【2021年最新】動画撮影におすすめのミラーレス一眼5選

ビデオカメラのように手軽に使えるモデルから本格的な映像制作に対応したモデルまで、動画向きの機能を搭載したミラーレスを豊富に取り扱い中。
写真も動画もこなせるミラーレスの中から、子どもの成長記録や学校行事、YouTubeへの投稿など、手軽に高画質ムービーが撮影できるおすすめモデル5選をご紹介します。

【目次】

ミラーレス一眼・ビデオカメラ・スマートフォン 動画機能比較

ミラーレス一眼おすすめメーカー

交換レンズ・アクセサリをご紹介

カメラ選びで注目したい機能・スペック

ミラーレスムービー入門でも安心。手軽に撮影できるおすすめ2選

よりハイクオリティな動画が撮影できる高性能ミラーレス3選

ミラーレスなら、日常も映画のワンシーンのようにキレイに残せます

これまでは写真ならデジタルカメラ、動画ならビデオカメラと、得意分野がはっきり決まっていました。しかし進化を続けた現在のミラーレス一眼なら、動画撮影でも十分な性能を発揮します。
家族の記録は写真も動画も綺麗に残したい方から、部活・サークルでの映像制作、YouTubeなどに投稿する動画のクオリティをさらに上げたい方まで、幅広いニーズに応えます。

「今使っているビデオカメラから買い替えたいけど、ビデオとミラーレスどちらにしよう」「ミラーレスは全くの初心者だけど、安心して使える機種はどれだろう」そんな悩みをお持ちの方に、動画機能でミラーレスを選ぶ際に重視するポイントやおすすめモデル、撮影に役立つアクセサリ・機材をご紹介します。


■ミラーレス一眼・ビデオカメラ・スマートフォン 動画機能比較

写真も動画も高画質で撮れるミラーレス、ズームに強いビデオカメラ、気軽に撮れるスマートフォンなど、それぞれに動画機能の強みがあります。
普段は写真用として、いざという時には動画も取れるミラーレスが人気ですが、一台で全てのシーンを撮ることにこだわらず、メイン機とサブ機のように環境に合わせて使い分けるのもおすすめです。

ミラーレス一眼
ポイント

●大型センサー&大口径レンズで高画質
高画素な大型センサーの情報量を4KもしくはフルHDに変換するため、同じ解像度でもより高画質。

●レンズの個性を活かした撮影ができる
広角や望遠など、レンズを使い分けることで主役や場の遠近感などを際立たせることができる。

●動画からの静止画切り出しが高画質で行える
高精細に撮影できるため、撮影後にじっくり確認して静止画に切り出すのもおすすめ。

ビデオカメラ
ポイント

●片手で持ちやすいフォルム
奥行の長いデザインは握りやすく、目線の高さで構え続けるのに負担が少ない。

●ズーム倍率が高い
センサーが小さくズームレンズのスペースが広いため、小型でも高倍率ズームが可能。

●動画撮影中の写真撮影も可能
静止画用のボタンが別になっており、動画撮影中もいつでも写真撮影が可能。

スマートフォン
ポイント

●いつでもすぐ撮影できる
常に持ち歩いているスマートフォンなら、ちょっとしたシーンも気兼ねなく撮影できる。

●撮影してそのままSNSで共有できる
撮ってすぐアプリで編集、あるいはそのままWeb上にアップロード可能。

用途で選べる交換レンズ

広角レンズ

広角レンズ

人の視野より広い範囲を撮影できるレンズ。遠近感を強調したり、被写体にぐっと近寄って撮影することができます。

標準レンズ

標準レンズ

人の視野に近い画角を持つレンズ。画質や使いやすさのバランスが良く、普段使い用として写真にも動画にも最適です。

望遠レンズ

望遠レンズ

遠くの被写体を引き寄せて撮るレンズ。遠近感を圧縮し、大きなレンズボケで被写体を際立たせることが可能です。

おすすめアクセサリ

カメラ選びで注目したい機能・スペック

●オートフォーカス性能

被写界深度の浅いミラーレスでの動画撮影は、AF性能が重要になります。タッチパネルで選択した被写体を追尾する機能や人の顔・瞳を検出する機能などが搭載されていれば、格段に使いやすくなります。

●RECボタン

シャッターボタンとは別に動画のRECボタンが搭載されている機種なら、チャンスを逃さず素早く動画撮影に移れます。カメラが適正な明るさ・色合いに調整してくれるので失敗しにくく安心です。

●可動式モニター

高い場所や低い場所から撮りたい場合、あるいは自撮りしたい場合に、モニターを見ながら撮影することができます。また、胸の高さで構えることで、長時間の撮影でも腕の疲れを軽減できます。

●手ブレ補正

手持ち撮影をするなら、手ブレ補正も優秀な機種がおすすめです。写真と同様に光学式手ブレ補正がはたらく機種、動画に最適化された電子手ブレ補正を搭載している機種などがあります。

●ISO感度

撮影するシーンやレンズの性能に合わせて、適正な明るさの動画を撮るために必要な性能です。広い感度領域を持っていれば、設定を意識することなく見やすい動画が撮影できます。

●USB給電対応

USB端子を利用して給電することができます。三脚に固定している時などバッテリーを交換できない時でもモバイルバッテリーなどから電力を供給しながら撮影できるので、長時間の撮影でも安心です。

●外付けマイク対応

カメラの内蔵マイクは周囲全体の音を拾うように設計されており、余計な雑音やカメラの動作音も拾いやすくなっています。外付けマイクを取り付ければ、被写体や撮影環境に合わせて狙った音を収録できます。

●電動ズームレンズ対応

リングではなくレバーでズームができるので、三脚に固定したカメラが動いてしまったり、指が映り込むようなミスも防げます。また、ビデオカメラと同様に一定の速度でズームできるのも特徴です。
手軽に操作できるおすすめミラーレス
ソニー α6400
おすすめポイント

●180°チルトモニター搭載
上方向に180°回転するチルトモニターを搭載。自撮りも画面を見ながら行えます。

●動画ファストハイブリッドAF
ソニー独自の高速・高精度AFが動画にも対応。子どもやペットなど動いている被写体にもピントを合わせ続けます。

●電動ズームレンズキット
標準ズームレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」は電動ズームに対応。リングでなくレバーで操作するので、ズーム時の像ブレを防ぎ、一定のスピードで滑らかにズームできます。

●4K HDR記録対応
白飛び・黒つぶれを防ぎ、目で見たままの明るさと鮮やかさで記録できる4K HDRに対応しています。

●マルチインターフェースシュー搭載
フラッシュだけでなく、マイクなどハンディカム用のアクセサリも取付可能。ステレオミニφ3.5mmマイク端子も搭載しており、汎用マイクも使用できます。

>ラインアップを見る
パナソニック LUMIX G100
おすすめポイント

●バリアングルモニター搭載
自由にモニターの向きを変更できるバリアングル機構を採用。レンズ側に向けることで自動的に自撮りモードに切り替わります。

●5軸ハイブリッド手ブレ補正搭載
動画撮影時にはボディ内の5軸電子手ブレ補正とレンズの光学手ブレ補正が連動し、歩き撮りの大きなブレも抑えることができます。

●キットレンズ装着時412gの小型軽量ボディ
長時間の手持ち撮影でも負担にならない小型軽量ボディを実現。また、リモコン機能を搭載したトライポッドグリップにも対応し、無理のない姿勢で保持することができます。

●2本の電動ズームレンズをラインアップ
別売の交換レンズとして、標準ズーム「H-PS14042」、望遠ズーム「H-PS45175」の2本の電動ズームレンズがラインアップ。光学手ブレ補正も搭載しながらスリムなデザインで、2本揃えてもコンパクトに収納できます。

●内蔵マイクに5つの集音モードを搭載
内蔵マイクの指向性を5つのモードから選択でき、外付けマイクなしでも臨場感あふれる音声記録が可能です。ステレオミニφ3.5mmマイク端子も搭載しています。

>ラインアップを見る
よりハイクオリティな動画が撮影できる高性能ミラーレス
ソニー α7C
おすすめポイント

●35mmフルサイズセンサー搭載
片手でホールドできるサイズのボディにフルサイズセンサーを搭載。幅広いレンズに対応し、より高画質で情報量の多い動画が撮影できます。

●長寿命バッテリー&USB給電対応
大容量バッテリーで長時間の撮影が可能。さらにモバイルバッテリーからのUSB給電にも対応しています。

●バリアングルモニター
横方向に開き、チルト式より自由に動かせるバリアングルモニターを搭載。自撮りはもちろん、ハイアングルからの撮影も快適です。

●4K HDR記録対応
白飛び・黒つぶれを防ぎ、目で見たままの明るさと鮮やかさで記録できる4K HDRに対応しています。

●動画時リアルタイム瞳AFに対応
動画撮影時も人物の瞳を高精度に追尾しピントを合わせ続けるため、ピンボケなどの失敗を防ぐことができます。

●ボディ内手ブレ補正
レンズを問わず効果を発揮するボディ内手ブレ補正を内蔵。望遠レンズなどでも安定した手持ち撮影ができます。

●マルチインターフェースシュー搭載
ホットシューにはマイクなどハンディカム用のアクセサリも取付可能。さらにマイク端子・ヘッドホン端子も搭載しており、より音にこだわった撮影が可能です。

>ラインアップを見る
パナソニック LUMIX G9 PRO
おすすめポイント

●4K/60p動画記録に対応
最長10分までの4K/60p記録に対応。より自然でなめらかな映像で撮影できます。また、編集時に30pや24pなどのフレームレートに変更することもできます。

●動画時の顔・瞳認識AF&AE
人体の位置と大きさを認識し、被写体の動きや周囲の明るさなどの影響を受けやすい動画で、常に最適なピント、明るさをキープすることができます。

●高性能なノイズキャンセリングマイクを内蔵
ズーム時のノイズ音や動作音を抑制するノイズキャンセリングマイクを、更にカメラの内側に搭載。静かな環境で目立ってしまう動作音を抑え、そのシーン本来の音を際立たせて録音できます。

●2本の電動ズームレンズをラインアップ
別売の交換レンズとして、標準ズーム「H-PS14042」、望遠ズーム「H-PS45175」の2本の電動ズームレンズがラインアップ。光学手ブレ補正も搭載しながらスリムなデザインで、2本揃えてもコンパクトに収納できます。

●最高6.5段分の手ブレ補正
ボディ内5軸・レンズ内2軸の手ブレ補正機構を組み合わせる「Dual I.S. 2」により、最高6.5段分の手ブレ補正効果を実現。常に安定した映像を維持します。

●動画撮影感覚で高速連写可能な6Kフォト/4Kフォト
静止画切り出し用の動画モードを搭載、1800万画素で秒間30コマ、800万画素なら秒間60コマの高速連写が可能です。

>ラインアップを見る
富士フイルム X-S10
おすすめポイント

●ボディ内手ブレ補正&動画ブレ防止モードブースト
約465gの軽量ボディに手ブレ補正を内蔵。動画撮影時には電子ブレ補正も併用し、より強力にブレを防ぎます。

●オーバーサンプリング4K
6K相当のデータ量から4K映像を生成することで、ノイズが少ない高解像の映像を実現。ハイクラスのミラーレスに匹敵する高画質を実現します。

●映画フィルムの画質を再現するフィルムシミュレーション
多くの名作映画に使用された映画用フィルム「エテルナ」や「ETERNA ブリーチバイパス」など多彩なフィルムシミュレーションでオリジナリティ溢れる表現が楽しめます。

●バリアングルモニター搭載
180度反転するバリアングル式液晶を採用。自撮りの際も、構図確認のほか、フォーカス位置や露出の調整を行うことができます。

●マイク端子・ヘッドホン対応
用途に合わせたマイクを接続できるΦ3.5mmマイク端子に加え、付属のヘッドホンアダプターで音声を確認しながら撮影することができます。

>ラインアップを見る