「防水性」と蒸れ(水蒸気)を放出する「透湿性」を兼ね備えた素材の事で、アウトドアブランドのレインウェアにはまず使われています。例えばコンビニ等で売っているビニールのカッパは防水性はありますが、透湿性が低いため動いて汗をかいたら蒸れてしまい結局体がビショビショになってしまうので登山には不向きとなります。
  • アウトドアシューズやレインウェアに多く採用されている、防水透湿素材の代表格と言える素材です。どの製品もゴアテックスを使用する場合はゴア社の厳しい品質検査をクリアする必要があり、長年アウトドアで使われてきた実績から厳しい環境下でも信頼性が高く、メンテナンスを怠らなければ長持ちしやすいのも特徴です。ゴアテックスにも環境により使い分けが出来るよういくつか種類が存在します。
  • ゴアテックス以外にも、各社独自開発の防水透湿素材をレインウェアに採用しています。その性能は年々進化していて、ミレーの「TYPHON」やノースフェイスの「FUTURELIGHT」など、透湿性や着心地をより向上させたものなど独自性がありますのでぜひチェックしてみて下さい。
  • レインウェアのスペックで「2層(2レイヤー)」や「3層(3レイヤー)」といった文言を目にすると思いますが、これはレインウェアの構造の違いを指しています。3層は表地と裏地で防水透湿素材を挟み込んでいるもので、耐久性が高く裏地のお陰で肌触りが良いです。2層は裏地が無いので軽量・コンパクトですが汗離れはやや3層に劣ります。裏地の代わりにコーティングを施して互いの良さを兼ね備えた2.5層もあります。
  • ジャケット1着100g台など、軽さを追求した超軽量モデルは収納もコンパクトなので、ザックの容量が小さ目のULハイカーやトレイルランナーに重宝されます。一般登山でも雨蓋とかに忍ばせておけば気軽に着用できるので便利です。一方で生地が薄いので寒い時期や強風時の稜線などでは寒さや風を感じやすい場合がありますし、生地の破れにも注意が必要な点は押さえておきましょう。
  • ウインドブレーカーは表面に撥水処理がされている事が多いので多少の雨なら弾いてくれますが、レインウェアのように防水素材を使用しているわけではないので、本降りの雨に打たれたら内部に水が浸入してしまいます。晴れの日に街中に近い散策路や里山ハイクを楽しむならともかく、それ以外の登山では必ずレインウェアを持参しましょう。
  • レインポンチョは被るだけで着用できる手軽や、ザックごとすっぽり覆える便利さがあって、登山道が整備された低山ハイクや散策・フェスなどで活躍します。一方で、ポンチョが風であおられて周囲の障害物に引っ掛かる可能性や膝下はカバーできないなどデメリットもありますので、登り下りが多い山や稜線に出るような登山ではセパレートタイプを必ず用意しましょう。