おすすめのスマートウォッチ21選【2020年】最新の人気モデルをご紹介

スマートフォンと連動することで様々な機能が使えるスマートウォッチ。心拍計を使った健康管理やSuicaなどの電子マネー決済、ビジネスにも使えるおしゃれなデザインなど、さまざまなスマートウォッチが登場しています。ここではスマートウォッチの基本的な機能や選び方、そして最新の人気モデルのなかから目的に合わせたおすすめのスマートウォッチをご紹介します。
おすすめのスマートウォッチ21選
スマートウォッチとは?

スマートウォッチとは、スマートフォンと連動することで様々な機能が使える腕時計型のウェアラブル端末のことを指します。人気のApple Watchファーウェイのスマートウォッチをはじめ、スポーツ機能を充実させたガーミンスントのスポーツウォッチ、健康管理機能に定評のあるフィットビットなど数多くのモデルが出ています。健康管理やエクササイズ、スマートフォンからの通知などがスマートウォッチの基本的な機能ですが、モデルによっては電子マネーの使用やスマートウォッチ本体での電話通話も可能。ここでは、スマートウォッチの主な機能をご紹介します。

スマートウォッチでできること
アクティブトラッカー(活動量計)機能

アクティブトラッカー(活動量計)

日々の行動を記録し、体の状態をモニタリングしてくれるアクティブトラッカー(活動量計)はスマートウォッチの代表的な機能です。歩いた距離や歩数、上った階段数、消費カロリーから、睡眠時のレム睡眠・ノンレム睡眠まで幅広いデータを収集・記録してくれます。最近のモデルでは、収集したデータを総合的に分析することで、身体やメンタルの健康状態を判断。危険な場合はアラートを出してくれるなど、驚きの機能も搭載されています。

通知

通知

スマートフォンと連動することで、スマホに届いたメールやLINEをスマートウォッチにお知らせしてくれる便利な通知機能です。SNSのメッセージや電話の着信などもお知らせしてくれます。モデルによっては、スマートウォッチ上でメッセージの中身を確認し、さらにメッセージを作成して返信まで行うこともできます。さらに最近では、スマートウォッチ単独で電話ができるモデルも登場するなど、ますます高機能&便利になっています。

スポーツ

スポーツ

フィットネス、水泳、サイクリングなどさまざまなスポーツに対応したスポーツウォッチ機能です。ランニングであれば走った距離やラップタイムなどを記録。ゴルフであれば残りヤード数を表示するなど、各スポーツごとに便利なデータを収取・提供してくれます。ダイエットなどの目標に向けて毎日のプランを自動で作成してくれたり、疲労回復具合を示してくれたりと便利な機能が満載です。
対応スポーツからスマートウォッチを選ぶ >

心拍計

心拍計

健康志向の高まりとともに心拍計の需要も高まり、多くのスマートウォッチに搭載されるようになった心拍計。心臓がどれぐらいのペースで鼓動しているのかを表す心拍数を測定すれば、体にどれぐらいの負担がかかっているのかをより正確に把握することができます。スマートウォッチの場合は時計本体の裏側に仕込まれたLEDで手首の血流を読み取り心拍数を算出。運動中も睡眠中も、身体の状態を分析するうえでは欠かせない重要なデータです。

GPS

GPS

「GPS」とは人工衛星を利用して位置情報を取得するアメリカの衛星測位システムです。市街地や山などの複雑なルートでのランニングにおいても、走行距離はもちろんスピードやペース、走行ルートなどを記録することができます。GPSと併用するかたちで、ロシアの「GLONASS(グロナス)」やEUの「Galileo(ガリレオ)」、日本の「みちびき」などの衛星測位システムを使い、位置情報の精度を上げているモデルもあります。

電子マネー

電子マネー

Suicaや楽天Edyなど、電子マネーによるタッチレス決済機能を搭載したモデルが増えています。Apple PayGoogle PayGarmin Payなどが有名です。時計バンドにスマートウォッチ機能を詰め込んだソニーのwenaには、おサイフケータイが搭載されているモデルもあります。キャッシュレス化に便利な機能です。
Suica対応モデルを見る >
タッチレス決済搭載モデルを見る >

↑目次に戻る

スマートウォッチの選び方

スマートウォッチを選ぶ際の基準は3つ。「機能・性能」「対応スマートフォン・OS」「デザイン」です。「機能・性能」は、スマートウォッチでやりたいと思っていることができるだけの機能・性能を備えているかどうか。「対応スマートフォン・OS」は、現在使用しているスマートフォンに対応しているかどうか。最後に、好みの「デザイン」かどうかです。

スマートウォッチを選ぶ基準
機能・性能

機能・性能

ランニングやゴルフでスマートウォッチが使いたい、アクティブトラッカーとして睡眠管理などで使いたい、電子マネーを使ったり電話の着信やLINEの通知をスマートウォッチで受け取りたいなど、スマートウォッチで何がやりたいのかをある程度決めたうえで、必要な機能が揃ったモデルを選んでいきましょう。機能だけでなく性能面においても、水泳などで使いたいなら「防水」、アウトドアでの使用がメインなら「バッテリーの持ち時間」などを確認しておくのがおすすめです。

対応スマートフォン・OS

対応スマートフォン・OS

スマートウォッチを使うには基本的にはスマートフォンが必要になります。従って、対応しているスマホ(OSの種類やバージョン)を確認する必要があります。ほとんどのモデルがiOSを搭載したiPhoneやAndroidを搭載したスマホに対応していますが、Apple WatchはAndroid非対応であったり、必要なOSのバージョンが異なったります。また、サムスンのギャラクシーなど、スマートウォッチとスマホのメーカーを同じにすると機能を制限することなくフルに活用できることも多いのでおすすめです。

デザイン

デザイン

ケースの形状は多くのメーカーが採用するラウンド(丸)形と、Apple Watchに代表されるスクエア(四角)形の2タイプに分けられます。また、スマートウォッチの多くのモデルはディスプレイですべての情報を表示しますが、オーソドックスな腕時計のようにアナログの針を搭載した「ハイブリッドタイプ」も登場しています。スイスの高級腕時計のようなラグジュアリーモデルやスポーツ向け、アウトドア向けのタフなシリーズなど、デザインバリエーションも多いのでお好みのデザインが見つかるはずです。

↑目次に戻る

【2020年】おすすめのスマートウォッチ21選
最新のおすすめスマートウォッチ
ポイント
スマートウォッチを買いたいけれど、種類が多すぎてどれを買ったらいいかわからない、という方に自信を持っておすすめできる最新のスマートウォッチをご紹介します。アップルを始め、ガーミンやファーウェイなどスマートウォッチの代表的なメーカーから、最新の人気モデルをピックアップ。日々進化するスマートウォッチの最先端モデルが勢ぞろいです。
HUAWEI
「WATCH GT 2 Pro」

Huawei WATCH GT 2 Pro

心拍計
GPS
5気圧防水
気圧計
コンパス
通知

最大2週間の長持ちバッテリーを搭載

ハイスペックかつお手頃なプライスで大人気のファーウェイ製スマートウォッチ。最上位モデルの「WATCH GT 2 Pro」はロングバッテリーを搭載しているので、通常使用時のバッテリー持続時間は驚異の2週間。機能面でも、心拍数のモニタリングによる毎日の睡眠分析やストレスレベルのチェックで健康管理もばっちり。さらに、100以上のワークアウトモードを搭載し、ゴルフのスイング分析まで行ってくれる便利なスポーツ機能も充実しています。ケースや風防にはチタンやサファイヤガラス、セラミックといった高級素材を採用することでラグジュアリー感をプラス。プライベートらからビジネスまで幅広いシーンで使える一本です。

HUAWEI「WATCH GT 2 Pro」(ファーウェイ ウォッチGT 2 Pro)をもっと詳しく見る >

GARMIN
「fenix 6 シリーズ」

ガーミン フェニックス6

心拍計
GPS
10気圧防水
高度計
気圧計
コンパス
温度計
Suica(※)
音楽保存
通知

ガーミンのすべてを盛り込んだフラッグシップ

「fenix 6」シリーズはガーミンのスマートウォッチ機能のすべてが詰まったフラッグシプモデルです。特にスポーツ関連の機能が充実していて、あらゆるスポーツに対応しています。なかでもゴルフにまで対応しているスマートウォッチはめずらしく、ゴルフ専用のスマートウォッチを出しているガーミンの強みでもあります。もちろん、スマートウォッチとしての基本的な機能はほとんど網羅。Suica(※)への対応も開始したため、ますます便利になりました。
(※)Suicaを利用する為にはソフトウェアアップデートが必要です。

GARMIN「fenix 6 series」(ガーミン フェニックス6シリーズ)をもっと詳しく見る >

Fitbit
「Fitbit Sense」

Fitbit Sense

心拍計
GPS
5気圧防水
高度計
通知

先進の健康管理機能を搭載

Fitbit Sense」は健康管理機能に定評のあるウェアラブル端末メーカー「Fitbit」の最新モデルです。ユニークな健康管理機能が満載で、身体の状態を詳細にモニタリングしたい方におすすめ。心拍計による心拍数の測定はもちろんのこと、皮膚電気活動や手首の皮膚温まで計測。ストレスレベルのチェックや、睡眠の質を向上させるためのデータを提供してくれます。また、20種類以上のエクササイズモードで、エクササイズ中のデータを記録。SmartTrackを使えば、エクササイズを自動的に認識してくれます。

Fitbit「Fitbit Sense」(フィットビット センス)をもっと詳しく見る >

SUUNTO
「SUUNTO 7」

スント7

心拍計
GPS
50m耐水
高度計
気圧計
音楽保存
通知

日常使いも◎な本格派スポーツウォッチ

70種類以上のスポーツモードを搭載したGPSスポーツウォッチに、GoogleのOS「Wear OS by Google」を採用した「SUUNTO 7」。 高機能なスポーツウォッチといえばほとんどのメーカーが独自のOSを採用することが多いですが、スント7はGoogleのOSを採用しているのでGoogleのサービスが利用可能。Google Playからはサードパーティ製のアプリをインストールすることもできます。スポーツ中はもちろん日常生活でもスマートウォッチをフルに活用したい方におすすめです。

SUUNTO「SUUNTO 7」(スント7)をもっと詳しく見る >

POLAR
「VANTAGE V」

ポラール バンテージV

心拍計
GPS
50m防水
高度計
気圧計
通知

世界で初めてランニングパワーの測定が可能に(※)

ランニング、トライアスロンなどの本格的なトレーニングでレベルアップをめざすならポラールのマルチスポーツウォッチ「VANTAGE V」がおすすめ。ランニング時に使われるパワー=「ランニングパワー」を、時計本体のみで測定可能にした世界初(※)のモデルです。トレーニングデータ、活動量、睡眠データを分析しトレーニングの進捗状況をレポート。身体への負担を数値化して怪我を防止するなど、プロレベルのトレーニング管理が体験できる本格派モデルです。
(※)2018年10月ポラール調べ。

POLAR「VANTAGE V」(ポラール バンテージV)をもっと詳しく見る >

Apple
「Apple Watch シリーズ 6」

アップルウォッチ シリーズ6

心拍計
GPS
50m耐水
高度計
コンパス
Suica
通知

血中酸素濃度で健康状態をチェック(※)

アップルの大人気スマートウォッチ「Apple Watch」シリーズから、最新の「Apple Watch Series 6」が登場。新たに血中酸素濃度(体に取り込まれた酸素レベル)のチェックが可能になり、健康状態の目安として確認できるようになりました(※)。また、心拍数に異常値を察知すると、アラートでお知らせしてくれたりと健康管理機能が充実。「Apple Watch Series 6」から新色として(PRODUCT)REDとブルーのアルミニウムケースが追加されました。iPhoneユーザーに最もおすすめできるスマートウォッチのひとつです。
(※)この機能は、医療での使用や医師との相談または診断を目的としたものではなく、一般的なウェルネスとフィットネスのためだけに使えます。

Apple「Apple Watch Series 6」(アップルウォッチ シリーズ6)をもっと詳しく見る >

ランニングにおすすめのスマートウォッチ
ポイント
ランニング用のスマートウォッチを選ぶ際に注目したいポイントは「GPS」や「心拍計」機能が搭載されているかどうかです。GPSが搭載されていれば、ランニングした距離はもちろんスピードや走行ルートなどの記録が可能になります。できれば、GalileoやGLONASS、QZSS(みちびき)などGPS以外の衛星システムにも対応していると精度が上がるのでおすすめです。また、心拍計が搭載されていれば、ランニング中の心拍数などから身体の疲労感などを数値として把握することができます。モデルによってはVO2max(最大酸素摂取量)などのデータも算出してくれるので、より効果的なトレーニングを行うことができます。
GARMIN
「ForeAthlete 745」

ForeAthlete 745

心拍計
GPS
5気圧防水
高度計
気圧計
コンパス
温度計
音楽保存
Suica
通知

「ForeAthlete」シリーズ初のSuica対応モデル

ランニングウォッチの定番として、ランナーから高い人気を誇るガーミンの「ForeAthlete」シリーズ。「ForeAthlete 745」は、シリーズとして始めてSuicaに対応した待望のモデルです。ランニング、バイク、水泳、トライアスロンなど幅広い競技に対応し、VO2 Max(最大酸素摂取量)や心拍数などのデータを駆使した効果的なトレーニングの手助けをしてくれます。別売りのランニングダイナミクスポッドを追加すればランニングフォームの分析も可能。最近のトレーニング状況に基づいて、自分専用のトレーニングが提案されるなど、トレーニングの"相棒"におすすめのモデルです。

GARMIN ForeAthlete 745(ガーミン フォアアスリート745)をもっと詳しく見る >

POLAR
「VANTAGE M」

ポラール バンテージM

心拍計
GPS
30m防水
通知

パフォーマンス重視の軽量スリムなモデル

大きくて重たいスポーツウォッチはトレーニングのパフォーマンスに余計な影響を与えかねません。ポラールの「VANTAGE M」は、スポーツウォッチとしての機能を十二分に残しつつ、軽量・スリムにこだわったモデルです。業界トップクラスの心拍計測メソッド、Galileo、GLONASS、QZSSと連動したGPSによる高精度な位置情報。腕時計バンドは22mmのスプリングバーを備えたバンドであれば他メーカー製に交換もOK。より快適なトレーニングを可能にします。

POLAR「VANTAGE M」(ポラール バンテージM)をもっと詳しく見る >

HUAWEI
「HUAWEI WATCH FIT」

HUAWEI WATCH FIT

心拍計
GPS
5気圧防水
通知

大型ディスプレイなのに薄型&軽量!

1.64インチの大画面ディスプレイを搭載し、薄型&軽量を実現したファーウェイのスマートウォッチ「HUAWEI WATCH FIT」。その名の通り、フィットネス機能が充実したモデルです。96種類ものワークアウトモードを搭載し、ランニングや水泳、サイクリングなど11種類のプロスポーツモードでは心拍数や走行ペースなど細かいデータの記録が可能。さらに、「脚とお尻の引き締め」「全身のストレッチ」「職場でのエクササイズ」など、12種類のフィットネスコースが用意され、動作をアニメーションで表示しくれます。本体は約21gと軽量設計ですが、バッテリー持続時間は約10日間とロングバッテリー。急速充電により約5分の充電で1日の使用可能です。

HUAWEI「HUAWEI WATCH FIT」(ファーウェイ ウォッチフィット)をもっと詳しく見る >

健康管理・フィットネスにおすすめのスマートウォッチ
ポイント
本格的にスポーツをやっているわけではないけれど、休みの日に行うジョギングやフィットネスなどでスマートウォッチを使ってみたいという方や、健康状態を管理するために毎日の睡眠リズムや歩いた歩数、消費カロリーなどを記録したいという方におすすめのスマートウォッチをご紹介します。もちろんスマホとの連携で通知機能なども充実しているので普段使いにもぴったりです。
GARMIN
「VENU」

ガーミン べニュー

心拍計
GPS
5気圧防水
Suica(※)
音楽保存
通知

色鮮やかな有機ELディスプレイ搭載

有機ELディスプレイが美しいガーミンの「VENU」は、健康管理やフィットネスにおすすめのスマートウォッチです。筋トレやピラティス、ヨガなどの正しいフォームを動画で分かりやすく説明してくれる動画ワークアウト機能など、初心者にもやさしい機能を搭載。バッテリーはスマートウォッチモードで最大5日間持続し、ウォッチ本体での音楽再生やSuicaにも対応しているので日常使いにもぴったり。体のエネルギー残量を数値化してくれるユニークな機能もついています。
(※)Suicaを利用する為にはソフトウェアアップデートが必要です。

GARMIN「VENU」(ガーミン べニュー)をもっと詳しく見る >

POLAR
「IGNITE」

ポラール イグナイト

心拍計
GPS
30m防水
通知

体とメンタルの回復状況を睡眠から分析

トレーニング時に忘れてはいけないのがトレーニング後の休息と心身のケア。ポラールのフィットネスウォッチ「IGNITE」は、睡眠時の体の動きや心拍数、呼吸数などからフィジカルとメンタル両面の回復状況を詳細に分析してくれます。それらの回復データと過去のトレーニング履歴などから、状況に合わせた最適なトレーニングメニューを毎日提供してくれます。無理のない健康的なトレーニングを簡単に継続することができるのでおすすめです。

POLAR「IGNITE」(ポラール イグナイト)をもっと詳しく見る >

OPPO
「OPPO Watch」

OPPO Watch

心拍計
GPS
3気圧防水
通知

OPPO初のスマートウォッチ

日本でも人気のスマートフォンメーカー「OPPO」が、初めて手掛けるスマートウォッチ。自分に合ったランニングペースを音声でアシストしてくれる「ランニングアシスタント」や、5分間でできる運動の音声案内機能など独自のフィットネスプログラムを搭載。さらに、AIが眠りの深さや睡眠時間の計測を行い、より快適な睡眠を推奨してくれます。4000以上のアプリに対応しているWear OS by Googleを搭載し、省エネモードでは最大で14日間の使用が可能。急速充電にも対応しており、75分でフル充電できます。

OPPO「OPPO Watch」(オッポウォッチ)をもっと詳しく見る >

アウトドアにおすすめのスマートウォッチ
ポイント
キャンプや登山、スキー、水泳などアウトドアで使えるスマートウォッチは、防水・耐衝撃などの性能を備えたタフな作りが特徴です。米軍規格の耐久性能「ミルスペック(MIL規格)」に準拠したモデルなどが各メーカーから登場しています。目的のアクティビティに応じて必要な機能が搭載されたモデルを選ぶのがおすすめです。例えば登山の場合は「ABCウォッチ」と呼ばれる、高度計(Altimeter)、気圧計(Barometer)、コンパス(Compass)の3つの機能を搭載したアウトドアウォッチなどが定番を言われています。野外での長時間の使用が想定される場合は、バッテリーの持ち時間にも注目して選びましょう。 ※対応スポーツ・アクティビティからスマートウォッチを選ぶ場合はこちら >
POLAR
「GRIT X」

ポラール グリットX

心拍計
GPS
100m防水
高度計
気圧計
コンパス
通知

栄養補給のタイミングを通知してくれる

心拍トレーニングギアのリーディングカンパニー「ポラール」が手がけた、ミルスペック準拠のアウトドアスポーツウォッチ「GRIT X」。ランニングをはじめ、トレイルランニングや登山、マウンテンバイクなどアウトドアでも質の高い心拍トレーニングを取り入れたいというユーザーなどにおすすめです。アップヒルとダウンヒルの各セクションごとのパフォーマンスデータ表示や、トレーニング中に栄養補給のタイミングを通知してくれるなど高機能なモデルです。

POLAR「GRIT X」(ポラール グリットX)をもっと詳しく見る >

GARMIN
「Instinct Dual Power」

Garmin Instinct Dual Power

心拍計
GPS
10気圧防水
高度計
気圧計
コンパス
温度計
通知

ミリタリーファンも納得の機能満載

ガーミンのアウトドアウォッチシリーズ「Instinct」から、ソーラー充電機能「Dual Power」で長時間稼動を実現した「Instinct Dual Power」をおすすめ。スカイダイビング時のナビゲーション機能「ジャンプマスター」、暗視ゴーグル装着時でも画面表示をはっきりと確認できる「ナイトビジョン」、位置情報取得をOFFにし無線通信も無効にして敵から姿を隠す「ステルスモード」など、ほかにはない独特の機能が満載。もちろんミルスペック準拠のタフネス仕様なので過酷な環境下での使用もOKです。

GARMIN「Instinct Dual Power」(ガーミン インスティンクト デュアルパワー)をもっと詳しく見る >

SUUNTO
「SUUNTO 9 BARO」

スント9 バロ

心拍計
GPS
100m耐水
高度計
気圧計
コンパス
温度計
通知

GPSオン状態でも最長120時間の記録が可能

アウトドア系のスポーツウォッチが得意なフィンランドのメーカー「スント」のフラッグシップモデル「SUUNTO 9 BARO」。過酷な環境下でのアクティビティにも対応したマルチスポーツウォッチです。ロングバッテリーを搭載しているので、GPSトラッキングをオンにした状態でも25時間から最大120時間まで記録が可能。GPS精度も独自のアルゴリズムで大きく向上しています。バッテリー持ちを気にせずトレーニングに打ち込めるおすすめのモデルです。

SUUNTO「SUUNTO 9 BARO」(スント9 バロ)をもっと詳しく見る >

ビジネスにおすすめのスマートウォッチ
ポイント
ビジネスシーンにもマッチするスマートウォッチといえば、アナログの針を搭載したいわゆる「ハイブリッドタイプ」と呼ばれるモデルがおすすめです。ぱっと見はオーソドックスなアナログ腕時計に見えるので、ビジネスシーンにも溶け込みやすく昔からの腕時計ファンにも人気があります。腕時計のダイアル部分がディスプレイになっているモデルや、スマートウォッチの機能をすべて腕時計のバンド部分に詰め込んだモデルなど、さまざまなタイプが登場しています。
GARMIN
「vivomove Luxe」

ガーミン ヴィヴォムーブ リュクス

心拍計
5気圧防水
高度計
気圧計
Suica(※)
通知

クラシックな腕時計に溶け込んだハイテク

クラシカルで落ち着いたデザインが好印象なガーミンの「vivomove Luxe」は、ビジネスシーンにもぴったりなハイブリッドタイプのスマートウォッチです。見た目はシンプルなアナログ腕時計ですが、タッチスクリーンに触れると内蔵ディスプレイが表示され、受信メッセージや心拍数、ストレスレベルなどを確認することができます。ヨガや筋トレ、有酸素トレーニング、水泳などのアクティビティの記録も可能で、フィットネスウォッチとしても利用できます。
(※)Suicaを利用する為にはソフトウェアアップデートが必要です。

GARMIN「vivomove Luxe」(ガーミン ヴィヴォムーブ リュクス)をもっと詳しく見る >

FOSSIL
「Hybrid Smartwatch HR」

フォッシル ハイブリッドスマートウォッチ HR

心拍計
3気圧防水
通知

最大で約2週間バッテリーが持続

アナログタイプの腕時計にディスプレイを組み込んだハイブリッドタイプのスマートウォッチは、オーソドックスな見た目からビジネスシーンにもフィットしやすくおすすめです。フォッシルの「ハイブリッドHR」は、ディスプレイに電子ペーパー「E Ink」を採用しているので、消費電力の超省エネ化に成功。一回の充電で最大約2週間もバッテリーが持続します。電話着信や受信メッセージの中身をディスプレイで確認でき、心拍数の計測も可能な便利モデルです。

FOSSIL「Hybrid Smartwatch HR」(フォッシル ハイブリッドスマートウォッチ HR)をもっと詳しく見る >

SAMSUNG
「Galaxy Watch Active2」

サムスン ギャラクシーウォッチ アクティブ2

心拍計
GPS
5気圧防水
音楽保存
通知

運動も自動で記録してくれる便利なモデル

サムスンのGalaxyブランドから登場した最新のスマートウォッチ「Galaxy Watch Active 2」。手首につけるだけで専用のモーションセンサーが水泳など7種類の運動を自動的に検知し、運動量を記録してくれる便利なモデルです。ライフログ機能では、一日の活動量や摂取カロリー、睡眠データなどを細かく記録。さらに、心拍数の変化などからストレスレベルを算出し、ストレスが上がるとアラートでお知らせするなどメンタル面もサポートしてくれます。

SAMSUNG「Galaxy Watch Active2」(サムスン ギャラクシーウォッチ アクティブ2)をもっと詳しく見る >

おしゃれなスマートウォッチ
SKAGEN
「FALSTER 3」

スカーゲン フォルスター3

心拍計
GPS
3気圧防水
高度計
通知

北欧スタイルのおしゃれなデザイン

シンプルでおしゃれなスマートウォッチをお探しの方におすすめしたいのが、腕時計ブランド「スカーゲン」の最新シリーズ「FOLSTER 3」。"北欧デザイン"を体現するミニマルで機能的なデザインは、ビジネスやプライベートなど幅広いシーンでの着用が可能です。OSにはGoogleのWear OS by Googleを採用しているのでサードパーティ製のアプリも利用でき、スピーカー機能を使えばスマホの着信を受けて通話することもできます。3気圧防水なので水濡れも心配なしです。

SKAGEN「FALSTER 3」(スカーゲン フォルスター3)をもっと詳しく見る >

GARMIN
「MARQ コレクション」

ガーミン マークコレクション

心拍計
GPS
10気圧防水
高度計
気圧計
コンパス
温度計
音楽保存
通知

高級腕時計 × スマートウォッチ

スイスのラグジュアリーウォッチを彷彿とさせるゴージャスな外観に、スマートウォッチ機能を詰め込んだ異色のコレクション「MARQ COLLECTION」。チタン素材、サファイアクリスタルといったプレミアム素材がふんだんに使われ、シャイニーなベゼルや洗練されたデザインなど装着した時の満足感はまさに極上。スペック的にもハイエンド仕様となっているのでどんなアクティビティにも対応しています。高級感のあるスマートウォッチならこれで決まりです。

GARMIN「MARQ COLLECTION」(ガーミン マークコレクション)をもっと詳しく見る >

SONY
「wena 3」

wena 3

心拍計
5気圧防水
Suica
通知

お気に入りの腕時計をスマートウォッチ化

腕時計の交換用バンドにスマートウォッチとしての機能を詰め込んだソニーの「wena 3」。お好みの腕時計をスマートウォッチに"変身"させることができる画期的なアイテムです。最新モデルの「wena 3」では楽天EdyやiD、QUIC Payに加えて待望のSuicaに対応。ヨドバシカメラゴールドポイントカードにも対応しています。さらに、音声アシスタントのAmazon Alexaを搭載しています。バンド部のディスプレイでLINEやメール、電話の着信はもちろん、スケジュールや天気予報のチェックが可能。心拍数や歩数、消費カロリーなどのログ機能も搭載しています。使い方に合わせて、メタル・レザー・ラバーの3種類のバンドから選びましょう。

SONY「wena 3」(ソニー ウェナ3)をもっと詳しく見る >