桜写真の撮り方

桜の写真をきれいに撮るコツと、おすすめアイテムをご紹介。桜の見ごろはあっという間ですが、咲き始めから満開を経て散り際に至るまで、さまざまな姿を見せてくれます。
春の訪れを知らせる日本の美しい風景を写真に収めてみましょう。
DHGスーパーC-PL
▼桜の撮影に出掛けましょう

■桜をキレイに写すコツ その1

●露出補正を活用する

花の色を再現するには、露出のコントロールが非常に重要です。
カメラの自動露出は画面全体の明暗のバランスから適正露出を決定するので、画面が全体的に白っぽい部分が多い場合は暗く、黒っぽい部分が多い場合は明るめに写す傾向があります。
そのため、桜のような淡い色の被写体や青空などは、目で見るよりも暗く写ってしまいます。
イメージ通りの明るさで桜を撮影するためには、デジタルカメラに標準で搭載されている露出補正機能を使用します。
空や背景の明るさなどにもよりますが、目安として、露出を+2/3~+1.0EV程度補正すると、暗さやくすみが改善できます。

[AEブラケティング]

露出補正なしと補正した画像を、自動的に撮影してくれる機能です。標準となる露出を軸に±0.3・±0.6といった具合に、幅を設定して3枚連続撮影します。
カメラの液晶モニターでは最良の明るさで撮影できているか確認するのが難しい場合もあるため、AEブラケティングを使用して予め同じ構図を異なる明るさで撮影しておけば、パソコンなどの大きい画面で自分の意図したイメージに近い写真を選択できます。


露出補正なし

露出補正後

露出補正なし

露出補正後

●ホワイトバランスで鮮やかに見せる

天候や時間帯で光源の色は変わり、桜のような淡い色の花などはその影響を大きく受けてしまいます。
目で見たままの色合いがカメラのオートホワイトバランスで出せない時には、ホワイトバランスのセッティングを変更することで対応できます。
例えば、写真が青っぽくなってしまう場合は「曇り」「日陰」、逆に夕方など赤みが強くなりすぎる場合は「蛍光灯」などに変更することで、本来の色に近づけることができます。
逆に極端なホワイトバランスにすることで、個性的な写真を演出することも可能です。


不自然な色カブリを取り除く

温かみのある色合いを強調する

夜桜は光源となる照明や月明りの色で表情が変わります

露出とホワイトバランスの組み合わせで独特の雰囲気を出すこともできます

■桜をキレイに写すコツ その2

●撮影に適した時期は

桜はつぼみから咲きはじめは色が濃く、満開に近づくにしたがって薄くなっていきます。
印象的な桜の色を表現するには、五分咲きから満開までのタイミングを狙うのが良いと言われています。

撮影する時間帯は午前中が最適です。日が高くなる昼近くは、花に強い影を落としてしまうためです。
また、人の往来も昼ごろにはだいぶ増えることもあり、ベストな位置取りを考えながらじっくり撮影するなら、7~10時までの時間帯がおすすめです。

●基本は順光で

桜を撮影する時の基本の立ち位置は、太陽を背にして順光で撮影できる位置。
ただし、順光は平坦な絵になりがちなので、斜め後ろから光が当たって、少し影ができるようにすると、立体感のある写真になります。

逆光での撮影は難しく、桜の色がきれいに出るまで露出を上げると、花びらの白い部分や空は完全に白飛びしてしまいます。
しかし、輪郭が不明瞭になることで光の柔らかさを表現できるともいえます。幻想的なハイキー表現などには、逆光撮影が向いています。

●主題にしっかり目が行く構図とピント調整を

風景写真で一番大きな要素は構図と言っても過言ではありません。
デジタルカメラやスマートフォンのカメラアプリは、構図決めをアシストするグリッドラインが表示できます。
水平・垂直を合わせるだけでなく、ラインに合わせて主題となる被写体を配置することで、バランスの良い魅力的な写真に仕上げることができます。


三分割法
画面を縦横それぞれ三分割し、その境界上に被写体を配置します。被写体を選ばずまとまった写真に仕上げられる基本の構図です。

四分割構図
三分割構図と同じ要領で縦横を四分割して被写体を配置する構図です。三分割構図より画面中心から離れた位置に被写体を配置できます。

対角構図
対角線方向に被写体を配置すると、視線の誘導や躍動感といった効果が期待できます。奥行きのある写真に特に有効です。

■桜をキレイに写すコツ その3

●レンズの焦点距離やズーム倍率で、印象は大きく変わる

[広角レンズ]

風景の広がりや奥行き感の表現が得意な広角レンズですが、桜の場合は枝が目立ち閑散とした印象になることもあるので、木や枝にぐっと近づいて撮影するのがおすすめです。
枝の広がり具合に合わせて横位置と縦位置を使い分け、空との色の対比を狙うといいでしょう。
また、広角レンズは最短撮影距離が短いので、花に近づいてインパクトのある写真にすることもできます。

[望遠レンズ]

満開の桜並木などを撮影する場合は、望遠レンズがおすすめです。圧縮効果により手前から奥までの距離感を縮めることができ、咲き誇る桜を賑やかに表現できます。
望遠レンズは被写界深度が浅く、必要以上に前後がボケてしまう場合があります。絞り優先が使えるならしっかり絞り込んで撮影しましょう。

[マクロレンズ]

ピンポイントで花を撮るならマクロレンズ。被写界深度が浅いため、ピントの合わせ方が難しいですが、基本的には雌しべの柱頭など、中心にピントを合わせるとうまく撮れます。
枝の先の花などは、風の影響を受けやすく、速いシャッタースピードでなければぶれてしまうので注意が必要です。
満開以降は接写すると花に痛みが目立ってくるので、撮影は咲き始めがおすすめです。

■桜をキレイに写すコツ その4

●レンズフィルターを活用する

C-PLフィルターは光の反射を除去し、本来の色を引き出すフィルターです。コントラストの調整や、水面やガラスなどへの写りこみの除去が行えます。この効果により、川や湖に映りこんだ桜の木や、川面に散った桜の花びらを写真に収めるといった表現が可能になります。

長時間露光を行うために、明るさを落とすフィルターです。川の流れを主題としたい場合などに便利です。また、ND400やND1000といった濃度の高いフィルターであれば、カメラの前を通過する人の姿を消すことも可能です。

エンハンサーは特定の色を強調します。デジタルカメラのホワイトバランスと似た効果ですが、光源の色というよりは写真に付加したいイメージや被写体に合わせて使用します。

ピントの芯を残しつつ、全体に柔らかなぼかしを加えます。広角では効果が薄く、望遠になるほど効果が強くなります。一般的にハイキーな設定と組み合わせて使用されます。

面の半分だけにカラーやNDの効果が付いている角型のフィルターです。専用のホルダーアダプターリングを介してレンズに取り付け、回転させたりスライドさせたりして、画面に対して効果を出す範囲と角度を自由に決められます。露出補正や長時間露光を行った際に一部のみ減光して露出オーバーや白飛びを抑える、夕焼け・青空・桜のピンク色などのイメージを強調するといった表現ができます。