テント特集

登山やキャンプで使える山岳テントの魅力や用途別の選び方を特集しました。
「テント」の商品を全て見る

テント泊の魅力

「山でテントに泊まる」多くの登山者において一つの目標であり、登山の大きな醍醐味の一つでもあります。
山でテントに泊まると、風の流れや虫の声、樹々から漏れる日の光、大地に寝る感覚と、普段とは違う時の流れの中で、一層自然を身近に感じることができます。

そして、必要な装備を自分でザックに詰めて、自分で山に運び入れ、登り、そして自分の寝床や食事を自分で作り寝る・・・・
計画通り無事に下山出来たときには、いつもよりも更に大きな満足感と達成感に包まれることでしょう。

山岳テントとは?

山岳テントは普通のテントと何が違うのでしょうか?
一番の違いは「軽さ」です。ザックに入れて自力で持ち運ぶ必要があるため、重いとそれだけで行動時に体力を大幅に消耗してしまいます。
そのため、どの山岳テントも素材や設計に工夫を凝らして軽量・コンパクト化を図っています。

また強風・悪天候時にも素早く設営・撤収ができるように構造・パーツ点数や設営方法はシンプルなものが多く、メンテナンスも容易ですし意外と丈夫で長持ちします。

そんな山岳テントは、軽さ・持ち運びの容易さから麓でキャンプを楽しむ方にもおすすめできます。将来的に登山でも使いたいというのであれば、初めから山岳テントを選ぶのも選択肢の一つではないでしょうか。

山岳テントの選び方

選ぶうえで考える主なポイントは3つ、「使用人数」「山行スタイル」「テントのタイプ」です。

ポイント1:使用人数

テントはそれぞれ収容人数に見合った大きさで設計されています。主に何人で使用するのか考えて選びます。

収容人数別テントの底面サイズ(※参考)
サイズ 1人用 1~2人用 2~3人用 3~4人用 4人用
タテ ~90 100~ 130~ 165~ 210~
ヨコ 200~210 200~210 200~210 200~210 200~220

※登山でのテント泊を想定した場合の目安です。メーカー・モデルにより使用感は若干異なります。
※麓のキャンプ場等でのキャンプでの使用を想定される場合は、やや大きめのサイズを選ぶと快適性が増します。

多くのテントメーカーでは、分かりやすいように「1人用」とか「2~3人用」などの表記をしてくれているので選ぶ際の参考にしてみて下さい。

ポイント2:山行スタイル

①ベースキャンプスタイル(テント場に荷物を置いて行動するスタイル)

参加人数+1人を基準に選びましょう。
広い前室を持つテントを選ぶと、靴・水を置くことが出来るので、室内を広く使えて快適です。悪天候時の停滞するときのストレスも少ないのでお勧めです。

②縦走登山スタイル

設営・撤収が素早くできる、ポール2本構成のシンプルで軽量コンパクトなテントが最適です。
一方、収容人数と同数で宿泊するためには、テント内の整理や、調理時の共同作業に経験と工夫が必要になります。縦走登山でテント泊をすることはワンランク上の経験・知識が求められます。

テントで過ごす時間を重視する「のんびり派」か、次々と山を越えてゆく「がつがつ派」なのか、そのような考え方でもいいかもしれません。

【ワンポイントアドバイス:ソロキャンプでも山岳テントを使おう】

軽量・コンパクトな山岳テントはソロキャンプをされる方にも人気!!

ソロキャンプで使用される場合は、どんなソロキャンプをしたいのか、どんな道具を持ち込みたいのかをよく考えながらサイズ選びをすると失敗せずに済みます。
例えば焚き火や調理を楽しまれるソロキャンプであれば、荷物の量を考えると1人で使うとしても2~3人用辺りのサイズが快適な場合が多いです。

ポイント3:テントのタイプ

本体の構成枚数と構造の違いで、主に4つのタイプに分類分けすることができます。
ご自身のスタイルと照らし合わせながらご検討してみて下さい。

シングルウォールタイプ

防水透湿生地1枚で構成され、ポールをスリーブに通すだけで素早く設営が出来るので、ヒマラヤの登攀や国内の冬期登攀で積極的に使用されます。

ダブルウォールタイプ

防水性を持つフライシートと通気性を持つテント本体の2枚で構成され、悪天時に室内に雨が吹き込みにくいのと、前室に靴・水を外に置けるので、室内が広く使えて快適です。

自立型

ポールを入れると自立するので、シンプルで設営に手間がかからない。移動が素早くできる。(製品のほとんどがこのタイプ)

非自立型

ポールの本数を減らし、ペグでテンションをかけて設営するタイプと、トレッキングポールを兼用するタイプに大別されます。様々な工夫で軽量化を図り、軽量だけれども、居住空間が広いタイプなど、デザインが豊富で個性的なテントが多いのが特徴です。

テントタイプ別 商品PICKUP
ダブルウォール×自立式

ARAI TENT エアライズ2

3シーズンをベースにして、豊富なオプションを利用することで、4シーズンあらゆる状況の下で快適に過ごすことができるように設計されたコンパクトでシステマチックなテントです。


ダブルウォール×非自立式

NEMO ホーネット ストーム1P

快適性、居住性を保ちながらも極限までの軽量化を追及したULバックパッキングモデル。充実した機能も備えながらも、本体重量は800gを切る軽さです


シングルウォール×自立式

THE NORTH FACE アサルト2フューチャーライト

ミクロ単位のポリウレタン繊維を吹き重ねたナノフィルム状の防水透湿素材「FUTURELIGHT(TM)」を採用した、エクスペディション用のシングルウォールテント。


シングルウォール×非自立式

finetrack カミナモノポール1

非対称モノポール構造にイザナステープがしなやかな骨格として機能し、最小重量が一人用770gの超軽量ながら、風速25~30mの耐風テストをクリアする強靭性を実現。オールシーズン、安心して使用することができます。


はじめて山岳テントを選ぶ方へ ワンポイントアドバイス

ズバリ、テント泊初心者の方におススメなのは、[ダブルウォール×自立式]のスタンダードなテント!

ダブルウォールテントはフライシートのお陰で室内に結露が発生しにくく、また入口前に「前室」と呼ばれる”土間”が出来るため、そこで調理をしたり靴を置いたりできるので慣れていなくても快適なテント生活が可能です。
そして、ポールを通すだけで自立する自立型は、設営が簡単でテント場内での“引っ越し”も容易です。

テントのサイズは、想定される使用人数のものより若干大き目を選んだ方が荷物を置くスペースが生まれやすく居住性は増します。ただし、当然大きいテントの方が重くて嵩張りますしテント場での場所も取ります。
パーティーで1つのテントを検討するなら、メンバーでよく話し合ってから決めると良いでしょう。

山岳テント紹介①
finetrack カミナドーム2

¥68,200(税込)

日本の優れた繊維技術をフルに活かし、優れた耐久性と快適性を両立しながら、最高レベルの軽量性を実現した4シーズン対応のストレスフリーテント。2人用。

山岳テント紹介②
ARAI TENT ONI DOME1

¥47,300(税込)

グランドシートの形状とフレームラインを今までにない視点から設計した、新しい構造のテントです。ペグダウンできない場合でも使える前室付で、居住性と使いやすさを最優先して作られた軽量モデルのテントです。

キャンプテント紹介①
muraco GUSTAV 6P

¥96,800(税込)

ポールを6本組み合わせたジオデシック構造を採用し、圧倒的な耐風性と居住性の両立を実現しました。日本の蒸し暑いフィールド条件に合わせ多くのベンチレーターを装備し、快適性能も追求した日本仕様になっています。

キャンプテント紹介②
ヘキサライト エレメント 6P

¥75,900(税込)

高い天井とフロアレス構造による広大な居住空間をもつ大型シェルターで、大型のタープの代わりやグループツアーの共同装備として、あらゆる用途に使用することができます。

テント泊を快適にするグッズ

アンダーシート(グランドシート)

テント底面(フロア)が直接地面に触れないようになるため、防水性やフロアの耐久性が向上します。テントのオプション品をまず買うとすれば、アンダーシートがおススメです。

注意点は、テント本体よりも大きいサイズのものは選ばないこと。雨水などを拾って水が貯まってしまいます。テント購入時にセットで、専用のものを購入するのが無難です。

タープ

仲間とテントの外でくつろぐスペースを確保したり、雨天時の停滞、テント撤収に威力を発揮します。山岳向けのコンパクトなタイプから、ベースキャンプ向けの大型のものまで様々な形状のものがラインナップされています。

テント関連商品をカテゴリから探す
ツェルトについて

ツェルトとは、山岳テントよりも更に簡易的な構造の、非自立式シェルターです。
ビバークなどの緊急時用に使用するのが主な使い方で、テントの用に使うにはやや慣れが必要ではありますが、その軽さとコンパクトさ、設置方法の自由度の高さで、山岳テントの代わりにツェルトで泊まる山行スタイルも存在しています。

ウルトラライトを目指す方や、より自然を身近に感じたい方、工夫次第で様々なバリエーションが生まれるツェルト泊にもぜひトライしてみて下さい!

ARAI TENT スーパーライトツェルト1

¥10,450(税込)

重量わずか395g(1~2人用)の軽量タイプのツェルトです。ザックの片隅にいれておいて強風時、雨や雪の時の休憩、やむをえないビバークの時などに使用します。もちろん別売りの「ポールセット」などを利用して軽量テントとしても使用できます。

finetrack ツエルト2ロング

¥24,200(税込)

2~3人用のツエルト。多人数パーティーでのビバークに適しています。また、簡易テントとしての機能も備え、横幅が220cmと居住性も高いため、テント代わりとしても積極的に使えます。1gでも軽くしたいUL志向の方にもおすすめです。

石井スポーツ ストアへ戻る
石井スポーツ
石井スポーツ